FC2ブログ

草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

宮古馬お話会 @根津 4/7

うるま


来たる4/7
東京・根津にて宮古馬のお話をさせていただきます。
主催してくださるのは、坂田昌子さん(国連生物多様性の10年市民ネットワーク、虔十の会)。
宮古馬の現状改善にご尽力くださっています。

イベント内容
https://www.facebook.com/events/642354672890362/
ーー

「馬と人をつなぐ糸を握りしめて―宮古馬問題を越える―」

わたしが暮らす高尾山の麓には、築200年ぐらいの家があります。玄関を入ると土間があり、むかし蚕部屋だった2階へあがる階段の下のスペースが気になったので、おじいさんに尋ねると「厩だよ。馬とひとつ屋根で暮らしてたねぇ」とのこと。
日本全国の山村や農村で、馬は、共に働き、共に旅をし、同じ屋根の下で眠る大事な存在でした。

車社会が訪れ、農耕の機械化が進むとともに馬と人の太い絆は、どんどん細くなり、今にも切れそうな糸になりつつあります。
昨年末、多くの人々の耳目を集めた劣悪な飼育環境、虐待で大問題になった宮古馬問題は、馬と人のつながりをついに断ち切ってしまいかねないような出来ごとでした。

これまでの歴史の中で、人にとって馬は単なる道具ではありませんでした。共に文化を紡いできた仲間であり、人々は信頼と愛情、自然の美への憧憬、感謝といった想いを馬に対して寄せていたはず。
変わってしまったのは、私たち人間のほう。

細い糸のようになってしまってはいるけれど、この絆の糸を決して手放さないように!
馬と人がもう一度、互いに尊重しあいながら生きていける道を模索していこうという想いでこのイベントを企画しました。
3月宮古島を訪れた矢谷左知子さんに宮古馬たちの最新状況も伝えていただきます。
ぜひ、ご参加ください。

◼日時 4月7日(日) 14時開場、14時20分~17時

◼場所 キッチン九条Tokyo
台東区谷中1-2-10 魚善ビル2F
TEL 03-5832 -9452
https://kujo.tokyo

◼タイムテーブル
14:00 開場
14:20~15:20 矢谷左知子さん(ミャークヌーマ宮古馬の会)の映像とお話
15:20~15:30 休憩
15:30~16:15 坂田昌子さん(国連生物多様性の10年市民ネットワーク、虔十の会)お話 「馬と人の物語―生物多様性からみた在来馬」
16:15~17:00 みんなでディスカッション

◼参加費 1500円+1ドリンク以上ご注文ください。

◼参加申込 定員20名


////////
参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S94373799/

矢谷左知子
  1. 2019/03/23(土) 22:42:20|
  2. xusaのしごと

庭の草を食べる *一品草おかず教室と草弁当

庭の草を食べる


◎庭の草を食べる
一品草おかず教室と草弁当


庭の草からおかずを作りましょう。
いつもの草弁当のあの一品。
他にもいろいろな草を摘んだり、味わったり、
草のお話。
そしてお弁当をいただきましょう。

*草弁当は完全菜食ヴィーガン弁当です。

3/21(木・祝)または 3/30(土) 
11:00-14:30頃
受講料  5000円(草弁当付)

///
お申し込みは

・ご希望の日 21か30のどちらか
・お名前 人数
・連絡のとれるお電話番号

をお書き添えの上、
xusa93hina*gmail.comまで
(*を@にかえてくださいね)

場所はお申し込みの方にお知らせします。
(横須賀線逗子駅からバス)

矢谷左知子
  1. 2019/03/19(火) 14:15:25|
  2. 草ワークショップ

染めの会を都内二カ所で 桜とタマネギうこん

草舟での会、夢のような時間でした。さっちゃんのまわりにやさしい人がいる。
馬のことをたすけてくれる若い方にもあえました。
愛知からきてくれた方もありがとうございます。

