FC2ブログ

草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

2020年草暦、できあがりました

DSCN0123.jpg

DSCN0122.jpg

DSCN0125.jpg

DSCN0119.jpg


無事に刷り上がり、断裁屋さんにもお世話になってできてきました。
これから、初夏にとった苧麻(からむし)の紐をつけたり、折ったりして、ご予約順にお送りいたします。
紙色は、白になったはずでしたが、折り本用の一部には在庫があったようで、生成りのものがあります。

2020年1月〜2021年の1月(いわゆる旧暦元旦)までのカレンダー

サイズ 96mm X 210mm
色   水色
紙質  楮とマニラ麻とパルプ(比率は企業秘密とのこと)


吊り下げ仕様 定価1500円
 まとめ割引
 5部以上      1300円
 10部以上 8掛け 1200円
 30部以上 7掛け 1000円

折り本仕様 定価 1700円
 まとめ割引
 5部以上 9掛け 1500円
 ※折りについては10部以上割り引きはありません。


ご注文承ります。

矢谷左知子 xusa93hinaアット驚くgmail.com
石田紀佳  lamudaアット驚くya2.so-net.ne.jp 電話03-3485-2464 ファックス03-3468-4014
いずれも、アット驚く、を@に変えてくださいね。

◉メールのタイトルに「2020草暦注文」としていただけると助かります。

◉「草木と手仕事」は、暦といっしょにお送りすることができます。(石田からのご送付となります)
  1. 2019/11/11(月) 12:44:15|
  2. 草暦

「お月さまと十二星座」西荻窪ていねいに、にて

「お月さまと十二星座」の会のお知らせです。
暦ももっていきます!

11/24日日曜日10時から13時半ごろまで

わたしたちの第一の自然である宇宙。ほんとうの星空を身近に感じるヒントをお話いたします。
白道を描く月と、黄道十二星座の基本など。
天体についてまったく初心者、という方、
占星術の星座に違和感のある方もない方も
あなたを守るほんとうの星座を知ると人生に奥行きがでてきます。

ご参加いただく方のご興味によって講座内容は柔軟にいたしますので、
質問疑問なども臆せずにおっしゃってくださいね。

持ち物:筆記用具 お持ちの方は、星座版やバイオダイナミック種まきカレンダー

場所:ていねいに おこさまボーイズ

会費:3500円(おかゆぱん菜食ランチ付き)

定員6名さま程度

※フラワーレメディドロップだけのご参加も大歓迎です。
11時半以降13時半ごろまでにいらしてください。

お申し込み
石田紀佳 lamuda*hosizora*ya2.so-net.ne.jp *hosizora*を@にかえてください。

IMG_3338.jpg


+++
チコリアップ小

11月のフラワーレメディこんにちはの会は埼玉県で行います。
9月にシソの会をした葉の園さんです。
ハーブにあふれる落ち着いたスペースです。
◎11/12日 11時からです。
詳細はこちらから→

こちらにも暦もっていけたら、と思っています。

musi石田紀佳
  1. 2019/10/31(木) 20:11:26|
  2. 自然環境

草暦2020年 出来上がりまでもう少し

みなさま、暦のお知らせ、お待たせしております。

じつは印刷等をお願いしている紙屋さんが、水害のあった地域にお住まいでした。
もしかしたら、とxusaもmusiも、復旧作業のお手伝いにいこうか、となっていたのですが、幸いご無事でした。
そんなわけで、こちらでのお知らせが遅れてしまいましたが、印刷に入りました。
これから断裁作業にうつり、わたしたちの紐つけや、折り作業を経て、みなさまにお送りいたします。

矢谷左知子の来し様が映し出された絵と、言葉、宇宙の軸とともにある文字、
新しいときを祈り、祝うようです。

topmini.jpg 1mini.jpg

まだ出来上がりの日程が確定しませんが、11月中旬からはお送りできそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2020年草暦は
材料工程の価格見直し等を受けて、価格が上げさせていただきます。
申しわけありませんが、ご了承くださいませ。

