草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

雪の草舟空中庭園

IMGP2012.jpeg

IMGP2014.jpeg


この天球の運行もまたひとめぐり。
2017年はじまりましたね。

草暦的にはお正月は今年は1/28日ですが、
このキリっとした冬至明けの清々しい大気は新年にふさわしく、
新年は冬至明けからにすればいいのに、と、今年もまた思うのでした。

今日もまた格別の陽気で、
お昼までは、草舟の庭も、神々しい日の光に満ちており、
この季節でも、まだたっぷりと緑におおわれ、暖かく、
部屋の暖房もつけずに過ごしていましたが、
3時ころから雲行き怪しく、雪模様となりました。

今日のお昼頃に撮った庭の写真と、
その4時間後の雪の庭模様・・

同じ日とは思えない別世界となりました。

草舟はこうした雪の日や靄の日は
空中に浮くラピュタに。
心踊る風景となります。


いよいよ大寒も近く、
冬の本番がやってきますね。

草舟の竹デッキもついに取り替えなくてはなりません。

草舟の草講座は1月はお休みとさせていただき、
再開は2月以降となります。

初春にまたお逢いいたしましょう。


2/3 七草のお話 と 七草粥の膳の会
昨年の3月にYUSANで摘み草の会をしましたが、七草の日にまた草のお話とお料理の会をします。
どうぞご参加ください。
詳しいご案内は近日中に。

xusa
  1. 2017/01/15(日) 01:48:31|
  2. 草舟 on Earth

TABI食堂 のRAWFOODと草のおもてなし @ 草舟の庭

IMGP8989.jpg

今年は草暦の原稿がすっかり遅くなってしまい、原稿が手を離れるまで、他のことが手につきませんでした。
無事、なんとかかんとかアップし、今ごろはmusiさんが印刷手配で四苦八苦、、していることでしょう・・

さて、そんなわけでお知らせがすっかり遅くなってしまいました。
なんとあと一週間後、
また「TABI食堂@草舟」のお知らせです。
皆さまのご予定が合うとよいのですが。

今回はささたくやくんが聞き手となっての、草をめぐるお話し会もあります。
いつもはたくやくんの「旅のお話し会」なので、安心していたら、私の草の話になってしまいました。
たくやくんが聞きたいのだそうです。
わあ、ドキドキです。

この庭の植物たち、草たち、木々たちが伝えてくれていること、
私がそこから受けとっているなにものか、
たくさんの雑草と言われる草たちが共生している庭で、ひととき植物たちの声に耳を傾けながら
そんなお話ができたらと思っています。
なかなか言語化はむずかしいので、どうなることやら、です。

今の草舟の庭は、なぜか毎日ウグイスが鳴き、
コジュケイの家族が迷い込み、リスは元気よく枝渡りし、
たくさんの小鳥たち、虫たち、
木々には女郎蜘蛛の団地、その巣には大きなバッタがグルグル巻、、
窓には小さなヤモリ。
人よりも生きものに囲まれたワンダーランドです。

10/31からの三日間、
そんな庭のまんなかで、

TABI食堂のフルコースお食事会
草をめぐるお話会
TABIの音楽会

を開催します。

どうぞこの機会に草舟の草たちとともに
お食事やお話や音楽会を楽しんでくださいね。

DSC06915-290x290.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * *

* Nomadic Dining *

* TABIのRawFoodと草のおもてなし *


* * * * * * * * * * * * * * * * *


ささたくやさんは大学生のときに中米を馬で1年間旅をしました。
その体験がその後の彼の生きる哲学の原点を作ります。
シンプルで質素な日々のなかにある、鮮やかで豊かな暮らし、
未来への光を浮かび上がらせてくれるような、彼の料理はほんとうにLIVE FOOD、命のごはんです。
なにより、美味しく、うつくしい、
しかもアドリブと冒険に満ちている、
まさに「旅ーTABI」の食卓です。