::::::
梅の花びら散るなか、桜の蕾がふくらんできています。
わたしは京都のお寺にいったあと、三月末はこのような会で案内役をいたします。

2月の末にいわきで花梨染めをていねいにやるご縁があって、
そのあと椿の花を染めて、、、と、花からはじまった新しい年のよう。
今年は草木染めをする機会が増えそうです。
個人的には振り出しにもどって、新しくやりなおし、という感じもしています。

まずは3/23(土)10:00~12:30から外苑前のNHK文化センターで桜の枝での染め。
桜は枝と同じように葉でも染まりますが、桜の種類によって色がかわってきます。
枝もので花を楽しまれた方は、そのあと染めてみたらどうでしょうか。
蕾のときに、いちばん精気が、といわれますが、そのときどきの精気があるのだと、このごろは思います。

とまれ、桜の香をかぎながら、この樹この花にたくした人の心をしのべたら。。。
ごいっしょいただけると幸いです。

お申し込みは下記から
桜染め→(NHK文化センター青山 3/23)

ほかに
野草料理ことはじめ→(朝日カルチャーセンター新宿 3/30)

幸福招来!黄金色の太陽を染める→(世田谷ものづくり学校 3/31)

春に触れて生けて束ねて草花の恵み→(世田谷ものづくり学校 4/2)

どうぞよろしくお願いいたします。
石田紀佳
  1. 2019/03/10(日) 19:46:13|
  2. musiの仕事

草講座 3月

3/2は草舟にmusiこと石田のりちゃんに来てもらって、草暦とミャークヌーマのお話会。
しみじみ良いひとときとなりました。
来てくださったみなさま ありがとうございます。
こうしてまた、そこで醸された時間がその先に作用していくのだなあ、と、また愉しみに。。

xusaは明日からまた宮古島に行ってきます。
帰ってから、また草講座でお逢いいたしましょう。

草講座3月は、
草から箒(ほうき)をつくってみたり、
庭草で一品おかずを作ってみたり。

ウグイスの鳴き声のなかで、春の陽を浴びながら・・

矢谷左知子


houki.png


◎草箒(ホウキ)つくりの日

この時季に収穫できる山茅で小さな箒をつくってみましょう。
お天気がよければ、茅を収穫するところからします。
草が人の手を経たときに、道具をなっていく過程には、なにか心が満ちるようなものがあります。
その体験をひととき草舟で。

3/18(月) または 3/24(日)
13:00-15:30頃
受講料  4500円(草茶・草菓子付)


niwakusa.png

◎庭の草を食べる
一品草おかず教室と草弁当

庭の草からおかずを作りましょう。
いつもの草弁当のあの一品。
他にもいろいろな草を摘んだり、味わったり、
草のお話。
そしてお弁当をいただきましょう。

3/21(木・祝)または 3/30(土) 
11:00-14:30頃
受講料  5000円(草弁当付)


kusabennto.png


///////
お申し込みはこちらをご覧ください。
  1. 2019/03/03(日) 22:11:33|
  2. 草ワークショップ

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」 草舟にて

仔馬の耳


定められたかのような巡り合わせで延期になりました「草虫馬のお話会」のお知らせです。

「草暦とミャークヌーマ」

3/2(土)12:00-15:00 草舟 on Earthにて(神奈川県横須賀市)
3.500円

◎お庭の草をつんでいっしょに”軽い”ランチづくり (月桃を使わせてもらいます。杉桶仕込み味噌もね)
◎暦の話(旧暦と野生動物との関係:石田紀佳)
◎馬のお話(草とミャークヌーマのいま:矢谷左知子)

気持ちのシェアリング(海をみながら)

場所は草舟です。(最寄り駅 逗子駅からバスなど)
お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::
草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
だいぶ前の矢谷左知子の草布の作品にこの星への祈りのように北極と南極を感じさせるものがあって、それはたしかシロクマにも捧げられたものでした。
いまはミャークヌーマがひとつの極となって彼女を動かしています。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
「草木萌えいずる」の候に分かち合えたらと願います。