◎吊り仕様 1500円
5部以上   1300円
10部以上  1200円
30部以上  1000円

◎折り仕様 1700円
5部以上 1500円


です。

ご予約、お問い合わせは、下記までお願いいたします。

・アドレスの*は、@に代えてください。

矢谷左知子  xusa93hina*gmail.com
石田紀佳   lamuda*ya2.so-net.ne.jp 電話03-3485-2464 ファックス03-3468-4014
  1. 2019/10/25(金) 13:06:46|
  2. 草暦

宮古馬レポート

IMG_2052 (2)
赤ちゃんの時からの大の仲良し、デイゴちゃん。いつのまにか、群れの女子で一番大きくなりました。
これまでただ、遊ぶだけだったのが、初めて綱をつけれた、感動の瞬間です。



xusaです。
数日前に宮古島から戻りました。
今年すでに6回目。

これまで野放図に走り回るだけだったお馬さんたちですが、
前回7月に、北海道よりナチュラルホースマンシップの持田さんがレクチャーに来て下さり、
馬と人のコミュニケーション、共に歩くこと、たくさんのことを学ぶことができました。

私自身は、宮古馬たちは何もしなくていい、
人と一緒に歩かなくてもいい、など、どこかで想ったりしていましたが、
この先、この子たちにはどのような運命が待っているのかわかりません。
そうした状況下では、どこに連れて行かれても、最低限人と一緒に生きていけるよう仕立ててあげるということが、今の私たちにできることの一つ、と理解しました。
その意味では、どこかで切ない気持ちも抱えつつ、
それでも、仲良しで、いつも遊ぶだけだった大好きなデイゴちゃんとも、初めて綱をつけて一緒に歩いたのは、こころ躍るあたらしい体験でした。

まだ赤ちゃんの仔馬たちも頑張っています。
いやー、仔馬に綱をつけてのお散歩は愉し過ぎます。


「ミャークヌーマ宮古馬の会」をひとりでやっています。
https://www.facebook.com/myahknuma/

xusa
矢谷左知子

IMG_4175.jpg
レムヌス3ヶ月 準備できました。さあ、行こうね!

IMG_2124 (1)
ククルちゃん一才 お帽子かぶって頑張ってます

IMG_2117.jpg
サンゴちゃん2ヶ月 走るの大好きサンゴちゃん
でもグランドワークではぽくぽくと上手に歩いてくれます。
でもしばらくすると厭きちゃう。。

まこさち
マコトちゃんは群れで一番大きな雄馬。でも甘えん坊でかわいいヤツです。
  1. 2019/10/08(火) 12:03:18|

神戸市六甲山のDOKI六甲の有馬晋平個展で「野生の石」ごはんを出します

11月の毎週末三週にわたって、神戸市六甲山にあるギャラリー DOKI六甲にいきます。
杉で作品をつくる有馬晋平さんとは、杉のご縁で知り合いではあったのですが、2017年にコンフォルトに取材記事を書かせていただいてから、その人物と作品を深く理解することになりました。

今回はほんのりキュレーター的なこともして、地球詩絵本で彼の作品の理解を深めるという役割もします。
でもメインは、期間中のお食事係です。

いっしょにごはんをつくったり、雑草苑の改装もしてくれた、前世の妹 石田千里さんとの、自在ユニット「野生の石」で登板させていただきます。なんと、菜食家で今はきこり修行中のくぬぎまさみつさんも野生の石としてごはんをつくってくださいます。
六甲周りの恵みの味と、わたしたちの地元から運ぶ味があわさって、どんな世界になるのか。
実際わたしたちにもわかりませんが、この星の食を探る旅になることは間違いなし。

お近くの方、ちょうど六甲に行く、ちょっくら旅してみよう、という方、お待ちしています!
詳細はこちらからお願いいたします→

期間中に草暦2020もご紹介できたら、と思っています!

