FC2ブログ

草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

草暦の十三ヶ月 二月

仔馬の耳

二月


xusaは、2017年から突如のごとくに、馬のことが始まりました。
沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬。
その存続がかかった問題が次々と起こり、
なぜか私がそこに投げ込まれ、
この二年、必死で、お馬のことだけをしてきたようなことでした。

おかげさまで、去年末、ことが大きく動き、
多少は改善が始まっています。

依然、根本の問題は根強いです。

でも、もうそこは軽々と飛び越えて、先に進みたい、と想っています。

この二年の、これまで考えたこともなかった、お馬との日々のなかで、
彼らの群れに受け入れてもらうようになってからというもの、
馬たちのあまりの素晴らしさに今では魂の底から馬たちと同化し、
離れていても私も群れの一員として、いつも彼らを想い、
いまでは家族のような存在になっています。

そのように馬に心を向けてみる時、
馬の付く慣用句の、いかに馬を馬鹿(これもです)にしたものが多いかということに気がつきます。

馬と接する時、その崇高さにはいつも胸が一杯になるのですが、慣用句はそれと真逆、どれもひどいものばかり。

「馬耳東風」もそのひとつ
。東風は春風の意で、春になって心地よい風が吹いていても、馬は耳をなでる春風に何も感じないだろう、ということから、
他人の意見も心に留めない、という意味に使われます。
とんでもないこと、馬たちも、他の生き物たちも、人間以上にデリケートな感覚を持っていて、
風が運ぶ情報なんて、人には及ぶべくもなく察知し、読み解いているでしょう。
そこで、これからは、人の、馬たちへの負の表現を転じるべく、新しい馬の慣用句を作っていこうと思っています。

その第一作目としては、
馬耳東風を言い換えた言葉をつくってみました。

「春風 仔馬の耳に あそぶ」

xusa

IMG_1577.jpg
  1. 2019/02/20(水) 13:24:20|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 一月

xusaです。
あっという間に2月もなかば。
今年は、草暦の絵と言葉を月々に解説をさせていただこう!とおもいつつ、もう2ヶ月過ぎてしまいました。
musiさんと14年間つくり続けてきた草暦、
デザインや絵や、言葉、は私の想うように、好きなように、させてくれて、受け入れてくれてるmusiさんにはただ、感謝です。
今回は1月と2月の草暦、せっかくなので、ひとつずつ、続けてのご紹介にしますね。まずは1月。

IMG_1576.jpg

一月


キジの鳴き声を知っていますか。

1月15日、七十二候の
「雉始めて鳴く」

なかなか形容しがたい声ですが、例えていえば、錆びた自転車のブレーキのよう。。
その声が一声、山を劈(つんざ)きます。

私の家は、海の目の前の山の中腹にあります。
山のすそ野がそのまま海に入り込んでいるという地形なので、海沿いなのに、山の気配の中、
庭には、この時季、リス、コジュケイ、キジたち、森の仲間が遊びにきます。

キジは意外や、近づいても逃げることなく、しばし庭の畑でなにやらゴソゴソしたり、お散歩してひととき穏やかに楽しんで、また薮に消えていきます。

しばらくして山のほうから、ひと声、、

実は大好きな鳴き声、
その声を聴くと、なにかが破れる、なにかがひらく、

そこで、
「雉鳴き 山のひらく」
としてみました。

xusa

  1. 2019/02/20(水) 13:20:10|
  2. 草暦

草虫の、草暦とミャークヌーマのおはなし会 2月8日 草舟にて 延期となりました

都合により延期となりました。
お申し込みいただきました方、たいへん申しわけありません。
3/2日土曜日に行います。


お問いあわせくださいましたKさま、石田からメールお送りいたしましたが、わたしの PCメールがはじかれることがありますので、こちらに載せさせていただきます。
ご連絡ありがとうございます。

::::

草虫の草暦とミャークヌーマのおはなし会

草舟で行います。

2/8日金曜日 東風凍を解く
13:30-16:00
3.500円(味噌汁つき 杉桶三年味噌)

草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
ただいま宮古におります。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
東風凍を解くの候に分かち合えたらと願います。

お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。
  1. 2019/01/25(金) 20:42:38|
  2. 草暦

