FC2ブログ

草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

かぐれのomoto展にてものづくりの茶話会

11/28日水曜日の夕方です。

omoto展にてものづくりの茶話会→


石田は25日日曜からこの28日の夜まではメールや電話ファックスの確認ができませんので
しばらくお待ちください。
  1. 2018/11/21(水) 16:53:33|
  2. musiの仕事

身体をあたためる生芋コンニャクづくり

RIMG0894.jpg

◎11月18日と19日に外苑前のNHK文化センターでは、二十四節気七十二候の手仕事「身体を温める生芋コンニャクづくり」をします。

コンニャクの工芸的利用のお話などをいたします。
「草木と手仕事」では「こんにゃくピース」として158ページ書いていますが、これまで知られていなかったコンニャクの力、とくに生芋コンニャクの可能性が近年話題になっていますね。
ただ分析されたというだけで、じつは気づいていた人はいたのですが。。。

ご都合あいましたら、いらしてくださいね。
詳細お申し込みは下記からそれぞれお願いいたします。

11/18日→
11/19日→

石田紀佳

RIMG1074.jpg
  1. 2018/11/02(金) 08:39:19|
  2. musiの仕事

フラワーレメディこんにちは、の会

下記定員となりました。
また一ヶ月後くらいに、ドロップの会だけでもできたらと思っています。
++

11月25日、西荻窪ていねいに、にて
フラワーレメディ+おこさまボーイズランチの会をすることになりました。

この日は、草暦ももっていきます。ごはんやおやつだけでも食べにいらしてくださいね。
おこさまボーイズの味をどうぞ。


◎バッチフラワーレメディの会◎



バッチフラワーレメディのガイダンス(初心者用講座)と
レメディボトル38種類の解放をいたします。

フラワーレメディは、自分で自分をみつめるセルフヘルプが基本です。
だから、気軽にレメディを選べる会ができたら、と思うようになりました。
わたしじしんは、植物と自分をみつめ、
大切な人の苦しみをやわらげるきっかけとして、
とても助けてもらっています。

フラワーレメディっていったいなあに、とか、
一度試してみたいけど敷居が高い、とか
すでにフラワーレメディは知っているけど、
ぜんぶのボトルをそろえるのはむずかしい、
などと思っている方へ。


◎調合だけご希望の方は、12時以降ににいらしてください。
おこさまのおいしいワンオーダーお願いしますね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日時:11月25日日曜日 10時〜13時ごろまで

場所: おこさまボーイズ『暮らしのいろいろ ていねいに、』@西荻窪
http://teineini.com/

会費:ランチ付き2800円
10:00~
「フラワーレメディこんにちは講座」


そもそもバッチフラワーレメディとは何か、
レメディに対応する花と精神状態についての初級講座。

わたしがどうしてフラワーレメディにひかれたのか、
そして実際どんな影響があるのかなどもお話できたらと思っています。


11:30~
レメディ調合

各自レメディ調合をします。
レメディは一種類につき100円(7種まで選べる)、ボトル代500円
ボトルは持参してもらってもいいです。

調合された方から随時ランチへ
◎おかゆぱんとオーガニック野菜のランチプレート(三年番茶付き)


個別コンサルテーション希望の方は当日お申し込み先着2名様で、
講座のあとお部屋のはしっこでお話をききます。
コンサルテーション1000円(レメディ調合代込み)+ボトル代500円です。
別途となりますが、ワンドリンクまたはワンおかゆパンオーダーでお願いします。

◎持ち物
筆記用具 お好みのミネラルウォーター(レメディボトル用30CC程度) お持ちの方はレメディボトル


お申し込み
石田紀佳 lamuda@ya2.so-net.ne.jp
ボトルをお持ちになるかどうか記載してください。

講座定員7名くらい
  1. 2018/10/26(金) 19:25:58|
  2. musiの仕事

柿渋染めとちりとりづくり

夏の終わりに今年も青柿で柿渋仕込みをしました。

10月28日日曜日には、新宿朝日カルチャーセンターで、柿渋染めでちりとりなどをつくります。
こちら詳細です→

RIMG1965.jpg

RIMG0838.jpg

紙のちりとりは、ちょこっとお掃除するのにとっても重宝します。
たいていの自宅にある材料でつくれるところが魅力です。
厚紙や和紙風の包装紙など、とったままにしているものってありませんか。
お持ちでない方にはこちらでご用意します。

ほかにもお手持ちの紙もの、布ものを染めましょう。

ご興味ありましたらぜひいらしてください。

石田紀佳
  1. 2018/10/11(木) 07:22:51|
  2. musiの仕事

「いのちのみなもと、ミドリ」 新宿での講座

こちらは都会での使命があるようで。。。

ささつゆ



新宿朝日カルチャーセンターでの魔女的色彩学入門の「緑」の一日講座のお知らせです。
題して「いのちのみなもと、ミドリ」。
4/30日月曜(祝日)10:00~16:00

草木をなぜ「みどり」というのでしょうか?
それはわたしたちにどんな力をあたえてくれるのか?

