FC2ブログ

草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

2019草暦 入稿しました

ついに馬暦になるか、とウワサされていましたが、牡馬も登場しつつ、来年も草暦として、やらせていただきます。
緑色ですよ。

絵もことばも凛としています。

10.jpeg 11.jpeg

ご予約受付はしばしお待ちください。
というのは
ただいま、見積もり中でして、製本代値上げのウワサもありますので、価格の変化があるかもです。
なるべく値上げしたくはないので、こちらもハラハラしています。
でも製本の仕事もたいへんなものですから、お互いに妥当な金額になるといいなと思っています。

今週中にこちらでお知らせいたします。


  1. 2018/10/15(月) 22:30:16|
  2. 草暦

柿渋染めとちりとりづくり

夏の終わりに今年も青柿で柿渋仕込みをしました。

10月28日日曜日には、新宿朝日カルチャーセンターで、柿渋染めでちりとりなどをつくります。
こちら詳細です→

RIMG1965.jpg

RIMG0838.jpg

紙のちりとりは、ちょこっとお掃除するのにとっても重宝します。
たいていの自宅にある材料でつくれるところが魅力です。
厚紙や和紙風の包装紙など、とったままにしているものってありませんか。
お持ちでない方にはこちらでご用意します。

ほかにもお手持ちの紙もの、布ものを染めましょう。

ご興味ありましたらぜひいらしてください。

石田紀佳
  1. 2018/10/11(木) 07:22:51|
  2. musiの仕事

草講座 10月後半

IMG_0806.jpg

:::

草舟より10月後半の草講座のご案内です。

台風はいかがでしたか。
ここはそういう日の翌日は、山からどっさりの小枝と葉っぱが降り積もり、埋まってしまいます。

その当日の朝の薫りのかぐわしさといったら。
上等の中国茶のような、
紅茶のファーストフラッシュのような、得も言われぬ妙香が山中からしてきます。
大好きな薫りです。

とはいえ、後片づけには数日かかりますし、
台風の強風で植物がすべて塩害、
鉢植えの半分は枯れてしまいました。
庭の木々もすっかりシオシオです。
グリーンの景色は一変、一気に秋になりました。

さて、10月後半のスケジュールです。

めずらしく何年かぶりで風邪をひき、しばらく使い物にならず、、
ただいま、年に一度の草暦原稿描きの真っ最中のうえ、
八王子でお話し会などもあり、原稿も遅れ遅れ。
スケジュールもすっかりと遅くなってしまいました。

こんな時期ですが、
もしタイミングあうものがありましたら、どうぞお出かけくださいね。
お待ちしています。

:::::


◉草さんぽ 中秋の草をたずねて 10/15

秋の真ん中、草舟周辺の草たちを尋ね歩き、
いただいてみたり、観察してみたりしながら、草との時間を過ごします。 

草のお茶、草菓子をいただきながら、いろいろなお話もいたしましょう。

【日 時】10月15日(火)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】3500円(草茶・草菓子つき)




◉草馬茶会 菊のお節供 10/18 

この日は菊の節供。
旧暦9/9、重陽のお節供の日です。
そんなことも大事にしながら、草と馬に沿いながらお話。
さいごにみなさんとのシェアも楽しみにしています。

【日 時】10月18日(木)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】2500円(草茶・草菓子つき)




◉草籠つくり すぐそばの草から籠をつくる 10/24

わたしたちのすぐそばに生えている草から、小さな草の器、草籠をつくりましょう。

【日 時】10月24日(水)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】4500円(草茶・草菓子つき)




◉草リトリート 秋編 10/27

秋も一段深まったこの季節、
このときならではの季節の妙味に浸りましょう。
この日はひさしぶりに草弁当をお作りし、季節の植物たち、お野菜を味わっていただきます。
完全菜食のお弁当です。
秋の野山の草さんぽ、草仕事、お弁当、草談義、草のおやつ。。
深々と、秋の気配に満ちた一日を。