石田紀佳 記

52020808_2303869896512615_1544820331015831552_n.jpg
夕日に照された草舟


  1. 2019/02/21(木) 08:39:35|
  2. 草舟 on Earth

草暦の十三ヶ月 二月

仔馬の耳

二月


xusaは、2017年から突如のごとくに、馬のことが始まりました。
沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬。
その存続がかかった問題が次々と起こり、
なぜか私がそこに投げ込まれ、
この二年、必死で、お馬のことだけをしてきたようなことでした。

おかげさまで、去年末、ことが大きく動き、
多少は改善が始まっています。

依然、根本の問題は根強いです。

でも、もうそこは軽々と飛び越えて、先に進みたい、と想っています。

この二年の、これまで考えたこともなかった、お馬との日々のなかで、
彼らの群れに受け入れてもらうようになってからというもの、
馬たちのあまりの素晴らしさに今では魂の底から馬たちと同化し、
離れていても私も群れの一員として、いつも彼らを想い、
いまでは家族のような存在になっています。

そのように馬に心を向けてみる時、
馬の付く慣用句の、いかに馬を馬鹿(これもです)にしたものが多いかということに気がつきます。

馬と接する時、その崇高さにはいつも胸が一杯になるのですが、慣用句はそれと真逆、どれもひどいものばかり。

「馬耳東風」もそのひとつ
。東風は春風の意で、春になって心地よい風が吹いていても、馬は耳をなでる春風に何も感じないだろう、ということから、
他人の意見も心に留めない、という意味に使われます。
とんでもないこと、馬たちも、他の生き物たちも、人間以上にデリケートな感覚を持っていて、
風が運ぶ情報なんて、人には及ぶべくもなく察知し、読み解いているでしょう。
そこで、これからは、人の、馬たちへの負の表現を転じるべく、新しい馬の慣用句を作っていこうと思っています。

その第一作目としては、
馬耳東風を言い換えた言葉をつくってみました。

「春風 仔馬の耳に あそぶ」

xusa

IMG_1577.jpg
  1. 2019/02/20(水) 13:24:20|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 一月

xusaです。
あっという間に2月もなかば。
今年は、草暦の絵と言葉を月々に解説をさせていただこう!とおもいつつ、もう2ヶ月過ぎてしまいました。
musiさんと14年間つくり続けてきた草暦、
デザインや絵や、言葉、は私の想うように、好きなように、させてくれて、受け入れてくれてるmusiさんにはただ、感謝です。
今回は1月と2月の草暦、せっかくなので、ひとつずつ、続けてのご紹介にしますね。まずは1月。

IMG_1576.jpg

一月


キジの鳴き声を知っていますか。

1月15日、七十二候の
「雉始めて鳴く」

なかなか形容しがたい声ですが、例えていえば、錆びた自転車のブレーキのよう。。
その声が一声、山を劈(つんざ)きます。

私の家は、海の目の前の山の中腹にあります。
山のすそ野がそのまま海に入り込んでいるという地形なので、海沿いなのに、山の気配の中、
庭には、この時季、リス、コジュケイ、キジたち、森の仲間が遊びにきます。

キジは意外や、近づいても逃げることなく、しばし庭の畑でなにやらゴソゴソしたり、お散歩してひととき穏やかに楽しんで、また薮に消えていきます。

しばらくして山のほうから、ひと声、、

実は大好きな鳴き声、
その声を聴くと、なにかが破れる、なにかがひらく、

そこで、
「雉鳴き 山のひらく」
としてみました。

xusa

  1. 2019/02/20(水) 13:20:10|
  2. 草暦

パーマカルチャーランチ 毎月第三水曜日に

明日、2/20日12時ごろから2時まで、
表参道のシェアオフィスみどり荘でパーマカルチャーランチを出します。
屋上ガーデンチームでつくるパーマカルチャー的ごはん。
どなたさまも基本800円です。
お茶とおやつつきで1000円。

コミューンセカンドの奥の緑色の建物の一階です。

お近くにいらしたらぜひお運びください。

今後、基本第三水曜に毎月やることになりました。(3月は変則で27日になりました)
ごはんのあとは晴れていれば屋上で、都市の緑についての夢をともにしましょう。

musi 石田紀佳

^^^^^^^^
今月のメニュー
パーマカルチャーランチ(屋上ガーデンチーム)
12時ごろから14時まで
800円 (お茶とおやつつき1000円)