2019草暦お取り扱いのお店

2019年草暦を置いてくださっているお店です。お近くの方はお問い合わせください。
アップデイトできていないお店もあります、後日書きますのでお許しください。

○神奈川県

 Beach Muffin(美味しくて心もあたたかオーガニック・ヴィーガン・カフェ・食材)
 逗子市桜山8-3-22
 http://www.beachmuffin.net/Beach_Muffin/home.html

 Life tree(オーガニック衣料・下着・小物) 
 葉山町堀内858
 046-875-6927
 http://lifeafa.jp/

 Kasper カスパール(すてきな本屋さん)
 葉山町一色1462-5
 046-874-7031
 http://www.kasper.jp 

 やまねこ(食事・お酒・ハワイバッグ)
 葉山町一色1985
 046-803-0058

 草舟 on Earth
 秋谷5430
 http://kusabune.blog.fc2.com/

 chahat(逗子店)(雑貨・ギャラリー)
 逗子市桜山3-1-5
 046-870-3127
 http://www.chahat27.com/

 東慶寺(松岡宝蔵にて販売)
 鎌倉市山ノ内1367
 0467-22-1663

 chahat(鎌倉店)(雑貨)
 鎌倉市御成町13-31
 0467-61-2272

 亀時間(ゲストハウス・素泊まり)
 鎌倉市材木座3-17-21
 0467-25-1166
 http://kamejikan.com/

 fabric camp(素敵な布や服)
 鎌倉市雪ノ下 1-16-23
 0467-24-9000
 info@fabric-camp.jp

 喫茶ミンカ 
 鎌倉市山の内377-2
 0467-50-0221

 てぬぐいカフェ一花屋 
 鎌倉市坂ノ下18-5 
 0467-24-9232

 pas a pas(パザパ  イヌ・ネコ・ヒト)
 藤沢市鵠沼藤が谷3-4-22
 0466-54-9692
 http://www.pas-a-pas-inuneco.com/info/


○東京都

 真木テキスタイルスタジオ 竹林shop  *折りあり
 あきる野市留原704 042-595-1534
 http://www.itoito.jp

 ナワ・プラサード書店(本屋)
 杉並区西荻南3-15-3 03-3332-1187
 http://www.nabra.co.jp/hobbit/hobbit_mura.htm#map

 Art+stellas 器物家 アステラスどうぐや
 杉並区荻窪 4-25-9 03-3393-4448

 メイド・イン・アース 自由が丘店  
 東京都世田谷区奥沢 7-3-10 03-5758-6639

 メイド・イン・アース 吉祥寺店
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 0422-27-5586

 かぐれ 表参道店
 150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-12 MICO神宮前
 TEL&FAX:03-5414-5737
 www.kagure.jp

○静岡県

 Panchavati
 靜岡市葵区鷹匠3-1-13-201
 Tel 054/273-5515


○山梨県

 ナノリウム
 富士吉田市上吉田4583-6
 0555-24-2938


○長野県

 ぎゃるり灰月
 松本市中央2-2-6
 0263-38-0022


○石川県

 こびり
 能美市寺井町ウ18 0761-48-4345


○岐阜県

 マーマーなブックス アンド ソックス
  〒501-3725 岐阜県美濃市俵町2118-19
 http://murmur-books-socks.com/
  TEL:0575-46-7091 / FAX:0575-46-7093


○愛知県

 ひだまり
 額田郡幸田町菱池字池端88
 0564-62-2840


○三重県

 kiwi(絵本とこども道具)
 亀山市安坂山町1191-18
 0595853882
 http://ehon-kiwi.cocolog-nifty.com/blog/