【日 時】10月27日(土)11:00-16:00頃
【参加費】8000円(草弁当・草茶・草菓子つき) /4名以上の場合は7000円




//////////////////////
お申し込み・お問い合わせ

左のメールフォームより、
もしくは
こちらをご覧ください

*
Facebookページも始めました。
どなたでもご覧になれます。

草舟 on Earth FB
https://www.facebook.com/kusabune/

//////
プライベート草講座も受け付けています。
日程が合わなかったり、お友達やご家族だけの特別な草講座をご希望の方はご相談ください。
矢谷左知子
  1. 2018/10/10(水) 14:18:23|
  2. 草ワークショップ

カフェトーク * 10/7 八王子古本まつり

42742053_1556353254510749_4700539447148544000_n.jpg


10月7日(日)
八王子古本まつりのイベントで、カフェトークをさせていただきます。
お近くの方、ご都合の合う方、どうぞ逢いに来てくださったらうれしいです。


【草や馬が齎(もたら)せてくれるもの】

お話 矢谷左知子

対談 with 坂田昌子さん(虔十の会・国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表)

日時 : 10/7(日) 15:00-18:00
場所 : となりわ 八王子古民家ダイニングカフェ
      〒192-0081 東京都 八王子市横山町 9-10

facebookイベントページ 
https://www.facebook.com/events/717599721924026/
  1. 2018/10/02(火) 13:25:54|
  2. イベント

野原、佐藤健司さんの「こころのひ」に参加された方へ

8月の末にこころの日に参加された方で、小さなスケッチブックと筆記用具をお忘れの方がいます。
みなさんのアドレスなど連絡先がわからないので、こちらでお知らせします。
石田紀佳までご連絡ください。
lamudaのあとにアットマークya2.so-net.ne.jp
のあとにアットマークを@にかえてください。
あるいは03-3485-2464に電話くださいね。

10/4日と13日には、小さな会をしますので、そのときにタイミングあえばいらしていただいても、とも思っています。
郵送もしますのでご連絡ください。


石田紀佳
  1. 2018/09/29(土) 19:47:20|
  2. 季節の行事

草茶会

IMG_0827.jpg

草茶会 9/27  ーご参加受付中ー

時折ひらく草茶会
そのときどきのおはなし
なるがままの進行
おいしい草菓子と草のお茶

みなさまのお話しも聞かせてください。


//////////////////////
お申し込み・お問い合わせ

*要ご予約 お申し込みはメールにてお願いいたします。
 xusa93hina☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
こちらもご覧ください
  1. 2018/09/25(火) 14:40:27|
  2. 草ワークショップ

馬のおはなし *「なまえのない新聞」

去年からxusaはお馬のことが突然に始まりました。
宮古島のお馬さんが降ってきたのです。
当初は思ってもみなかったことですが、今ではお馬なしの日々は考えられないほど、
この一年半、馬たちから、膨大なものをインストールしてもらった感に満たされ、
離れていても心はいつも、その至福感で息が詰まるほど、そんなです。
草講座も、今は半分はお馬の話になっています。

そんななか、
少しずつ、馬の活動が外へも拡がっていくようになりました。

そのひとつ、
30年前の1988年、八ケ岳のいのちの祭りで知り合った、
「なまえのない新聞」を発行しているあぱっちから、十数年ぶりに連絡あり、連載が始まることになりました。
もちろん馬のことを書きます。草も。海も。

みんな同じということがわかったからです。

この88いのちの祭りで、そもそもxusaとmusiは出逢っているんです。
当時は顔見知りくらいでした。
30年経って、今こんなふうにしているとはね。。

xusa

なまえのない新聞
  1. 2018/09/20(木) 09:42:18|
  2. 動物

草の箒(ほうき)