オーガニックや自然栽培の食材、自家製保存食を中心としたごはん。
月に一度、デトックスも兼ねて召し上がっていただければ幸いです。


今月の目玉はベジモモです!(餃子的なもの)


4種の豆スープ(ムングダール。ひよこまめ、緑のレンズ豆、レッドキドニービーンズ)
ヒヨコモモ
春菊(梅味噌あえ)
生芋こんにゃく(青のりと古代小麦風味)
焼き長ネギ
丸干し大根のトマトソース煮(ガーデンオレガノ)
ザワー白菜
お米(大智くん祖父母栽培 おかわり自由)八重桜塩づけ

夷隅産夏みかん寒天ゼリー、ガーデンミント添え!
ガーデンティー
  1. 2019/02/19(火) 12:40:10|
  2. 食べ物

草講座 二月後半

草講座2月 (1)

2月の草講座 *ご参加受付中*

お申し込みは
こちらまで

草講座「草はじめ・草舟の庭草粥をいただきながら」 2/17
_____________________________


旧暦の七草を迎え、草舟のまわりには、もしゃもしゃと草が元気を出しています。
この日はお天気がよければ、野を歩き、草たちにあいさつし、摘み草なども。
草舟の庭の草の七草粥をいただきながら、草や馬のおはなし。
そんなひとときです。
この時季の夕焼けは一年でも一番うつくしいです。

2/17(日) 13:00-16:00頃 夕焼けがうつくしい時刻です
参加費   4000円(草舟草粥をすこし 草菓子もすこし 付)



「草の箒つくり」 2/21
__________


素材の山茅の採集から体験してみます。
簡単な箒を作りましょう。

手の中で草が道具となっていく瞬間は、やはりいつも興味深く思うのです。
冬ごもりの作業ですね。

2/21(木) 13:00-16:00頃
参加費   4500円 (手作り季節の草菓子・草茶付き)





「摘み草と草弁当」  2/24(日)
______________


久しぶりに草弁当をつくります。
春の野の草たちをいただきながら、
そのあとに野を歩き、摘み草に出かけましょう。
帰ってきたら、お茶と手作りのお菓子を。
早春の草の一日を

2/24(日)12:30-15:30くらい
参加費 4500円



「草茶会」  2/27(水)
__________


草舟の時空に包まれながら、
ひととき、草菓子やお茶をいただきながら、
草草のおはなし
馬馬のおはなし
みなさんのおはなし

2/27(水)13:00-15:30くらい
参加費 3500円




お申し込みはこちらまで

・ご希望の講座名
・お名前
・当日ご連絡の取れるお電話番号

を添えて矢谷までメールをください。

xusa
  1. 2019/02/13(水) 19:42:47|
  2. 草ワークショップ

草虫の、草暦とミャークヌーマのおはなし会 2月8日 草舟にて 延期となりました

都合により延期となりました。
お申し込みいただきました方、たいへん申しわけありません。
3/2日土曜日に行います。


お問いあわせくださいましたKさま、石田からメールお送りいたしましたが、わたしの PCメールがはじかれることがありますので、こちらに載せさせていただきます。
ご連絡ありがとうございます。

::::

草虫の草暦とミャークヌーマのおはなし会

草舟で行います。

2/8日金曜日 東風凍を解く
13:30-16:00
3.500円(味噌汁つき 杉桶三年味噌)

草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
ただいま宮古におります。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
東風凍を解くの候に分かち合えたらと願います。

お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。
  1. 2019/01/25(金) 20:42:38|
  2. 草暦

<初午の日 ミャークヌーマに捧ぐ> 宮古馬のお話と 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会

LOVE宮古馬白

<初午の日 ミャークヌーマに捧ぐ>
宮古馬のお話と 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会


2月2日
宮古馬のお話会をさせていただきます。
by 矢谷左知子

日時 : 2月2日 10:00-13:00ころ
場所 : アサバアートスクエア 金沢文庫
お代 : 1500円(お話+映画上映)