石田紀佳
  1. 2019/10/07(月) 18:52:06|
  2. musiの仕事

菊の花の会

RIMG1307.jpg

10/5日に青山のNHK文化センターでこのような会をいたします。

二十四節気七十二候の智慧と手仕事
~菊のお節供と菊枕づくり  ~


菊の露をいただく、フラワーレメディに通じる行為。世界各地にあります。

街の暮らしに季節のうるおいを。
ご一緒できましたら幸いです。



石田紀佳
  1. 2019/09/20(金) 20:56:49|
  2. 季節のしごと

東京パーマカルチャーランチ 第三水曜日

表参道の屋上の恵みをつかってランチをつくるというアクションを一年やってきました。
月に一度の第三水曜日が基本です。
3rd Wednesday lunch とおみしりおきくださいませ。
800円です。IMG_6236.jpg


たま〜に、第三でなくなることもあるかもしれないので、こちら→でご確認を。

石田紀佳
  1. 2019/09/12(木) 14:39:32|
  2. 自然環境

【 EARTH BOOK 茶話会 -霜降編- 】 のご案内 

soukou2.png

【 EARTH BOOK 茶話会 -霜降編- 】 のご案内 
 - EARTH BOOK sawakai -

あたらしく立ち上げた一般社団法人EARTH BOOKの毎月開催の茶話会、次回のご案内です。
EARTH BOOKの描くヴィジョン、趣旨、そして草や、海や、馬たちの物語をお話させていただきます。
オフィスでもある野趣あふれる「草舟」にて、代表の矢谷左知子がつくる完全菜食の「草弁当」やお茶を召し上がっていただきながら、ゆったりとした物語のようなひとときをお過ごし下さい。
*EARTH BOOKのHPはこちら http://www.earth-book.com


<日時>
2019年10月14日(月・祝)12:30スタート16:00ごろ終了
2019年10月19日(土)  12:30スタート16:00ごろ終了
2019年10月20日(日)  12:30スタート16:00ごろ終了
2019年11月2日 (土)  12:30スタート16:00ごろ終了
2019年11月24日(日)  12:30スタート16:00ごろ終了

<場所>
横須賀市秋谷(逗子駅よりバス20分)
参加者の方に詳細お知らせします

<内容>
12:30ご挨拶
12:40 草弁当
13:30 「EARTH BOOKのしごと」趣旨説明 代表矢谷左知子のお話
映像などを見ながら、草、海、馬、EARTH BOOKの描く世界についてお話します。
15:00 お茶とお菓子をいただきながらシェアの時間
16:00 終了

<会費 >
お一人様1万円 草弁当とお茶とおやつ付き
(一般社団法人EARTH BOOKの活動費とさせていただきます)
各回、定員5名様

<お申し込み>
矢谷宛に直接メッセージをいただくか、(xusa93hinaアットマークgmail.com アットマークを@に変えてください)
EARTH BOOKホームページcontact(お問い合わせフォーム)よりお申し込みください。
http://www.earth-book.com


***************

2019年4月。
代表矢谷がこの二年間関わってきた宮古馬の問題解決をさらに加速し、そして動植物と人との在るべき関係性と、新しい共生のすがたを探り、すでに動植物がやっている“この星のための仕事”に人も連なりたい、生き物と人とのほんとうの共存はどこにあるのか、そこを具体的な動きの中から立ち上げ、生き物たちと人の環境を力強いものにしていきたい、そんな想いから一般社団法人 EARTH BOOKを立ち上げました。

私たちが向かおうとしている、この道筋を照らしてくれているのが、沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬です。
県の天然記念物でありながら、現在、46頭しか存在せず、その飼育環境は決して整っていると言えるものではありません。
そして、その存在自体も、経済最優先の社会において忘れ去られようとしています。

EARTH BOOKの優先活動として、まずは、この二年以上すでに関わってきた宮古島での馬と人との共生関係を築くべく、各方面からのサポートをしたいと考えています。
そのため、代表矢谷は、毎月のように宮古島へ通い、馬のお世話をしながら、島在住の方達との協力体制をつくっている最中です。

こうした活動にかかる経費を、皆さまからのドネーション、今回のようなお話会、草舟共催ワークショップ、オリジナルチャリティグッズ販売、EARTH BOOKクラブ(会員制)の会費でまかないたいと、皆様のご支援を心よりお願いする次第です。

代表の矢谷左知子が生きる世界観、EARTH BOOKが描くヴィジョンに共感してくだされば幸甚です。

主催
一般社団法人EARTH BOOK
https://www.earth-book.com

矢谷左知子 xusa
  1. 2019/09/12(木) 09:54:41|
  2. xusaのしごと

OMOTO衣食住楽に、植物の香で参加します。

「杉葉香づくりと香草の話」いわき市omoto村にて 衣食住楽

鉄と布の生活道具をつくる鈴木康人さんと智子さんのご自宅で開催されるomoto村「衣食住楽」に参加します。
日本中のomoto村民が集って、いろんな出し物があります。