◉草の箒(ほうき)をつくる 9/21   
_____________
  ご参加受付中

IMG_0820.jpg

29.jpg


山茅、ススキから小さな箒を作ってみましょう。
植物が道具に生まれ変わる、ただそれだけのことが、こんなに楽しいのはどういうことでしょう。

【日 時】 9月21日(金)
      13:30-16:00
【参加費】 4500円 (草茶・草菓子つき)


//////////////////////
お申し込み・お問い合わせ

こちらをご覧ください
  1. 2018/09/17(月) 21:31:07|
  2. 草ワークショップ

草の籠をつくる日

40526693_2201240226779180_3070632352255311872_n.jpg


◉草の籠(かご)草の器をつくる 9/14  お申し込み受付中
___________________


身近に生えている雑草と言われる草から、小さな草の籠を作りましょう。
手の中で形になっていく草とのやりとりに、しだいに夢中になっていくことでしょう。
みんなから疎まれていた草たちも、実は人を助けてくれる存在なのですね。

矢谷左知子

【日 時】  9月14日(金)  13:30-16:00頃
【参加費】 4500円 (草茶・草菓子つき)

お申し込みは
xusa93hina*gmail.com
(*を@に変えてください)
まで

こちらもご覧ください。
  1. 2018/09/07(金) 22:16:13|
  2. 草ワークショップ

草茶会 【馬談義と音楽】 ゲスト ささたくや 9/9

9/9の草茶会は急きょ、友人のささたくやくんがゲストで来舟します。
馬のお話会と、彼の演奏(ホーメー 馬頭琴イギル)
どうぞお楽しみに*(要予約 定員あり)
メールにてお申し込みください。
ご予約の方にアクセスをお送りします。

:::

今回は大切な友人である、ささたくやさんをお迎えします。
大学卒業後に、一年間中米を馬で旅したタクヤさん、
先月末に三ヶ月間音楽の勉強に行ってた中央アジアのTUVA共和国から帰ってきたばかり。
ホットな遊牧民文化の中での日々の空気を携えての、二人の馬話と、宮古馬の映像、タクヤさんの演奏、
そのあとティタイムを取りながら、馬次元のシェアをしましょう。
私は宮古馬のお話をさせていただきます。

矢谷左知子

::::::::::::

19021549_1346128388816557_1697277577_n.jpg

馬談義と音楽 
草茶会 草と馬のおはなしと演奏  
___________
ゲスト ささたくや
お話  矢谷左知子


馬世界のおはなし        
ホーメー 馬頭琴(イギル) 演奏  
お茶やお菓子をいただきながら、馬次元のお話をしましょう
宮古馬のお話もします。

【日 時】9月9日(日) 13:30−16:00頃(要予約)
【場 所】草舟 on Earth
【参加費】ドネーション 
     *草茶と草菓子set  別途500円(ご希望の方)

お申し込みはこちらから


*沖縄宮古島に生きる宮古馬は絶滅を危惧されながら、大変厳しい状況にあります。
 これからの宮古馬のために何ができるのか、探りながら、宮古馬のFBページを運営しています。
 こちらもぜひご覧ください。 (矢谷)

 「ミャークヌーマ宮古馬の会」

IMG_E0159 (1)
  1. 2018/09/05(水) 21:36:36|
  2. 草ワークショップ

9月の草講座スケジュール

IMG_E1153 (1)


草講座 9月

夏の終わり
毎年のことながら、いきなりの涼しさと虫の音に、ひっそりなりながら、
過ぎ去りし海での時間を懐かしみます。

今年の夏はこれまでで一番潜りました。
重力から解放された、海中での浮遊の時空
静謐な青世界、うねりの中の無抵抗感
身体と心が空っぽになり
そしてその後、胸いっぱいの歓びとなる
これは
草との作業と同じです。