13時からご希望の方は、沖縄野菜を使ったお弁当1200円(アサバカフェ提供)をいただきながら、シェアリングしましょう。
お弁当ご希望の方はあわせてお申し込みください。(お弁当ご予約は1/29まで)

お申し込みはアサバアートスクエアまでお願いします。

m2001miki★gmail.com
(★を@に変えてください)

アサバアートスクエア
2360015
横浜市金沢区金沢町205
045-783-9705

  1. 2019/01/22(火) 22:46:59|
  2. イベント

1/23日水曜日 パーマカルチャーランチ@みどり荘 表参道

コミューンセカンドの奥のシェアオフィスで、水曜日の12時ごろからランチを出します。
街の屋上ガーデンの冬のハーブなどを添えたごはんです。
わたしはおからこんにゃくとたくあん、
さきちゃんはあったかトムヤムクン、
そのほか、つくりたての、愛情満点菜食ごはんです。

どなたでも、ごはんがあるかぎり召し上がっていただけますので、ぶらりといらしてくださいね。

800円から1000円くらいです。

石田紀佳
  1. 2019/01/18(金) 12:18:04|
  2. 食べ物

光庭

ひかりにわ

元旦のうちの庭の光をお届けです

立春までのわずか一ヶ月ほどの間
庭中、キラキラの光の洪水
おぼれそうになります

この2ヶ月ほど、宮古馬のことで渦中におりました
二年間ひとりで続けてきたミャークヌーマのページも12月からお休みしていましたが、今日、再開予定です

草から馬
草と馬
私にとって大きなこれらの主題が
ことしはよりはっきりと形をとっていくでしょう

草講座もゆっくりとはじめます

この庭の光を浴びに
冬の草舟にまたお出かけくださいね

草舟onEarth
矢谷左知子

IMG_1171.jpg

IMG_1187.jpg

  1. 2019/01/06(日) 14:10:33|
  2. xusa草暮らし

2019草暦お取り扱いのお店

2019年草暦を置いてくださっているお店です。お近くの方はお問い合わせください。
アップデイトできていないお店もあります、後日書きますのでお許しください。

○神奈川県

 Beach Muffin(美味しくて心もあたたかオーガニック・ヴィーガン・カフェ・食材)
 逗子市桜山8-3-22
 http://www.beachmuffin.net/Beach_Muffin/home.html

 Life tree(オーガニック衣料・下着・小物) 
 葉山町堀内858
 046-875-6927
 http://lifeafa.jp/

 Kasper カスパール(すてきな本屋さん)
 葉山町一色1462-5
 046-874-7031
 http://www.kasper.jp 

 やまねこ(食事・お酒・ハワイバッグ)
 葉山町一色1985
 046-803-0058

 草舟 on Earth
 秋谷5430
 http://kusabune.blog.fc2.com/

 chahat(逗子店)(雑貨・ギャラリー)
 逗子市桜山3-1-5
 046-870-3127
 http://www.chahat27.com/

 東慶寺(松岡宝蔵にて販売)
 鎌倉市山ノ内1367
 0467-22-1663

 chahat(鎌倉店)(雑貨)
 鎌倉市御成町13-31
 0467-61-2272

 亀時間(ゲストハウス・素泊まり)
 鎌倉市材木座3-17-21
 0467-25-1166
 http://kamejikan.com/

 fabric camp(素敵な布や服)
 鎌倉市雪ノ下 1-16-23
 0467-24-9000
 info@fabric-camp.jp

 喫茶ミンカ 
 鎌倉市山の内377-2
 0467-50-0221

 てぬぐいカフェ一花屋 
 鎌倉市坂ノ下18-5 
 0467-24-9232

 pas a pas(パザパ  イヌ・ネコ・ヒト)
 藤沢市鵠沼藤が谷3-4-22
 0466-54-9692
 http://www.pas-a-pas-inuneco.com/info/