石田紀佳は、智子さんリクエストの、杉葉香で村人になります。
「草木と手仕事」や「魔女入門七十二候の手仕事」にも紹介しましたが、え、水と杉だけで? と驚きます。

RIMG0861.jpg
DSCN0028.jpg
DSCN0020.jpg
DSCN0006.jpg

お近くの方、おたちよりの方、身近な素材でできる草花しごとをしませんか。
植物の香の秘密についてもお話できたら、と思っております。


◎「杉葉香づくりと香草の話」
9/14日土曜日 13~15時 3000円

杉の葉では三角香を、ほかに香草をあわせたスマッジスティックをつくって、
火と植物の出会いから、草木の浄めの精をいただきます。

持ち物はとくにいりませんが、使ってみたい乾燥ハーブがあったらもってきてください。

お申し込み受付
nunototetsu@gmail.com

+++
9/18日は表参道コミューンセカンドみどり荘でパーマカルチャーランチです。12時過ぎから。
基本第三水曜日でコンスタントにするようになりました。こちらは一周年です。

musi
  1. 2019/09/05(木) 14:28:15|
  2. 草で作られたもの

草舟寿司@CINEMA AMIGO10周年パーティ8/24

amigo.png

逗子の海のそばの映画館、CINEMA AMIGOは今年でオープンから10周年を迎えます。
https://cinema-amigo.com/2019/07/1142/

xusa矢谷は、どういうわけか、立ち上げの時からのスタッフ。
10年前のスタートから二年間、週に一回ランチシェフをしていました。
ランチスタッフの中でも、私だけがド素人。

この素人になにができるのだろうか、、と悩んだ末、やはり私は草で創るってことだな、と、
その時から、「草ランチ」、「草定食」、と、完全菜食ヴィーガンメニューの定番ができ上がってきました。
なにしろ料理なんて、習ったこともないxusa。
当番の日の前夜は、これまで作ったことのない人数分の仕込みに、始めの頃は夜中じゅう、半ベソで作っていました

そうしたトホホの、ほんとうに初めの頃、musiさんも応援がてらお食事に来てくれましたこともあります。
その後、彼女もご飯を作って出すようになるとはね、、
その頃の草虫には、とても新鮮なことでしたが、いつのまにか、二人ともが、ご飯つくりも仕事となってきた、そのきっかけでもあります。

始まりの頃は葉山に住んでいましたが、その後、秋谷の山の中に越して、搬入搬出が難しくなり、シェフは二年で引退しました。
でもその経験があったから「草弁当」というものが誕生したという次第、
アミーゴに感謝です。

そんなシネマ・アミーゴも今年で10年目。
この夏久々に10周年パーティに草メニューで出店します。

”ヴィーガン草舟寿司”をお出しする予定です。

kusasusi.jpg

どうぞ遊びにいらしてくださいね。
午後遅め、4時くらいからの出店になります。

xusa 矢谷左知子
  1. 2019/08/21(水) 18:19:56|
  2. イベント

里山巡礼 佐々琢哉さんライブリトリート

「里山巡礼 佐々琢哉」

DSC01783.jpg

シベリアTUVAから帰ってきた琢哉さんが、大陸からの音を響かせてくれます。

人と自然がまじわる里山で、生きとし生けるものへ捧げる祈りをともにしませんか。
小さな虫たち、はばたく鳥、猪も鹿も熊も、
そしてオオカミの精霊へ。

9月1日日曜日
午後2時~ 里山の生き物の話と草木摘み(暑い人は水浴びなど)
3時~ 佐々琢哉さんの演奏と歌
その後、火を囲んで旅の話と語り合い、お時間のゆるすかぎり

IMG_3609.jpg

会費 ドネーション

場所 雑草苑(詳細はお申し込み受付で送ります)神奈川県秦野駅よりバス10分徒歩15分

◎持ち物や服装
虫とともにいられる服装(長袖長ズボン推奨)
剪定ハサミ、草木持ち帰りの袋や新聞紙
夕方みなで食べたいもの飲みたいものなどあればお持ちください
(冷蔵庫はありませんが冷たい井戸水あります)