草の庭での草たちとのおもてなし。私もお手伝いさせていただきます。
たくやくんと、この庭の植物たちに逢いにきてください。

まもなく定員となりますので、ご希望の方はどうぞお早めに。

10/31 Sat

12:00~14:00 『RawFoodお昼のコース料理』・予約制/限定10名/ ¥4800(税込み)*満席


11/1 Sun

11:00~13:30  『RawFoodお昼のコース料理』 ・予約制/限定10名/ ¥4800(税込み)*満席

15:30~18:00 『RawFoodの夕焼けコース料理』・予約制/限定10名/ ¥4800(税込み)*満席

くわしくはTABI食堂のWEBサイトを
http://tabi-kutu.namaste.jp/?p=4652


11/3 Tue ・祝


13:00~15:00 『草をめぐるお話・話し手:矢谷左知子 聞き手:ささたくや』・予約制20名/ ドネーション*満席

  * お話会後、TABI食堂のドリンクとスィーツの販売あります。

17:00~19:00 『TABIの音楽会』・予約制20名/ ドネーション*満席

 * LIVE後、TABI食堂のご飯の販売あります。

くわしくはTABI食堂のWEBサイトを
http://tabi-kutu.namaste.jp/?p=4672


◎今回のTABI食堂のお食事は、時間指定の予約制のコースとさせていただきました。皆様揃ってのコース料理にすることで、お食事の説明やそれにまつわるお話をさせていただく時間もしっかりと持つことができ、お客様によりその時間を味わって頂けるかと思いました。また、料理手としましても、お客さまとのコミュニケーションをしっかりと取れるということを一番に、この形でやることで得られるものが沢山あるというのが大きな理由です。

◎コース料理は各回とも、お客様全員揃ってお出ししますので、遅れることがないようにお願い致します。



【ご予約・お問い合わせ】

****************************************
草舟 on Earth

*詳しいアクセス方法はお申し込みいただいた方へご連絡します。(神奈川県葉山近辺)
*お申し込みは、下記を明記の上、こちらのメールフォームよりお願いします。
・件名「TABI食堂@草舟」・本文「参加希望のイベント名と日付、お名前、人数、連絡先」
   *hotmailの方、こちらからの送信不可のため、必ずお電話番号を記載ください。

*キャンセルはなるべく早くにご連絡下さい。前日からのキャンセルは全額お支払いお願いしま
す。

IMGP8889.jpg


  1. 2015/10/24(土) 22:11:36|
  2. 草舟 on Earth

草講座 3月後半〜4月

春の草講座のご案内です。

*4月後半から5月中旬は葉山芸術祭。またあらためてお知らせさせていただきます。

*ご予約はメールフォームより受け付けています。(3/31-4/6までは返信ができませんのでご了承ください)


◎野生の草で染める◎ 

DSCF0392.jpg IMGP5208.jpg IMGP5206.jpg

3月17日 (火)
3月28日 (土)
4月15日 (水) 
各日いずれか
10:30 - 15:30くらい *要予約


いよいよ草の季節です。
3月はまだ草が出揃っていないのですが、その時季ならではの草の色があり、それを染め出します。
草原に出かけ、そのときの草に出逢い、採取するところから始まります。
その姿からは想像もできない色を内包している野生の草たち、
その神秘とミラクルには毎度心湧きます。
草たちはどんな色を見せてくれるでしょうか。
すべて屋外でのワイルドな作業です。アウトドアの服装でどうぞ。

参加費: 5000円(材料費・染める布・ランチ込み) 
持ち物: ハサミ・キッチンの厚手ビニール手袋(あれば。わざわざ買う必要はありません)




◎草籠(かご)つくり◎ 

IMGP4004.jpg

3月15日(日)
4月11日(土)  
いずれか
10:30 -14:30 *要予約


自生する草たちの繊維から草紐を縒り、籠を編みます。
当日は草で紐よりをマスターしていただき、籠は紙紐で完成させます。
紐縒りを覚えれば、いろいろな草で紐が作れます。

参加費: 3500円(草ランチ付き) 



◎草箒(ホウキ)つくり◎

IMGP7844_2.jpg R0013274.jpg

3月25日(水) 
4月12日(日)
いずれか
10:30-14:00 *要予約

山に自生する茅で小さなホウキをつくります。
思いの外、掃き心地のよい、机周りのかわいいホウキの出来上がり。

参加費:3500円(草ランチ付き)
持ち物;ハサミ・とじ針・紐や毛糸(あれば。すべてこちらでも用意しています)


xusa
  1. 2015/03/08(日) 22:49:14|
  2. 草舟 on Earth

草講座+TABIのお話会@草舟

秋のおわり冬のはじまりの草講座
今回は「秋谷の秋展」の参加企画でもあり、
晩秋の草講座と、
ささたくやさんのTABIのお話+甘味処(RAW SWEETS)
をします。