○東京都

 真木テキスタイルスタジオ 竹林shop  *折りあり
 あきる野市留原704 042-595-1534
 http://www.itoito.jp

 ナワ・プラサード書店(本屋)
 杉並区西荻南3-15-3 03-3332-1187
 http://www.nabra.co.jp/hobbit/hobbit_mura.htm#map

 Art+stellas 器物家 アステラスどうぐや
 杉並区荻窪 4-25-9 03-3393-4448

 メイド・イン・アース 自由が丘店  
 東京都世田谷区奥沢 7-3-10 03-5758-6639

 メイド・イン・アース 吉祥寺店
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 0422-27-5586

 かぐれ 表参道店
 150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-12 MICO神宮前
 TEL&FAX:03-5414-5737
 www.kagure.jp

○静岡県

 Panchavati
 靜岡市葵区鷹匠3-1-13-201
 Tel 054/273-5515


○山梨県

 ナノリウム
 富士吉田市上吉田4583-6
 0555-24-2938


○長野県

 ぎゃるり灰月
 松本市中央2-2-6
 0263-38-0022


○石川県

 こびり
 能美市寺井町ウ18 0761-48-4345


○岐阜県

 マーマーなブックス アンド ソックス
  〒501-3725 岐阜県美濃市俵町2118-19
 http://murmur-books-socks.com/
  TEL:0575-46-7091 / FAX:0575-46-7093


○愛知県

 ひだまり
 額田郡幸田町菱池字池端88
 0564-62-2840


○三重県

 kiwi(絵本とこども道具)
 亀山市安坂山町1191-18
 0595853882
 http://ehon-kiwi.cocolog-nifty.com/blog/

 つじ屋
 多気郡多気町古江1282
 0598-49-4667
 

○京都府

 恵文社
 左京区一乗寺払殿町10 T/F 075-706-2868
 http://www.keibunsha-books.com/

○奈良県

 ミルツルMilleturu
 639-1160 奈良県大和郡山市北郡山町130-3
 0743-52-4420

○大阪府

 コマカフェ
 579-8013 大阪府東大阪市西石切町1-10-3
 tel&fax : 072-987-2457

○広島

 ジョンブリアン  *折りあり
 中区上幟町 3-7
 082-211-2188

○岡山

 スロウな本屋
 岡山市北区南方2−9−7
 086−207−2182 
 https://slowbooks.securesite.jp/shop/


○山口県

 ロバの本屋
 長門市俵山6994 電話、FAX 0837-29-0377


○高知県

 まぁ坊豆腐店
 高知県四万十市中村大橋通6丁目6-25


○徳島県

 ひだまりむすひ
 徳島県美馬市脇町字東俣名1042


○香川県

 灯りと雑貨のお店touca(灯火) *折りあり
 香川県高松市塩上町3丁目16-9 1F
 


○愛媛県

 まんがら農園
 愛媛県西条市安用甲1069−1
 0898-66-3279


○北海道

 器と雑貨 asa 
 札幌市中央区大通西8丁目2-39
 北大通ビル11F
 011-206-6975
 http://utsuwa-asa11f.jugem.jp


○青森県

 ハッシャゲニア
 三戸郡南部町福田間の原5-1
 0178-84-2520


○岩手県

 ひめくり *折りあり
 020-0885 盛岡市紺屋町4-8
 電話&FAX 019-681-7475


○宮城県

 ギャラリー蒼
 仙台市青葉区中央1-8-31
 022-221-2064


○大分県

 宿「艸月」
 由布市湯布院町川上2503-2
 info@sougetsu.jp


○鹿児島県

 Hou.Co.Co
 〒890-0052 鹿児島市上之園町16-7
 TEL 099-221-7555
 http://houcoco.blog113.fc2.com/