◎8名さまのお申し込みを承ります。

お申し込みは
coco_kinari*アットマーク*me.com 
堀敬子さんまで。
*アットマーク*を@にしてくださいね。
今回、石田が8月下旬から9/1日当日が終わるまでメールの受信ができなくなるので、敬子さんにお願いしています。

DSCN0897.jpg

musi 石田紀佳
  1. 2019/08/20(火) 14:13:46|

晩夏から秋へのフラワーレメディ

立秋がくるとすすきが穂を出しますね。
夏の名残りから秋へと咲く花もあり,
今回はそんなお花とこころの関係をさぐります。
チコリアップ小

*おこさまボーイズのスペースでの月いち講座のお知らせです。
ご都合あいましたら、やさしいごはんとときをともにしましょう。

◎8月25日日曜日10時から13時半ごろまで
「季節の草花とフラワーレメディ 夏から秋へ」

場所:ていねいに おこさまボーイズ

会費:2800円(おかゆぱん菜食ランチ付き)

関東地方は長い梅雨から一気に蒸し暑い夏になりました。
わたしたちの心身は季節と同調して過ごしているので、
かなりたいへんな夏でした。
植物たちも同じかもしれませんが、彼らは彼らなりにコマヤカに、タクマシク生きています。
それにならってわたしたちも秋に向かうトキの心と体をみつめます。
秋の花、キキョウの仲間が何かヒントになるかもしれません。

初心者の方もご参加いただける内容です。

◎ご希望の方は各自レメディ調合
レメディは一種類につき100円(7種まで選べる)、ボトル代500円

◎個別コンサルテーション希望の方はお申し込み先着2名様で、
お部屋のはしっこでお話をききます。
コンサルテーション1000円(レメディ調合代込み)+ボトル代500円です。

◎持ち物
筆記用具 カレンダーや年間手帳 お好みのミネラルウォーター(レメディ用30CC程度) お持ちの方はレメディボトル

お申し込み
石田紀佳 lamudaアットまーくya2.so-net.ne.jp
ボトルをお持ちになるかどうか記載してください。
  1. 2019/08/16(金) 14:53:26|
  2. からだとこころ

【 EARTH BOOK 茶話会 -仲秋編- 】のご案内 

sawakai1.png

【 EARTH BOOK 茶話会 -仲秋編- 】のご案内 
    - EARTH BOOK sawakai -


一般社団法人EARTH BOOKのオフィスでもある草舟にて、少人数での茶話会を開催いたします。

EARTH BOOK代表の矢谷左知子がつくる完全菜食の「草弁当」をお召し上がりいただき、草や、海や、馬から授かった世界の物語、
EARTH BOOKが描くヴィジョンをお話させていただきます。
どうぞご参加をお待ち申し上げます。

<日時>
2019年8月29日(木曜日)12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月6日(金曜日) 12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月15日(日曜日)12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月16日(月曜・祝日)12:30スタート16:00ごろ終了

<場所>
横須賀市秋谷(逗子駅よりバス20分)
参加者の方に詳細お知らせします

<内容>
12:30ご挨拶
12:40 草弁当
13:30 矢谷左知子のお話
馬の映像などを見ながら、草、海、馬、EARTH BOOKの描く世界について
取り組むプロジェクトについて、お話させていただきます。
15:00 お茶とお菓子をいただきながらシェアの時間
16:00 終了

会費 お一人様1万円 草弁当とお茶とおやつ付き
(一般社団法人EARTH BOOKの活動費とさせていただきます)
各回、限定6名様

<お申し込み>
矢谷宛に直接メッセージをいただくか、(xusa93hinaアットマークgmail.com アットマークを@に変えてください)
EARTH BOOKホームページcontact(お問い合わせフォーム)よりお申し込みください。
http://www.earth-book.com

***************
2019年4月。
代表矢谷がこの二年間関わってきた宮古馬の問題解決をさらに加速し、そして動植物と人との在るべき関係性と、新しい共生のすがたを探り、
すでに動植物がやっている“この星のための仕事”に人も連なりたい、生き物と人とのほんとうの共存はどこにあるのか、
そこを具体的な動きの中から立ち上げ、生き物の環境を力強いものにしていきたい、
そんな想いから一般社団法人 EARTH BOOKを立ち上げました。