炎天下、日焼け止めも塗らず、人混みも厭わず
賑やかな浜辺を抜けて
ひそやかな海中へ
一人 海に溶ける
この開放感

若い時はむしろ夏が好きではなかったのに
人生も後半になって、素潜りに夢中
自分が一番驚いていますが、なんて素敵!
って全てに感謝です。

さて、最後の日まで海の中にいたので、今月もスケジュールが遅くなってしまいました。

9月はいよいよ草暦の原稿描きの日々ということもあり
8月に引き続き、午後からのクラスになります。
一日、草リトリートの時だけ、午前中からで、お昼は名月のお弁当にしようと思います。
草弁当は10月から再開致します。

季節の終わりを迎えていく草たちに、また逢いに来てくださいね。


9月の草講座

草茶会      9/9.16.27
草の籠つくり  9/14
草の箒つくり  9/21
草リトリート   9/24




◉草茶会  草と海と馬のお話  9/9. 16. 27.
_______________________

IMG_1189.jpg


長いあいだ形となっていった草次元は海と馬に繋がっていました。
今は去年から突然のこと、始まった馬との時空にいます。
草も馬もその先は同じ、それは海も。
そう感じるようになりました。
この日は秋の午後、しっとりとそんなお話を
お茶や手づくりのお菓子をいただきながら、
みなさんのお話も伺いながら、
草と海と馬の世界の深いお話などいたしましょう。

【日 時】 9月9日(日) / 16日(日) / 27日(木)
      13:30-16:00
【参加費】 2500円 (草茶・草菓子つき)




◉草の籠(かご)草の器をつくる 9/14
________________


40526693_2201240226779180_3070632352255311872_n.jpg


身近に生えている雑草と言われる草から、小さな草の籠を作りましょう。
手の中で形になっていく草とのやりとりに、しだいに夢中になっていくことでしょう。
みんなから疎まれていた草たちも、実は人を助けてくれる存在なのですね。

【日 時】 9月14日(金)
      13:30-16:00
【参加費】 4500円 (草茶・草菓子つき)




◉草の箒(ほうき)をつくる 9/21
_____________


29.jpg


山茅、ススキから小さな箒を作ってみましょう。
植物が道具に生まれ変わる、ただそれだけのことが、こんなに楽しいのはどういうことでしょう。

【日 時】 9月21日(金)
      13:30-16:00
【参加費】 4500円 (草茶・草菓子つき)




◉草リトリート 9/24 中秋の名月
______________


IMG_0101.jpg


中秋の名月は旧暦8月15日。2018年はこの日9月24日で満月は翌日の25日。
満月と重ならないこともよくあります。
この日はいつもの草仕事とは違う時間の中で、
月を感じながら、お月見団子もいただきましょう。
お弁当も、月を想いお作りします。
森の散歩、海辺の散歩、草舟の庭、自然世界との交感、
その日のお天気次第、アドリブの流れで、
外でピクニックしたり、草舟時空に篭って深く作業したり、お話ししたり、
そんな一日です。

【日 時】 9月24日(月・祝)
      10:30-16:00
【参加費】 8000円(3名の場合)6000円(4名以上の場合) (お月見弁当・草菓子つき)


//////////////////////
お申し込み・お問い合わせ

こちらをご覧ください

xusa
矢谷左知子
  1. 2018/09/03(月) 12:32:46|
  2. 草ワークショップ

原点へ

一色海岸、暦うちあわせは、多少波が高かったもの、無事に空間共有できて、
その後は草舟に会場をうつし、ゆったりと、とっても久しぶりにxusamusiは時をすごせました。

未来へむかっていて、過去とは違うことをしているし、
新しいことがはじまりそうなのに
なぜか
原点へ、ということばが今、浮かんでいます。

まあ、暦がまた手書きになることはないとは思うのですが。。。

なんでしょう。

草とであい
海とであい
馬とであった人が、
岩の上で目を閉じて、息をしずかにおおきく、たしかに吐き、吸いしていた姿が今も目にやきついている。

musiがかつて、矢谷左知子の紹介文に、「ミューズのよう」と書いたら
「それは書き過ぎよ」といって、やむおえず削除したのですが、
わたしにはそういう面が、感じられるんだな。