 つじ屋
 多気郡多気町古江1282
 0598-49-4667
 

○京都府

 恵文社
 左京区一乗寺払殿町10 T/F 075-706-2868
 http://www.keibunsha-books.com/

○奈良県

 ミルツルMilleturu
 639-1160 奈良県大和郡山市北郡山町130-3
 0743-52-4420

○大阪府

 コマカフェ
 579-8013 大阪府東大阪市西石切町1-10-3
 tel&fax : 072-987-2457

○広島

 ジョンブリアン  *折りあり
 中区上幟町 3-7
 082-211-2188

○岡山

 スロウな本屋
 岡山市北区南方2−9−7
 086−207−2182 
 https://slowbooks.securesite.jp/shop/


○山口県

 ロバの本屋
 長門市俵山6994 電話、FAX 0837-29-0377


○高知県

 まぁ坊豆腐店
 高知県四万十市中村大橋通6丁目6-25


○徳島県

 ひだまりむすひ
 徳島県美馬市脇町字東俣名1042


○香川県

 灯りと雑貨のお店touca(灯火) *折りあり
 香川県高松市塩上町3丁目16-9 1F
 


○愛媛県

 まんがら農園
 愛媛県西条市安用甲1069−1
 0898-66-3279


○北海道

 器と雑貨 asa 
 札幌市中央区大通西8丁目2-39
 北大通ビル11F
 011-206-6975
 http://utsuwa-asa11f.jugem.jp


○青森県

 ハッシャゲニア
 三戸郡南部町福田間の原5-1
 0178-84-2520


○岩手県

 ひめくり *折りあり
 020-0885 盛岡市紺屋町4-8
 電話&FAX 019-681-7475


○宮城県

 ギャラリー蒼
 仙台市青葉区中央1-8-31
 022-221-2064


○大分県

 宿「艸月」
 由布市湯布院町川上2503-2
 info@sougetsu.jp


○鹿児島県

 Hou.Co.Co
 〒890-0052 鹿児島市上之園町16-7
 TEL 099-221-7555
 http://houcoco.blog113.fc2.com/


○沖縄県

 chahatオキナワ
 沖縄県南城市知念字志喜屋466
 098-917-5058
 http://www.chahat27.com/

 荷川取牧場
(宮古馬の牧場)
 宮古島市平良下里2602-2


 
  1. 2019/01/06(日) 13:32:06|
  2. 草暦

12/6日から12/10日まで発送お休みします 石田分

矢谷左知子もお馬さんのことで、遅れ気味のようですが、旧暦仕様でやっておりますので、ご安心くださいね。

石田は12/6日〜10日まではメールの返信なども滞りますが、
11日からはお送りできますので、お待ちください。
12/8日〜10日は代々木上原ハコギャラリーのえみおわす展にて、
野生料理を出しながら、草暦も販売いたします。
鹿肉とビーガンプレートのふたつからお選びいただきます。

DSCN0438.jpg

遊びにいらしてくださいね。
  1. 2018/12/03(月) 15:55:27|
  2. 草暦

2019草暦 できあがり!!

印刷製本していただき、ただいま紐付けなどしてお送り準備中です。

DSCN0329.jpg

DSCN0333.jpg

DSCN0322.jpg

矢谷左知子の文字が今年はいつもにましてりりしく、なんだか堂々としているように感じます。
各月の言葉はいさぎよく。。。。
絵はやさしくやわらか。みなさんの印象はどうでしょうか。


2019年1月〜2020年の1月(いわゆる旧暦元旦)までのカレンダー

サイズ 96mm X 210mm
色   渋めの緑
紙質  楮とマニラ麻とパルプ(比率は企業秘密とのこと)


つり下げ仕様  1部 1250円
        5部以上 1050円/部
        10部以上 950円/部
        30部以上 750円/部

折り本仕様   1部 1550円(自分で折る方は1300円)
        10部以上 1250円/部(自分で折る方は1000円)
        ※折りについては10部以上割り引きはありません。


ご注文承ります。

矢谷左知子 xusa93hinaアット驚くgmail.com
石田紀佳  lamudaアット驚くya2.so-net.ne.jp 電話03-3485-2464 ファックス03-3468-4014
 ※石田より送付分は終了しました。
いずれも、アット驚く、を@に変えてくださいね。

◉メールのタイトルに「2019草暦注文」としていただけると助かります。

◉「草木と手仕事」「魔女入門 暮らしを楽しくする七二候の手仕事」「藍から青へ 自然の産物と手工芸」の石田紀佳著の書籍は、暦といっしょにお送りすることができます。(石田からのご送付となります)
暦は終わりましたが、本だけならお送りできます。