○沖縄県

 chahatオキナワ
 沖縄県南城市知念字志喜屋466
 098-917-5058
 http://www.chahat27.com/

 荷川取牧場
(宮古馬の牧場)
 宮古島市平良下里2602-2


 
  1. 2019/01/06(日) 13:32:06|
  2. 草暦

おこさまボーイズ フラワーレメディの会 これから

2019年から、西荻窪おこさまボーイズでフラワーレメディの会を月一度くらいのペースでやっていくこととなりました。
心のこもったランチをいただいて、ドロップだけを気軽にできる場となります。

◎ 月末を予定しています。
午前中には、こんにちはの会や、季節のレメディ、もしくは手仕事や星のお話を、そのときどきの巡り合わせで。

まずは
◎1月27日日曜日 10:00~フラワーレメディこんにちは(バッチフラワーレメディのガイダンス)
12:00〜ランチ 
お話を聞かずに調合のみの方はランチのあとにドロップしてください。

以下詳細です
◎バッチフラワーレメディの会◎

バッチフラワーレメディのガイダンス(初心者用講座)と
レメディボトル38種類の解放をいたします。

フラワーレメディは、自分で自分をみつめるセルフヘルプが基本です。
だから、気軽にレメディを選べる会ができたら、と思うようになりました。
わたしじしんは、植物と自分をみつめ、
大切な人の苦しみをやわらげるきっかけとして、
とても助けてもらっています。

フラワーレメディっていったいなあに、とか、
一度試してみたいけど敷居が高い、とか
すでにフラワーレメディは知っているけど、
ぜんぶのボトルをそろえるのはむずかしい、
などと思っている方へ。


◎調合だけご希望の方は、12時以降ににいらしてください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日時:1月27日日曜日 10時〜13時ごろまで

場所: おこさまボーイズ『暮らしのいろいろ ていねいに、』@西荻窪
http://teineini.com/

会費:ランチ付き2800円
10:00~
「フラワーレメディこんにちは講座」


そもそもバッチフラワーレメディとは何か、
レメディに対応する花と精神状態についての初級講座。

わたしがどうしてフラワーレメディにひかれたのか、
そして実際どんな影響があるのかなどもお話できたらと思っています。


11:30~
レメディ調合

各自レメディ調合をします。
レメディは一種類につき100円(7種まで選べる)、ボトル代500円
ボトルは持参してもらってもいいです。

調合された方から随時ランチへ
◎おかゆぱんとオーガニック野菜のランチプレート(三年番茶付き)


個別コンサルテーション希望の方は当日お申し込み先着2名様で、
講座のあとお部屋のはしっこでお話をききます。
コンサルテーション1000円(レメディ調合代込み)+ボトル代500円です。
別途となりますが、ワンドリンクまたはワンおかゆパンオーダーでお願いします。

◎持ち物
筆記用具 お好みのミネラルウォーター(レメディボトル用30CC程度) お持ちの方はレメディボトル


お申し込み
石田紀佳 lamuda@ya2.so-net.ne.jp
ボトルをお持ちになるかどうか記載してください。

講座定員7名くらい
  1. 2019/01/03(木) 20:40:26|
  2. からだとこころ

星の坊主さま お話会のお知らせ 〆切となりました

「星の坊主さま 火の行方ーーーサラマンダー物語」


西暦2019年1月19日土曜日 午後1:30~日暮れ前まで

場所:雑草苑(神奈川県秦野市 お申し込みの方に詳細をお知らせします。秦野駅からバス5分藤棚下車、徒歩15分ぐらい)


月暦師走十四日、星の坊主さまをお招きいたします。
焚き火を囲んで、紡ぎはじめるサラマンダー物語。
宇宙に満ちて、宇宙そのものである火・水・土・風の火をつかさどるサラマンダー。
どんな物語なのでしょう。

大切な友人知公弓子さんのパートナーとなっておりたってくれた星の坊主さま。
おいしいお米や野菜、蜂蜜をこしらえるのとおんなじように
物語をこしらえて、人と人、星と星のあいだを結ぶ人。