やっぱりそうだったな、と今たしかにいえるし、
その理由もわかってきたような。

30年前には予感とだけあったのか。

さっちゃんは草や海や馬にあって
わたしは、さっちゃんにあったんだ。


musi

::

ありがとう
のりちゃん

2019草暦会議

やっとこさ、葉山の海で

xusaはほとんど海底に潜ってて

musiは上でぷかぷか浮いて

時々岩の上で甲羅干ししながら

沖から陸を眺めながら

波間で会議

14年目の草暦

はじまるね、原点への旅
  1. 2018/08/21(火) 20:34:19|
  2. 草暦

2019年草暦下書き

今年はあつくってあつくって、なかなか細かい作業ができずに、暦の下書きがのびのびになっています。
例年なら、夏前に下書きをつくって、海で暦会議なのですが。。。

しかし今日、立秋の日は多いにはかどりました。
来年のことをしるしながら、これまでの矢谷左知子の文字の美しさにほれぼれしています。
さっちゃんの字は、背筋がすーっととおっていて、中心があって、かろやかなのに、ちゃんと地についている。
まさにさっちゃんそのものです。

来年はどんな世界をみせてくれるのかしら。

musi のり
2018年版の誤字訂正とお詫び
9/18日の七十二候 つばめ至るとなっているのは、つばめ去る、の間違いでした。
申し訳ありません。
育ったつばめたちは南へと旅立ちます。
代々木上原の駅でもつばめが育って、父さんつばめが夜も番をしています。
  1. 2018/08/07(火) 20:57:45|
  2. 草暦

夏草の籠  草籠を編む WS  

夏草かご


【 夏草のかご・草籠を編む 】 8/11 or 27   ー受付中ー
______________________

周りに生えてくれている名も知らぬ雑草は、みな、人の役に立とうとしています。
草は次の形として、その命を写し替えす。
そんな草との共同作業、
小さな草籠(かご)を造りましょう。
無心になれる手仕事の時間です。

【日 時】8/11(土)or 8/27(月)13:30-16:00くらい
【参加費】4500円(草茶・草菓子付き)


<< お申し込み >>

xusa93hina*gmail.com(*を@に変えてください)
矢谷左知子宛
お名前/お電話番号 ご記載の上、お申し込みください

*場所は葉山御用邸より南に少し下がったエリア
 お申し込みの方にご案内いたします。

*海の目の前の森の中、虫の多いワイルドな場所です。
 虫が苦手な方、ご注意ください。

*猫がいます。アレルギーの方はご相談くださいね。

xusa
矢谷左知子
  1. 2018/08/04(土) 22:32:55|
  2. 草ワークショップ

真夏の草講座 スケジュール

<真夏の草講座スケジュール ご案内>

38433466_2032438673435243_8334788795605975040_n.jpg

IMG_1133 (1)


暑い夏ですが
草舟には心地よい風が吹いています。
夏草に囲まれ、
この小さな時空の穴を通り抜けて、
普段の暮らしを変換する時間、
峯山の麓
海を望む小宇宙
緑の滴るこの庭での
夏のひとときを愉しく。
海風の中
お待ちしています。
__________________

【草海講座ー海と溶ける】8/8 
【草籠編み】      8/11 / 27 
【草茶会 草トーク】  8/17 / 29
【草リトリート】    8/21
__________________


【草海講座ー海と溶ける】  8/8 

草から海、その根源を体感する、
他に類を見ない、素潜り講座です。
あと2名ご参加できます。

【日 時】8/8(水)9:00-13:00くらい
【参加費】8500円

__
__


【夏草の籠・草籠編みの日】      8/11 or 27 

周りに生えてくれている名も知らぬ雑草は、みな、人の役に立とうとしています。
草は次の形として、その命を写し替えす。
そんな草と共同作業、小さな草籠(かご)を造りましょう。
無心になれる手仕事の時間です。

