草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

ギリギリ熊のもんだい

今回の下の記事の件は狸さんだったようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-27212328-webtoo-l02

とはいえ、全国の熊県では、こうしたことは日常、
今回はたまたまこうして署名サイトにあげてくださった方がいて、このように周知されたけれど、こうしたことはもうこの十数年、毎年起こってること、
タヌキだったからよかったということではないというのが事の本質、という悩ましいことです。

それと、ニュースを読んでいたら、
「これを子グマだと思った同課は“親グマ”を誘い出すため、同社敷地内に捕獲用おりを設置し、2頭を入れていた。だが、動物愛護の観点から翌17日、一時的に保護することにし、発見男性宅に預けていた。同課は20日、引き取り先を探すため、日本動物園水族館協会に照会・・」

子グマをおとりに親熊を誘いだす、と。それで捕獲するのでしょう。
逆なのでは。
子グマをどうにかして山に返す、そのことに、今こそ智慧をしぼりたい。

自治体のなかにも、もちろん心ある人たちもたくさん居て、でも、どうにかしたくても、どうにもできない、と対応不可になってるのが今の日本、結果、野生の生き物たちは、そのはざまで生きていくことが困難。
とくに熊のような大型動物が安心して住む環境は、もうないほどに人の暮らしが彼らを追いやっています。
じゃあ、どのようにすれば人と野生の生き物のバランスがとれるのか、その答えはとても難しいことです。でもひとつだけはっきりしてること、それは、森の状況が酷過ぎること。
その再生がまずは先なんだと思います。
この国の最大の野生の王、熊たち、彼らをぜったいに失いたくない、でもではどうすれば、、途方にくれる。
だけど、たぶんもうギリギリのところ。。みんななんとかしたくても手がつけられないで来た、そのしわ寄せの今なのだけど、「そっか、それだー!」って策を思いつきたいです。
一気に飛び越えて、みんなが関わって解決する、希望の道を。

xusa
  1. 2016/06/28(火) 20:34:51|
  2. 自然環境

ギリギリで生きている熊たちのこと

つかまえた子グマは動物園か、殺処分、短絡的。ポイしてオシマイ、一件落着。
もうそういうことは止めて、もっと大きな命の循環を考えていかなくては、すべてがもたないところに来ている、ギリギリ。人の心もほんとは刷りきれてるよ。
こんな日本の死んだ森でクマたちが懸命に生きててくれるだけでもうれしいのに。

みな、移動もできずに死んだ森に閉じこめられてる。
里に降りてきたいわけではない、ということをまずわかってあげたい。
移動しようとしてるだけかもしれないのに。

奥山の再生をいったい、どこからどのようにしていったらいいのだろう。

奥山の森を再生をしたいな。
生き物たちが人と触れることなく、その世界を楽しんで懸命に生きれる場所、
命の全うをできる場を。
そしてそれは海の再生にも繋がる。

人はそれをできる智慧を持っている。
使えなくなっているだけ。

クマたち、鳥たち、森の生き物たち、どうぞ生き延びて。
森の再生まで耐えてほしいです。

動物たちのことはほんとうに心痛くて、
世界中から回ってくる、こういう署名も毎日といっていいくらいしています。
私が出来ることは何だろう、と考え続けてます。

こんな署名がまわってきました。
青森県だけでどうにかなる問題ではないけれど、
それでも少しずつでも変わっていけるよう、まずは目の前の動きを応援することから。

もしよろしければご署名を


  1. 2016/06/27(月) 21:01:26|
  2. 自然環境

表参道屋上ガーデン

3月下旬から植栽をしてきた表参道246commune.
バナナもバーバンクサボテンも育っています。

アブラムシもネコジャラシもやってきた。

IMG_1240.jpg

IMG_1228.jpg

IMG_1239.jpg

IMG_1227.jpg

繁華街の屋上で、夕日を見れば、やっぱりここは星の上。
外来種も在来種もミックスして育つボーダレスの街の庭。
肌の色も、信じる神も、習慣も、ことばさえ飛び越えて、ひとつの星に同じときに生きている。

自由大学では7月もパーマカルチャーの講座をすることになりました。
詳細はこちら→

musi
  1. 2016/06/17(金) 22:58:45|
  2. 自然環境

街のみどりをはしごする

IMG_2930.jpg

IMG_2927.jpg

この四月にはじまったコミューン246内のシェアオフィスの屋上ガーデン
ソーヤ海くんに誘われて、アナーキーガーデナーとしてやっとります。

IMG_2934.jpg

IMG_2931.jpg

かなりむずかしい条件ではあったのですが、関わる人たちが素敵で、収穫もできています。
四月の終わりには、ささたくやくんのランチに少し野菜たちを添えることもできました。

musiは都内で見る庭が自宅もふくめると5カ所に及びます。
ある日は、自由が丘、表参道、池尻と三つを電車をつかって行って、それぞれに特有の植物をいただけて、都内にいながらにして、ちょっとした旅行気分。
だってぜんぶ気象条件が違うのですから。