私たちが向かおうとしている、この道筋を照らしてくれているのが、沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬です。
県の天然記念物でありながら、現在、46頭しか存在せず、その飼育環境は決して整っていると言えるものではありません。
そして、その存在自体も、経済最優先の社会において忘れ去られようとしています。

EARTH BOOKの優先活動として、まずは、宮古馬と島民との共生関係を築くべく、プロジェクトを立ち上げサポートをしたいと考えています。

そのため、代表矢谷は、毎月のように宮古島へ通い、馬のお世話をしながら、島在住の方達との協力体制をつくっている最中です。

こうした活動にかかる経費を、皆さまからのドネーション、今回のようなお話会、草舟共催ワークショップ、オリジナルチャリティグッズ販売、
EARTH BOOKクラブ(会員制)の会費でまかないたいと、皆様のご支援を心よりお願いする次第です。

代表の矢谷左知子が生きる世界観、EARTH BOOKが描くヴィジョンに共感してくだされば幸甚です。

主催
一般社団法人EARTH BOOK
https://www.earth-book.com
  1. 2019/08/14(水) 16:29:37|
  2. xusaのしごと

一般社団法人EARTH BOOK 誕生しました

EARTHBOOKカバー


生き物たちの はたらきに 連なる仕事を


xusa矢谷左知子です。

日々全力疾走で更新できないままでした。
ご心配くださる方もいたりで申し訳ありません。

5.6.7は毎月宮古島に行っていました。
宮古馬のこれからのことを、馬のお世話をしながら、現地のネットワークを深めつつ、少しずつ前進させています。

今年に入って5頭の仔馬が生まれましたが、そのうちの3頭は出産直後に遭遇、
仔馬が逢う初めての人類になる幸せな時を過ごしました。
そうしたご報告はFACEBOOKページの「ミャークヌーマ宮古馬の会」にて発信しています。
ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/myahknuma/

そんななか、身の程知らぬで、この度一般社団法人を立ち上げてしまいました。
一般社団法人「EARTH BOOK」
この二年半やってきた宮古馬のことが、個人で太刀打ちするにはもう限界ともなり、よりダイナミックに加速させるためというのが大きな目的です。
そこに、これまでの主題の野生の草仕事、そして海からの伝授も載せて統合していくこととなりました。

これまで開催してきた草講座も少し形を変えて行きます。
今準備を整えているところ、秋口にはまたご案内できると思います。

この星のすべての智慧が記された一冊の書、
というイメージを持って、
社の名前を「EARTH BOOK」と名付けました。


この星にうまれ
たくさんの命とともに
ここに居る
それだけで充分
他の生き物たちが
すでにしている仕事に
人という種族として連なり
この本のどこかで
今日も埋もれて働いている

生き物たちとひとの
本来の仕事が描かれた
この星のものがたり



これまで授かってきたこと
馬の、草の、海の物語がはじまります。

今後ともご支援をよろしくお願い申し上げます。


EARTH BOOK 代表
草舟 on Earth
矢谷左知子

::::::::

EARTH BOOK hp
https://www.earth-book.com
  1. 2019/08/13(火) 14:19:50|
  2. xusaのしごと

草暦2020 仕込み中

家庭画報の矢谷左知子の後ろ姿、海獣の子供のシーンにありそうですね。
みんなは映画の方も、見たかしら。

さて、あつくて思考がもうろうとするので、朝一番に水やりをしたあとに、ちょっとずつ暦の下書きをすすめています。
ここにどんな絵がついて、どんな文字で書かれるのかなあ、と思いながら。

今年からは七十二候の言葉を本朝七十二候だけにせずに、古代の七十二候にまなんで、もっと地球規模に生き物を感じるものにしていきます。

musi

  1. 2019/08/06(火) 14:25:46|
  2. 草暦

地下足袋 on 家庭画報インターナショナル

IMG_2254.jpg IMG_2255.jpg

ついついブログアップが後回し、
そろそろ次の号が出る頃でしょうから、
そのまえに記念にアップさせていただきます。

今年の春に出た、「家庭画報インターナショナル」に
二年前の日本版での特集記事がリライト、縮小版で再度登場させていただいています。

家庭画報というラグジュアリーな誌面に草舟が登場というだけでも革命的なことでしたが、
そのグラビアに地下足袋で出た女性は、矢谷さんが初めてです、と編集者の方に言っていただいた、栄誉ある1シーンが、よい記念となりました。