【日 時】8/11(土)or 8/27(月)13:30-16:00くらい
【参加費】4500円(草茶・草菓子付き)

__
__


【草茶会・草トーク】  8/17 ・29

草トーク
with
草tea+草sweets
・・・・・・・・

【日 時】8/17(金)or 8/29(水)13:30-16:00くらい
【参加費】2500円(草茶・草菓子付き)

夏休み登校日(?)ならぬ、登舟日(?)
初めての方も、
お久しぶりの方も
いつもの方も、
草舟の庭の草たちに見守られ
お茶やお菓子をいただきながら
みんなでトークしませんか。
これまで
草や海や馬のお話を聞いてくださって、
ここが聞いてみたい、
もっと話したい、
この話をしたい、
黙ってお話だけ聞いていたい、、
そんな時間を持ちたいな、と思いました。
そのあとお時間ある方は葉山の素敵な海の家、Blue Moonでお茶したり、泳いだり、
のんびりしましょ。

__
__


【草リトリート】    8/21 11:00-16:00くらい

いつもの草講座と趣を変え、
この日一日、時間を外し、心身を組み替える体験へ誘います。
草・海・馬世界のおはなし
草との交感 庭の草との対話
水との交換 湧き水汲み、川や海へ
気が向けば草しごと
草トーク。。
最後はビーチの心地よいお店で、海風に吹かれてお茶でも。
夏の一日を海と山に囲まれた草舟で

【日 時】8/21(火)11:00-16:00くらい
【参加費】8000円(草弁当・草茶・草菓子付き)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<< お申し込み >>

お名前・ご希望講座 日程・お電話番号をご記入の上、
下記アドレスまでメールにてお申し込みください
xusa93hina*gmail.com
(*を@に変えてください)


草舟の場所は、
神奈川県葉山御用邸から南に少し下がったエリアです。
横須賀線逗子駅からバスで20分ほど。
お申し込みの方にご案内致します。


草木に囲まれた、普通に虫がたくさんいる場所です。
猫もいます。ほとんどお出かけで、日中家には居ないのですが。
虫や猫が苦手な方はご注意くださいね。


矢谷左知子


  1. 2018/08/02(木) 22:35:58|
  2. 草ワークショップ

草から海へー草講座<海編> =参加受付中=

12063628_1028593973847290_1393207590629548826_n.jpg

37943203_2210097699030239_5842175018947051520_n.jpg

草から海へー草講座<海編> =参加受付中 受付終了

なぜ、草講座で素潜り講座をするのか・・深い理由があります。
そこがこの講座のポイントですが、理由付けを置いといても純粋に、身一つで潜るという魅力に勝るものはありません。
その体験は、新しい次元を開くものであり、それを一人でも多くの人と共有できたらと思います。


草と海 ◎真夏の特別草講座◎8/8

※素潜りの初心者の方や、これから始めたい方が対象の講座になります※

「海と溶ける」
________

素潜り講座@草講座は2015年の夏から始まりました。
草仕事で感応していく、自然界との深いコンタクトと、海に身体ひとつで潜ったときにわかる感覚の同質さ、
草世界と海との根源的な類似性に感銘を受け、草講座のなかでやることとなりました。
この惑星の七割の海という別次元を知っていただきたく、陸の草から繋がる海世界の入り口のご案内です。
そこにずっと存在していた、地上では計り知れない深淵なもうひとつの世界があること、
一人一人がそこを深く感じ繋がることで、地上のさまざまな問題は自ずから解決していく(心も身体も’国際問題’も!)のでは、と体感したほどです。

当日は朝の座学から始まり、呼吸法の実際など習得してから海に入ります。
初心者クラスですので、潜ったことのない人も大歓迎です。
フリーダイビングの日本代表選手でもある友人の武藤由紀さんが先生です。