先日は池尻大橋のものづくり学校から表参道のコミューンガーデンをはしご。
写真をとってくれてたmadokaちゃんとツーリングしました。
ああ、都会でもこんな動きがごくごく普通になったらどんなにいいだろう。

街が変わらないと、世界は変わらないから。

IMG_3118.jpg

今回のすべての画像は、カメラマンの秋山まどかさん撮影

musi
  1. 2016/05/05(木) 21:15:40|
  2. 自然環境

ブラウンズフィールド forever

IMG_0518.jpg

二度目のブラウンズフィールドの訪問では、ティピーに泊まらせてもらって、中島デコさんとエバレットブラウンさんのインタビューをしました。
千葉県いすみにあるこのコミュニティは、もし機会があったらぜひぜひ訪れてほしいところ。
とくに、スタッフたちと寝食をともにすることは、新しい暮らしを模索する人には重要な体験になる。

IMG_0516.jpg

musiはすばらしいご縁で、こんどブラウンズフィールドで出版する本の一部分の執筆をすることになりました。
私が書くことなんてないほど、デコさんは本を出してらっしゃるけど、第三者の目と体感で描けたらなあと思っています。(musiがマクロビオアレルギー?であったことも執筆依頼の一因らしい)

帰り道、デコさんの「生きてるだけでいいんじゃない」というエッセイを読みながら、電車に乗りました。
帰ってきたら、九州の地震のことを知り、なおのこと強烈に今の自分の境遇の中、どうしたらいいのか、と戸惑いましたが、「生きてるだけでいいんじゃない」という声に、たんたんと日々を過ごそうと。。。

今も充分だけど、もっともっと新しい(古きに学ぶことも含め)うつくしい生き方へ向かう人類。

IMG_0513.jpg

生まれたてのヤギがとびはねるブラウンズフィールドと、大いなる母であるデコさんと、永遠の少年のエバレットさん、ゆうちゃんたち輝く瞳のスタッフたちに会えたこと、心から感謝します。
そしてこのありがたさを、大いなる宇宙にかえしたいです。

musi
  1. 2016/04/20(水) 13:39:55|
  2. 自然環境

水のこと ふたたび

わたしたちが水を使うために、ダムがつくられます。
東京のための水源→をみると、息苦しくなる。

だから、ざぶざぶ洗えて気持ちいい〜っていうのも、なんだかね。
たしかに気持ちいいんだけど、洗いたてのシャツ。
じゃぶじゃぶさせずに、うまく洗濯できたらいいな。
水の浄化力を、ほんとうにほんとうにいかせるような知恵がほしいです。

musi
  1. 2016/04/08(金) 09:34:34|
  2. 自然環境

水道使用量や二槽式洗濯機のこと

musiさんの↓の記事を見て、わたしもすこし水道のことを。

一ヶ月の水道使用量は、うちは3㎥〜4㎥。
かなり少ないほうだと思いますが、
ふつうのお宅は水道使用量はどれくらいなのでしょうかしら。

ここは山の中ですが、一応水道はひけてます。
でも山の中なので、水道をポンプアップするのに通常のパイプより口径が大きいそうで、基本料金がとても高くてまいってます。
せめて節水しよう、と、
飲み水は葉山の湧き水。
庭の水撒きや、染色には雨水を溜めています。
トイレはときどきノグソフィア。。

 追記:ちなみにこんなちょっとの使用料なのに、一ヶ月2000円以上なのです。水道局に聞くと、10㎥までは同じ値なので、「こんなことを言うのもおかしいですが、じゃんじゃん使って下さい」と正直なお答えでした。
 なので、節水は意地です*


うちは登山道のような急坂を歩いて上り下りするしかない立地にあるので
湧き水もすべて担いで運びます。
週に1度は水汲みに。
山小屋の荷運びの人の様相です。

musiは今洗濯機ない生活のようですが、
わたしもほぼ使わない暮らし。
うちの洗濯機は20年以上前に買った二槽式。
全自動は好きではなく、二槽式LOVEなのです。
洗濯もふだんはお風呂に入ったときなどに一緒に手洗いして、脱水として使うことが多いです。
それには二槽式はほんとうにシンプルで、最適。
ピ、ピ、というスイッチというものはなく、ゼンマイのダイアルだけなのも素敵です。
もう売ってないだろうなあ、
これが壊れたら私もmusiさんと同様、いよいよ洗濯機なし暮らしですね。

水道だけでなく、電気もかなり少ないほうかしら。
なにしろ電気を使うのは、照明と冷蔵庫と時々洗濯機、あとパソコンくらいです。
電力自由化だそうですが、どれに変えたとしても、こちらもお話にならないくらいの電気使用量です。

これ以上落とせないくらいの最低限暮らしですが、
でもまだまだ工夫はできますね、きっと。

xusa
  1. 2016/03/22(火) 23:11:10|
  2. 自然環境

水洗トイレ

水洗トイレのタンクの部品交換ができました。
自分で修理ができなくなり、タンクの水の開閉を調節するボール全体を替えたのです。
1年前に問い合わせたら、もう生産していなかったので、古いものが出たら連絡するっていわれていたのですが、新たに生産するようになったそう。
前の倍くらいの値段とのこと。