  1. 2018/11/07(水) 14:20:04|
  2. 草暦

2019草暦の価格について

いつも草暦をお使いいただいているみなさま
また、あたらしく使ってくださるみなさま

2019年版の価格が決まりました。
製本代等の値上げがあり、下記のようにさせていただきます。
従来よりも50円の高くなりましたが、お手にとっていただけるとわたしたちもたいへんにうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。



つり下げ仕様  1部 1250円
        5部以上 1050円/部
        10部以上 950円/部
        30部以上 750円/部

折り本仕様   1部 1550円(自分で折る方は1300円)
        10部以上 1250円/部(自分で折る方は1000円)
        ※折りについては10部以上割り引きはありません。


順調にいけば、11月初旬には出来上がりの予定です。

ご予約承ります。

矢谷左知子 xusa93hinaアット驚くgmail.com
石田紀佳  lamudaアット驚くya2.so-net.ne.jp 電話03-3485-2464 ファックス03-3468-4014

いずれもアット驚くを@に変えてくださいね。

+++
12月6日から11日のえみおわす展(代々木上原はこギャラリー)で草暦をおきます。
石田は8.9.10と野生ご飯を出します。
葉山周辺でおくところは、去年の取り扱い店を見て下さいね。
  1. 2018/10/20(土) 16:18:28|
  2. 草暦

2019草暦 入稿しました

ついに馬暦になるか、とウワサされていましたが、牡馬も登場しつつ、来年も草暦として、やらせていただきます。
緑色ですよ。

絵もことばも凛としています。

10.jpeg 11.jpeg

ご予約受付はしばしお待ちください。
というのは
ただいま、見積もり中でして、製本代値上げのウワサもありますので、価格の変化があるかもです。
なるべく値上げしたくはないので、こちらもハラハラしています。
でも製本の仕事もたいへんなものですから、お互いに妥当な金額になるといいなと思っています。

今週中にこちらでお知らせいたします。


  1. 2018/10/15(月) 22:30:16|
  2. 草暦

原点へ

一色海岸、暦うちあわせは、多少波が高かったもの、無事に空間共有できて、
その後は草舟に会場をうつし、ゆったりと、とっても久しぶりにxusamusiは時をすごせました。

未来へむかっていて、過去とは違うことをしているし、
新しいことがはじまりそうなのに
なぜか
原点へ、ということばが今、浮かんでいます。

まあ、暦がまた手書きになることはないとは思うのですが。。。

なんでしょう。

草とであい
海とであい
馬とであった人が、
岩の上で目を閉じて、息をしずかにおおきく、たしかに吐き、吸いしていた姿が今も目にやきついている。

musiがかつて、矢谷左知子の紹介文に、「ミューズのよう」と書いたら
「それは書き過ぎよ」といって、やむおえず削除したのですが、
わたしにはそういう面が、感じられるんだな。

やっぱりそうだったな、と今たしかにいえるし、
その理由もわかってきたような。

30年前には予感とだけあったのか。

さっちゃんは草や海や馬にあって
わたしは、さっちゃんにあったんだ。


musi

::

ありがとう
のりちゃん

2019草暦会議

やっとこさ、葉山の海で

xusaはほとんど海底に潜ってて

musiは上でぷかぷか浮いて

時々岩の上で甲羅干ししながら

沖から陸を眺めながら

波間で会議

14年目の草暦

はじまるね、原点への旅
  1. 2018/08/21(火) 20:34:19|
  2. 草暦

2019年草暦下書き

今年はあつくってあつくって、なかなか細かい作業ができずに、暦の下書きがのびのびになっています。
例年なら、夏前に下書きをつくって、海で暦会議なのですが。。。

しかし今日、立秋の日は多いにはかどりました。
来年のことをしるしながら、これまでの矢谷左知子の文字の美しさにほれぼれしています。
さっちゃんの字は、背筋がすーっととおっていて、中心があって、かろやかなのに、ちゃんと地についている。
まさにさっちゃんそのものです。

来年はどんな世界をみせてくれるのかしら。

musi のり
2018年版の誤字訂正とお詫び
9/18日の七十二候 つばめ至るとなっているのは、つばめ去る、の間違いでした。
申し訳ありません。
育ったつばめたちは南へと旅立ちます。
代々木上原の駅でもつばめが育って、父さんつばめが夜も番をしています。
  1. 2018/08/07(火) 20:57:45|
  2. 草暦
次のページ