世界のもう半分、海という世界に分け入っていきましょう。

矢谷左知子


【日時】8月8日(水)9:00−13:30ころ
【場所】草舟 on Earth and 海(葉山・芝崎)
【参加費】8000円 + スポーツ安全保険500円
【対象者】素潜り初心者(足のつかないところでも泳げる人対象)


///// お申し込み ///////////////////////
左のメールフォームより、
または
xusa93hina*gmail.com(*を@に変えてください)
お名前/お電話番号 ご記載の上、お申し込みください。


<講師・武藤由紀さんから>
逗子・葉山に在住の皆様が、意外に海の中を知らない、潜らないのは勿体ない!
新しい世界との出会いを体験いただき、葉山スキンダイバーのネットワークを作りたい。
素潜り初心者歓迎です!

*************
<スケジュール>
9:00-10:00  座学@草舟
10:00-10:30  ストレッチ&呼吸法
10:30-11:00  着替え&移動
11:00-13:00 素潜り@葉山(一色または芝崎)

<必要な器材>
ー器材が揃わない方は各500円(ウエットスーツは1000円)にてレンタル可能です。
(ウェットスーツが無い方はご相談ください。水温23-24℃ですのでラッシュでは少し寒く、保温のために必須です)

◎必須
 □マスク&スノーケル
 □フィン
 □ウェットスーツ3mm
◎出来れば
 □グローブ
  □マリンブーツ・ソックス
  □ウェイトベルト
  □ウェイト一人1-2kg

【講師プロフィール】
武藤 由紀(むとう ゆき)
フリーダイバー
  1. 2018/07/29(日) 21:16:41|
  2. 草ワークショップ

「ミドリノ草花の恵み 晩夏の肌をいたわる石けんとアロエエキス」

コールドプロセスの石けんに、世田谷ものづくり学校のお庭でとれる季節の草花を添える会。
四季折々の草花との出会い、石けんという美しくも不思議なもの、これらを通じて、自然のなりたちを学びましょう。


++++++

アロエ石けん


今回は日焼けのケアに最適なアロエと、抗菌効果も期待できる笹の葉を入れた石けんの二種類をつくります。
オイルの配合は、オリーブオイル76%、パームオイル16%、ココナッツオイル8%を予定しています。

当日、キダチアロエエキスもつくります(石けんに加えるものはあらかじめご用意します)。
パッチテストが必要ですが、あう方だと、火傷切り傷があっというまになおったりします。
笹の葉はお茶にして飲みましょう。


アロエが肌に合わない方はよりマイルドな笹の葉エキス入り石けんだけをお持ち帰りいただけます。



案内役 伊奈啓子(ソーパー)、石田紀佳(手仕事研究、フラワーレメディプラクティショナー)


伊奈さんのプロフィールです。
***
一般的に販売されているペット用品の原材料に疑問を持ち、犬にも人にも優しい手作り石けんを作り始めて10年。
犬にも安心して使える石けんは、人が使ってもとても安心。
愛犬のために作り始めた石けんが、自分用にどんどん進化中。
シンプルに洗うことが一番気持がよいことを実感できる石けん作りを心がけています。
普段はIID事務局に勤務。
お庭の季節ごとの草木を生かして石けんに取り入れていきます。

****

日時:2018年07月21日 土曜日14:00~16:30ごろ
参加費:3800円

持ち物 :ビニル手袋 マスク お持ちの方は眼鏡かゴーグル アロエエキス用小瓶(50cc容量程度)