*開催場所はお申し込みの方にお知らせさせていただきます。(神奈川県葉山近辺)

晩秋の草講座

■野の草の染めや、籠つくり

■ささたくやのお話会


*お申し込みはこちらのメールフォームよりお願いします
_____________________________

「野生の草染め
  晩秋の野の草を摘んで染める」 11/22(土)

_____________________________

IMGP6744.jpg

秋の野に出て、いよいよ地上からは姿を消していく草たちで染めてみます。
草をご自分で採取することから始める草染めです。
この土地に適して伸び盛る在来の草たち、それを採取させてもらい、その中に潜む色をいただき
布にその命を移しかえます。
同じ草でも季節によって、持っている色が違います。
この時季にはどんな草が残っていてくれるでしょうか。

【日時】11月22日(土)10:30-15:30ころ
【場所】草舟 on Earth
【お代】5000円 (材料代・お昼ご飯代込み)  要予約 

     
*ざっくりシルクの五本指靴下を染めて持ち帰りいただきます。
 小さいもので染めたいものがあれば、持ってきてください。
*ランチは草弁当(完全菜食ヴィーガン対応)になります。

____________________________

「ささたくや
  TABIのお話会とRAW甘味処」 11/26(水)

____________________________

RIMG0067-768x10241-290x290.jpg

草舟での、ささたくやくんの催しはいつも大人気。
これまでTABI食堂のロウフードやロウケーキ、それにディジュ・ホーミー・カリンバライブを
もう3回もしてもらいました。
彼の音の世界、味覚の世界には、どこかで眠っていた細胞が起き始めるような、
知らなかった領域に連れて行かれるような、でも懐かしいような。。
たくさんの感覚を刺激されます。
今回はそうした彼の世界の原点でもある、これまでしてきた旅のお話をしてもらうことになりました。

中米を馬に乗って一年間旅した、そんな素敵な旅のお話を・

お話のあとは、ロウの甘味処やさんです。
たくやくんの作った、ロウのおいしいデザートをいただきながら
シェアのひとときを囲みましょう。

【日時】11月26日(水)13:00-17:00ころ  TABIのお話会+シェア+甘味処+談笑
【場所】草舟 on Earth
【お代】ドネーション  要予約 


CCF20130806_00001.jpg
____________________________

「野の草で籠を編む」 11/29(土)
____________________________

IMGP4004.jpg

野の草から紐を作ってそれを縒り、籠編みをします。
宮古島に伝わるとても機能的な編み方、かわいい籠ができます。
まずは紙紐をつかって練習してみましょう。

【日時】11月29日(土)10:30-14:00ころ
【場所】草舟 on Earth
【お代】3500円 (材料代・草ごはん代込み)  要予約 


 *お昼には草ごはんをお出しします。

xusa
  1. 2014/11/19(水) 17:50:45|
  2. 草舟 on Earth

草舟の庭

IMGP5079.jpg


草舟の庭
ただいまデッキを作り替え中。
猫さん大喜び。

草講座までに間に合うよう、せっせと竹を編み編みしていきます。

5月にはステキなバンブーデッキ完成予定
おたのしみに。

xusa

+++++

わたしもごろりんしたいにゃ〜。
musi
  1. 2014/04/29(火) 10:13:25|
  2. 草舟 on Earth

ヒンメリつくり

73078_4945203315432_1880796961_n.jpg photo Aki


冬至に向けてヒンメリつくりが始まりました。
お友だちのおおくぼともこさんにおしえてもらいながら。

この幾何形態にはとにかく反応してしまいます。
たくさんの人がこれに心を奪われるのをこの一年、目の当たりにしてきました。
たぶん
次の世界へのたくさんの印しやキーワードが含まれているのを感じるのでしょう。
なにかとても深いところを揺さぶられるのです。