お水をジャーッと流せるようになったときはその水の巡り具合に感動したけど、特別なとき(どんなとき?)以外は、これまで通りに、バケツに水をためて流すことをつづけることにしました。
だって、ようやくこの習慣に慣れてきて、ある意味システムができてきたから。
夜お風呂で洗濯して、すすぎに使った水をトイレに運んでおくととっても便利です。

水を使う量は去年の同じ時期の比較で1㎥も違う。

musi



  1. 2016/03/13(日) 23:13:03|
  2. 自然環境

水洗式便所

ヨモギ上原のお手洗いは、
木製のハイタンクでの水洗式便所(説明すると長い)です。
チェーンをひっぱって水を流すもの。
なんどか修理してきたのですが、水をためるための浮きボール(というのか)の位置がうまくあわなくなって、水がつねにぽたぽた出ている状態になりました。
ほんの少しなので、水道代は100円あがるかどうかぐらいですが、そのぽたぽたという音が気になる。
そこで、タンクに水をためるのをやめて、タライに水をためて、その都度流すことしました。

けっこうな水の量をつかう。。。

なんだか新しい水を、自分が出たものを流すのに使うのは気がひけて、手を洗ったあとの水をためたり、台所で出た水を運んでいます。
庭の水やりが、雨樋からの水でまかなわれるようになって、台所の水を使わなくなったと思ったら、こんどはトイレに使う運命だったのです。

そっか。。。そういうことだったんだ。

日本は水に恵まれた風土だから、すべては「水に流す」という思想もあるのだけど、それでも、自分から出たものを流すための水をこんなに使っていたとは。
少しでも減らせば、ダムをたくさんつくる必要もなかったのでは?

人が密集して暮らす都会ではコンポストトイレはむずかしい、とあきらめてしまわないほうがいいのか、とか。

とか考えながら、お客さんきたら、タンクに水をためて、ふつうに水洗式ジャーにする。
さいしょの一撃の爆音にびっくりするけど、いたって簡単にことがすみ、らくちんだなあと思う。
でもこれが「文化的」というのは、違うなあと思う。
文化っていうなら、この水の使い方、この排出物の行方に、思いをめぐらして、どうにかしたい。
しばらくは、台所の水をためながら暮らして、探してみよう。

musi

:::::

うちは、外の水道がないので、このけっこう広い庭の鉢ものや畑の水撒きに
台所の洗い物の水や、せんたくの濯ぎの水をウンショウンショ運ぶ毎日ですよ。

染めの水も、雨どいが壊れたところに大きなバケツを置いてて、それを使用。

トイレも小用はときどきお庭で。
前はノグソフィアも。
場所がなくなってしまったりで、今はなかなかだけど、いかに水を使わないかのミニマムな日々。

水道使用量は最低ランクなのだけど、ここは山なので、パイプの口径が広くないと汲み上がらないそうで、
基本料金がものすごく高くて、それは泣きます。。  

xusa
  1. 2015/10/26(月) 07:52:43|
  2. 自然環境

日陰の庭

ヨモギ上原のmusiんちのお庭は日陰の庭です。前にもなんどか書いているけど、shade garden。ただし内縁(うちえん)には日が射すので、夏はよしずを下げています。
今朝、藍染めのガーゼが透けて、あんまりにきれいなので、写真を撮りましたが、目でみたのとはぜんぜん違う。
遠景にあるプルンパーゴのブルーと響きあっていたのに。

RIMG0697.jpg

青は、夏の終わりにしみじみ目に映る。
それはきっと夕方の青にも通じるのかも。あるいは青は、死、とか、生まれる前、とかと関係あるからかも。
青い光、青嵐。闇と光のあわい。
ともかく、盛夏! よりも、少し夏が去りそうなころにしみじみする。
そのせいか、青い花は夏真っ盛りは少しお休みして、立秋過ぎにいきいきするのが多い。あさがおも秋の七種のひとつだし。

さて、去年、縁側の工事をして、瓶を移動して、樋とつなげたら、とっても調子いいです。
(水があふれて家のほうにいかないように少しかたむている)
庭にあった水道は水やりには使わなくなったし、これまで夏場は台所で使った洗い水を植木鉢の子たちにあげていたのが、瓶の水でほぼことたりるので、労力が減りました。
雨水タンクほどのたいそうなものでなく、瓶をおけばいいだけなので、設置も樋をなおすのも簡単ですから、おすすめです。
ぼうふらがわくのがたまにきずだけど、毎朝、このぼうふらをすくって、メダカにあげています。

日陰の、蒸し暑い庭(常識的には最悪の庭といわれますが。。)ではこんにゃくがよく育ちます。今年は、水瓶のそばに植えた子が立派です。
写真の奥右。

RIMG0683.jpg

渋谷区、こんにゃくの産地になれる可能性あり。

musi
  1. 2015/08/20(木) 00:32:06|
  2. 自然環境
次のページ