関係者の方々に御礼申し上げます。

xusa
矢谷左知子

+++
昔からさっちゃんの姿、筋が通っていていつもすてきで、そのまま撮影されてますね。
きれいです!
 musi 紀佳

  1. 2019/07/04(木) 16:36:22|
  2. xusaのしごと

海獣の子供と草舟のサンゴくん

aichann.png

友人で、草舟の草講座の常連さんでもある五十嵐大介さんの傑作、
「海獣の子供」が映画化され、現在上映中です。
これは原作者の五十嵐さんも満足の出来、と言われるほどの素晴らしい完成度で、
奥行きのある作画と深い世界観が見事に再現、圧巻でした。
一度観ましたが、また観たいと思わされました。

その本編と同時に、
海獣の子供の世界観の背景深め、探るドキュメンタリー映画「トゥレップー海獣の子供を探して」もオンエアされています。
これには友人の二木あいちゃんも出演していますが、その収録は草舟の庭で行われました。
このドキュメンタリーには、物理学者の佐治晴夫さん、人類学者の中沢新一さん、なども出演、興味深い内容になっています。

そして、
その、あいちゃんの後ろにずっと映っている、うちのサンゴくん、、
意味深で愉快でした。
このサンゴの化石は、実は自分の意思で宮古島からうちまでやってきたのです。
それは、今、私が深く関わっている、宮古島のお馬さんにまで繋がるお話、
その物語はまた。。

ご興味ある方はぜひ映画をご覧くださいね。
エンドロールに草舟 on Earthの文字を発見してください。
(EarthのEが小文字のeになってますが、、)

予告編でも草舟の庭が登場です。

収録風景
ヒナちゃんもそばでお昼寝。。
aicha.png

xusa
矢谷左知子
  1. 2019/07/02(火) 22:08:00|
  2. 草舟 on Earth

夏は手縫いを、下着とズボンとタンクトップ

夏休み、母が入院中に、北側の風がぬけるところで、祖母と縫い物をした思い出。
麦茶の袋でした。
夏は意外に縫い物にいい季節。なぜって、じっとしていても寒くないから。
涼しいところで涼しい布を仕立てて、夏を過ごしよくしましょう。

7月は三カ所で縫い物の会をします。
三点セットつくったら、上から下までぜんぶ自家製ですね。

どこかでお会いできますように。

++
7/7日 新宿朝日カルチャーセンター タンクトップ→
7/21日 青山NHK文化センター 襠ズボン→
7/28日 西荻ていねいに 下着パンツ まだ正式告知がありませんが、時間等は前回と同様です→

musi 石田紀佳
  1. 2019/06/24(月) 14:01:04|
  2. 季節のしごと

草暦の十三ヶ月 五月

umi.png


五月

「海へ おりる」

この頃になると、体は海水を求めてきます。
早くあの中で自由に跳び回りたい。
そう、海中に居る時は、もうアザラシやイルカ。
魚と追いかけっこしたり、ターンしたり、
跳び回るという感覚、
空を飛んでいるような気分、
水の中ということを忘れてしまいます。
地上では、到底できない動きにも夢中、いい歳して小学生の子供並み、
ほんとうに至福の思いです。

xusaの住んでいる山から見た海、
陽の光を受けて、反射とともに、不思議な発光をする水面、
この庭からは、日々移り変わる海が目の前です。

この山から煌く海におりる
これからの季節
その景色を表しました。

xusa
  1. 2019/06/08(土) 14:12:25|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 四月

20190608132923781.jpeg

四月

「渡りの鳥 至りて往く」

4月は5日が二十四節気の清明、
そして七十二侯の「ツバメ至る」

ツバメがまた到来し、あちこちの軒先を飛び回る季節。

そして10日は
「雁かえる」

かわって、冬の間過ごした雁たちが、北へ帰っていく、
そんな、上空を移動しているものたちの、入れ替わりの季節

渡りの鳥たちの旅の無事を、祈ります。
  1. 2019/06/08(土) 13:33:29|
  2. 草暦
次のページ