これからの世界
政権が入れ替わりたくさんの懸念がありますが
たとえば草のこと、ヒンメリのこと、
そういったものから発せられるひとつのラインは、よりクッキリと、力強く太い線上に重なっていくのを感じます。
そんなラインに連なることをいろいろしていきたい、と思う夜でした。

xusa
  1. 2012/12/18(火) 01:33:24|
  2. 草舟 on Earth

森の写真展 @ 草舟 in Forest

*musiさんは明日、福島でイベントを企画してます。


スコットランドの森が家の中に出現しました。迫力と森閑と。。
自宅で友人の上楽博之さんの森の命と光の写真展。

葉山芸術祭、前半の私のワークショップが終わり、後半、ここがギャラリーになってます。

*作品の写真は作家のご都合により取り除かれました。

IMGP0511.jpg

草舟に至る緑の小道

*作品の写真は作家のご都合により取り除かれました。

古材の額もいいかんじです。

IMGP0516.jpg IMGP0517.jpg

「森の恵みに繋がるごはん」


IMGP0546.jpg 
IMGP0487.jpg

猫もハンモックも
いい季節です。

xusa
  1. 2012/05/11(金) 09:12:08|
  2. 草舟 on Earth

葉山芸術祭WSのおしらせ

4-25-30草染めiida.jpg

草舟 ON EARTH * PRESENTS 
 
< 草からさずかるもの * 染め編 草糸編 >

+ + + + +

ー身の周りの自然の扉をあけるー

「春の野の草染め」   4/25.4/30
「野生の草の糸つくり」 5/4



講師  
矢谷左知子(草文化探究/染織家)
_________________________________ 

春の野の草染め * 草糸つくり ー身の周りの自然の扉をあけるー
_________________________________


今回は春の裏山を散策しながら素材を採取し、この季節の山の
拾い物で、いったいなにが染まるかをたのしんでみましょう。
淡い春の気配のなか、海を見ながらの楽しい作業となります。

身の周りの草との交感で、なにかの扉が開くはず。。

*お昼をはさみますのでお弁当を持ってきていただくか、
 草弁当をご希望のかたはご予約ください。(800円)

_____________

_____________

開催日時:2012年4月25日(水)10:30~16:00
         4月30日 (月・祝)10:30~16:00
5月4日 (金・祝)10:30~16:00
参加費: 2500円(染めの材料、布代込み)
お申込み:メール  xusa_sアットybb.ne.jp(アットを@に変えてください)
     
      
開催会場:草舟 in Forest

詳細はお申し込みいただいた方にご連絡いたします。

xusa

  1. 2012/04/21(土) 00:26:27|
  2. 草舟 on Earth

麦の大晦日 稲の元旦

写真

1/22の旧暦大晦日と23日の元旦にここ草舟onEarthでは催しをしました。

このような二日間でした。

まず準備・・
120116_1120~02

葉山の谷戸で稻藁をいただきました・・

R0013257.jpg

スタッフで草舟に運んで、みんなで順番に藁ダイブしました・・

-------------------------------------
22日大晦日 麦の日 
-------------------------------------

kusafune05.jpg 麦藁ヒンメリつくり

kusafune02.jpg 麦食 パスタ

kusafune03.jpg 基本ペペロンチーノ R0013275.jpg 自家製小麦茶


kusafune01.jpg ヒンメリ越しの夕日  (photos おおくぼともこさん)

R0013283.jpg

夕方にはご近所に住む調香師、園泉さんが稲科のエッセンスを持って現われ、みんなで香り談義。
目も覚める贅沢な、哲学的香考の時間を楽しみました。
なんと馥郁たる大晦日。

-------------------------------------
23日元旦 稲の日 
-------------------------------------

R0013272.jpg 稲藁で箒とタワシつくり(見本・xusa作)

葉山の奥地で荒れてしまった谷戸の復元をしているグループのお手伝いをxusaはしているのですが、
そこでこの秋はじめて稲を育て、その稲藁をくださることになり、
藁の箒やタワシを作ってみることにしました。
伸びやかなよい稲藁でした。
縄を綯っているとシャワシャワと乾いた音、
手の感触はものすごく気持よい
みんな夢中になってひたすら縄綯いをしました。