こじょうゆうやさんとゆみこさんのお話を、
しみじみ味あうときとところを仕度できることが、うれしくてなりません。

そしてすばらしい贈り物が・・・
晩秋に佐久に暮らしはじめた野原の佐藤健司さんが、カリンバを奏でてくださいます。

石田紀佳


13:30~

会費5500円
野原のカリンバ
焚き火味噌スープとおやつ付き

お申し込みは石田紀佳まで 
定員となりました。
お申し込みありがとうございます。
キャンセルが出ましたらお知らせいたします。

持ち物など
焚き火で焼きたいものがあればお持ちください(食べものでも、紙ものお守りなどでも)
火の粉がとんでも差し支えない上着があるといいです。
雨天の場合は屋根のあるところで行いますが、あたたかい服装でいらしてください。

fire.jpeg

つかぴい撮影の不死鳥の火より
  1. 2018/12/20(木) 08:48:35|
  2. 季節のしごと

冬至満月とフラワーレメディ

前回、フラワーレメディこんにちは、の会をした、西荻窪おこさまボーイズで
ふたたびフラワーレメディの会をおこないます。
はじめての方もご参加できます。

ちょうど冬至期間に入った満月ですので、そんな季節のなかで冬を越していくレメディと出会いましょう。
おこさまボーイズの冬至ごはんはどんなかしら。

安心して年を新暦の年を越すために。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;


「フラワーレメディと冬至ごはんの会」

日時:12月23日日曜日 13時から

場所: おこさまボーイズ『暮らしのいろいろ ていねいに、』@西荻窪

会費:2800円
13:00~ おこさまボーイズの冬至ランチ 
13:45~15時くらい「冬至満月とフラワーレメディについて」のお話

レメディは一種類につき100円(7種まで選べる)、ボトル代500円
ボトルは持参してもらってもいいです。


個別コンサルテーション希望の方はお申し込み先着2~3名様で、
講座のあとお部屋のはしっこでお話をききます。
コンサルテーション1000円(レメディ調合代込み)+ボトル代500円です。
別途となりますが、ワンドリンクまたはワンおかゆパンオーダーでお願いします。

◎持ち物
筆記用具 お好みのミネラルウォーター(レメディボトル用30CC程度) お持ちの方はレメディボトル


お申し込み お問い合わせ
石田紀佳 lamuda@ya2.so-net.ne.jp
ボトルをお持ちになるかどうか記載してください。

講座定員7名くらい
  1. 2018/12/15(土) 19:55:48|
  2. からだとこころ

12/6日から12/10日まで発送お休みします 石田分

矢谷左知子もお馬さんのことで、遅れ気味のようですが、旧暦仕様でやっておりますので、ご安心くださいね。

石田は12/6日〜10日まではメールの返信なども滞りますが、
11日からはお送りできますので、お待ちください。
12/8日〜10日は代々木上原ハコギャラリーのえみおわす展にて、
野生料理を出しながら、草暦も販売いたします。
鹿肉とビーガンプレートのふたつからお選びいただきます。

DSCN0438.jpg

遊びにいらしてくださいね。
  1. 2018/12/03(月) 15:55:27|
  2. 草暦

かぐれのomoto展にてものづくりの茶話会

11/28日水曜日の夕方です。

omoto展にてものづくりの茶話会→


石田は25日日曜からこの28日の夜まではメールや電話ファックスの確認ができませんので
しばらくお待ちください。
  1. 2018/11/21(水) 16:53:33|
  2. musiの仕事

ライ麦のお話をルヴァンで

20181108_1548687.jpg

11月18日、日曜日 17:00~
¥2000(ドリンク、ライ麦パンつき)

「古代からのパン作りと稲作、農業のお話し」
~ライ麦、色々米の生産者、上野さんと~

ルヴァンのライ麦を作り続けてくれている上野長一さんとの付き合いは30年以上。
甲田幹夫氏との友情の上になりたつおいしさの秘訣と、今の農業って?
種の話も含めた、知っておきたい農家事情と、おいしさの秘密。

こちらに石田紀佳も参加します。
◎前もってお知らせをくだされば、草暦をもっていくこともできます。

詳細はコチラ→
  1. 2018/11/16(金) 10:31:46|
  2. 食べ物
次のページ