定員: 5名
お申し込みお問い合わせ keiko_ina17@yahoo.co.jp

世田谷ものづくり学校の場所などの詳細はこちらから→

  1. 2018/07/17(火) 16:40:45|
  2. 季節のしごと

【草リトリート】 夏編

37105294_2000684399944004_3101114589853515776_n2.jpg

緑光が室内に照り映える

緑緑、、に溢れた小宇宙

下界と離れた草舟の森に浸り
訪ね来る、新しい時空間に身を沿わせる

この日はアドリブで、時間を外し

森へ、
海へ、
草舟にて
たゆたいましょう。

静かな時間
自然の中の時間(森/海/川)
気が向けば草しごと

草弁当(完全菜食ヴィーガン・庭の草を生かしたお献立)
草のお菓子
草のお茶
お昼とおやつ付き

35297241_2080388112223628_6012512429768966144_n (1) IMG_1088.jpg

【日 時】7月18日(水)/ 7月30日(月)/ 8月21日(火) のお好きな日*8月日程を21日に変更致しました
      10:30−16:00くらい
【受講料】8000円 草弁当・草菓子込
【  処 】草舟 on Earth
*神奈川県葉山御用邸のすこし南


IMG_1065.jpg IMG_1062.jpg

<< お申し込み >>

xusa93hina*gmail.com(*を@に変えてください)
矢谷まで
お名前、お電話番号、記載の上、お申し込みください。

xusa
  1. 2018/07/15(日) 21:12:53|
  2. 草ワークショップ

野生の苧麻から繊維をいただく*草の手仕事WS

IMG_E1052.jpg

【野生の苧麻から繊維をとる】 WS

すぐそばの野生の草から繊維を作ります。
採取から糸にするまで、
草が身体を駆け抜ける

去年の参加者の方からは、忍者修行と言われました。笑
光栄です。
身体の使い方、草地へ入らせてもらう心得、
そこからのご指導です。。笑

栽培されたものにはない、本来が立ち現れる
草の底力
美しさ、、


【日 時】  7月13日 10:30−15:00頃
【受講料】  限定3名 9000円(草弁当は+1000円)


*お申し込みは
こちらのアドレスまで
xusa_s*yahoo.co.jp(*を@に変えてください)


開催場所は神奈川県葉山近辺です。
  1. 2018/07/09(月) 19:18:00|
  2. 草ワークショップ

アロエと笹の葉エキス入りマルセイユ石けん

IMG_7681.jpg

世田谷ものづくり学校で、ソーパーの伊奈啓子さんと「石けんづくり」のワークショップを季節ごとにいたします。
わたしは草花のエッセンス案内役です。
コールドプロセスの石けんに、世田谷ものづくり学校の庭でとれる季節の草花を添えます。

++++
7/21日土曜日 14:00〜16:30(その後、お時間のある方は庭仕事もしましょう)

今回は日焼けのケアに最適なアロエと、抗菌効果も期待できる笹の葉を入れた石けんの二種類をつくります。
オイルの配合は、オリーブオイル76%、パームオイル16%、ココナッツオイル8%を予定しています。

当日、石けんをつくるかたわらでキダチアロエエキスもつくります(石けんに加えるものはあらかじめご用意します)。
パッチテストが必要ですが、あう方だと、火傷切り傷があっというまになおったりします。

笹の葉はお茶にして飲みましょう。

アロエが肌に合わない方はよりマイルドな笹の葉エキス入り石けんだけをお持ち帰りいただけます。

場 所: IID 世田谷ものづくり学校内 108号室
世田谷区池尻 2-4-5 (最寄り駅:東急田園都市線「池尻大橋」駅下車:徒歩約10分 / 東急田園都市線/東急世田谷線「三軒茶屋」駅下車:徒歩約15分)
日 時:7月21日(土) 14:00~16:30ぐらい
定 員:5名
持ち物:マスク、ゴム手袋、あれば眼鏡やゴーグル、石けん持ち帰り用500cc紙パック、アロエエキスもちかえり容器(50cc程度の瓶)など
参加費:3800円(内10%を世田谷区の緑化基金へ)

お申し込み、詳細はこちらからご覧下さい→
  1. 2018/07/01(日) 21:05:27|
  2. 季節のしごと
次のページ