R0013299.jpg R0013302.jpg 参加者の傑作


R0013310.jpg お飾りがバッグチャームに

参加された方たちは思い思いに素敵なかたちを見つけて
よい感じに仕上がっていきます。

R0013292.jpg 土鍋で炊いたご飯をお櫃と藁のエジコに

ヒンメリの講師、おおくぼともこさんのご主人は骨董商をされていて、
年末に出物の藁のエジコとお櫃をいただきました。
今回の稲の日にさっそく使わせていただくことができ、感激でした。

R0013286.jpgR0013306.jpgR0013305.jpg

こうして楽しく盛りだくさんの新年を迎えることができました。
すべての命に感謝して
よき一年でありますように
xusa
  1. 2012/01/27(金) 21:24:00|
  2. 草舟 on Earth

麦文化と稲文化をたのしむ二日間

こんどの月の暦の大晦日と元旦(1/22.23)にこんな催しをすることになりました。
 
草舟 on Earth * OPEN
        
ー旧暦新年行事ー         
「麦文化と稲文化をたのしむ二日間 」

_MG_4874_2.jpg

collabo by

草舟 on Earth / Yardbird Books / BURE /

__________________

麦文化と稲文化をたのしむ二日間
__________________

月の暦では今年は1月23日が旧暦元旦となります。
そこで、草舟 on Earthの場開きをかねて大晦日と新年の行事をすることになりました。
稲と麦、それぞれの手仕事と食の基本、稲文化と麦文化をシンプルにあじわう二日間。
麦の日と稲の日、半日のワークショップです。

コラボメンバーは
渡辺絢祐(Yardbird Books aka coffeeman)
野澤昌平(BURE)
櫨山創大(BURE)
矢谷左知子(草の布)

ゲストにおおくぼともこさんをお招きし、昨年末に好評だったヒンメリのWSをふたたび。
麦の日で参加していただきます。

*ワークショップに参加されない方も14時以降はご自由に入っていただけます。
 海を見下ろしながら、コーヒー、本、米や麦のお菓子とともに稲と麦の文化をほんのり味わってみてくださいね。
 
___________________________ 

22日 「麦の日」 旧暦大晦日  会費 4.500円


『麦藁の手仕事
  ーヒンメリWSー』       おおくぼともこ(noninoko)

『美味しいパスタのつくりかた』
 ・ペペロンチーノ
 ・トマトソースパスタ        櫨山創大(BURE)

___________________________

23日 「稲の日」 旧暦元旦   会費 3.500円


『稲藁の手仕事
  ー箒・タワシWSー』      野澤昌平(BURE)
                  矢谷左知子(草の布)

『土鍋で炊くごはん』
 ・土鍋ごはん
 ・にぼし出汁の味噌汁
 ・地野菜の漬物          櫨山創大(BURE)

*稲藁は葉山の谷戸復元プロジェクトのメンバーからいただいた、秋に実った葉山の稲藁です。

___________________________

22日 / 23日 両日

Books & Coffee      渡辺絢祐(Yardbird Books)
Sweets           矢谷左知子&more

_____________

_____________

開催日時: 2012年1月22日(日)23日(月)10:30~14:00(WS) 14:00からはWS以外の方も入場できます。

WS参加費: 麦藁ヒンメリWS  要予約・4500円(材料費・昼食込み)
        稲藁タワシ・箒WS 要予約・3500円(材料費・昼食込み)

持ち物:   ヒンメリ・・・はさみ、15cm定規、タオル
        箒タワシ・・・はさみ、軍手、好きな紐orハリガネ

お申し込み: xusa_sアットybb.ne.jp (アットを@に変えてください)
       

開催会場:   草舟 on Earth 

___________________________

*BURE  
鎌倉の定食屋バール。櫨山創大の鮮やかな味と野澤昌平のかもしだす場のセンスが人気。野澤は織り人で矢谷の長年の友人。

*Yardbird Books
渡辺絢祐(coffeeman)が展開する移動のbooks&coffee 本選びとコーヒーの味に共通して流れる彼の境地、ご堪能ください。矢谷とはCinemaAmigoのクルー仲間。

*草舟 on Earth
草の布制作者、草文化探求者、矢谷左知子が開く、海の目の前、山の中、草に囲まれた隠れ家空間。2012.1.22密かにオープン


xusa
  1. 2012/01/17(火) 21:39:23|
  2. 草舟 on Earth
次のページ