実習は竹でのお箸やヘラ、スプーンづくりです。
近くの公園での植物観察もします。

お箸は一組同じものをつくるのがちょっとたいへんですけど、長さや細さなど使いやすい物をつくる楽しみがあります。
バターナイフや塩匙だとわりと簡単です。
お使いになりたいものを考えてきてくださいね。

街の緑がもっともっと増えますように。
詳細はこちらから→

石田紀佳
秦野雑草園では、5/6日と7日に「お茶摘みとお茶会」をいたします。
新宿でお知らせしますので、ご興味ある方は声をかけてくださいね
  1. 2018/04/18(水) 20:10:11|
  2. musiの仕事

奈良のミルツルさんが東京にきます

ミルツル

セミオーダー服「ミルツル出張展」東京の展示会のお手伝いを
石田紀佳がいたします。

ミルツルさんは「母が着ていた憧れの服、娘に譲りたい大切な服」をテーマにいつまでも愛される服作りをされています。
息子さんを出産されてさらにパワーアップされたミルツルさん、
この機会にぜひ彼女のお人柄にも会いにいらしてください。
きっとしあわせや勇気をたくさんもらえます!

以下、ミルツルさんからのご案内です。

+++
2018 Milletureミルツル出張展【 東京 展示会 】

 4月20日(金)21日(土)22日(日)
 11:00-20:00 *21日は19:00まで
 在廊日:終日

 hako gallery
 〒151-0066 東京都渋谷区西原3-1-4
 Tel 03-5453-5321
 http://hakogallery.jp/

 期間中、下記イベントも開催します。
 ただいまお申込み受付中です!
 ご予約お待ちしております♪
---------------------------
<お話し会>
ミルツルのものづくりについて画像を見ながらゆったりとお話しします。
今回はオリジナル刺繍レース「枯山水」と「紫陽花」ができるまでのストーリーを中心にお話しする予定です。
毎回いろんな背景や物語、そしてハプニングがあるオリジナルテキスタイル作り。
今回もいろんなドラマがありましたよ・・・うふふふ。
ぜひ聞きに、見に、いらしてくださいね!
天野、張り切って語りますっ!
 日時  4月21日(土) 19時より
 お話  Milleturu 天野 千鶴
 聞き手 石田 紀佳(キュレーター、手仕事研究家)
 参加費 500円(おいしいおやつとお茶付き)
 ご予約 Milleturu 電話 0743-52-4420
          info@mille-turu.com

---------------------------

<kitchenwork玄米菜食弁当の販売>

ミルツル のお隣にあるkitchenworkさんが
奈良からはるばるお弁当を作りに来てくれます!
美しくて美味しい!そして身体に優しい!
嬉しいことづくしの玄米菜食お弁当。
東京の皆さまにもぜひ味わっていただきたいです。
ミルツルで毎回専属モデルを引き受けてくれる
べっぴんさんな知沙さんです。
ぜひ会いにいらしてくださいね♪
 4月21・22日
 11:00から 無くなり次第終了
 玄米菜食弁当 1,000円
 ご予約も承ります info@kitchenwork.link 

  1. 2018/04/08(日) 20:48:32|
  2. musiの仕事

新宿での講座のお知らせ 10月と11月

新宿のビルの中での講座。
前回の星の会で、だいぶ感触がつかめてきました。
代々木上原から自転車で行くのですが、前回ははじめて裏道を途中までつかったら、
ぜんぜん違う気持ち。ほんの一すじだけで、こんなにも風景が違う。。。
ちょうど星のお話だったので、軌道、ということを思いました。
わたしたちの日々の軌道、修正しながら、自分らしい軌道を描く。
そしてたまさかだれかと軌道が交差する、合。会って生まれる何か。

朝日カルチャーセンターでは「魔女講座」と題して、、、
10月7日土曜日 10:00〜12:00 月の姿と動きの秘密 月餅風味団子づくり 詳細は→
11月25日土曜日 10:00〜12:00 麦と人の不思議な関係 ライ麦パンのドウづくり 詳細は→


石田紀佳


  1. 2017/08/11(金) 14:46:20|
  2. musiの仕事

長野県佐久市星の坊主さまでの講座 8/21日と22日

「土潤いて蒸し暑し」の候、まさに、ですね。
きっと佐久は涼しいんだろうなあ、と想像しながらお知らせです。
8/21日は藍の生葉染め
8/22日(朔日)は星空入門をいたします。
旧暦七夕に向かう日に、手仕事と星の仕事をそれぞれに。

ご都合の合う方、ぜひ温泉と高原の空気を感じて、夏の疲れをとってくださいね。

知公弓子さんがつくってくれた案内状です。
前回の五芒星のときも今回も、お気に入りのデザインです!!

藍の生葉染め

詳細はコチラ藍の生葉染め→

星空入門

詳細はコチラ星空入門→



  1. 2017/07/29(土) 15:57:20|
  2. musiの仕事

えみおわすの家展へ

昨日まで茶摘みにあけくれておりましたが、
5月11日から5月17日までは岡山にいっております。
えみおわすの家展に滞在です。

この間、メールはみられませんので、お問い合わせなどは
えみおわす阿部直樹さんまでお願いいたします。


家展の期間は12日から16日、
お料理を毎日、ワークショップを二日間する予定です。

タイからは手縫いの方々がお越しだとか。

ヤギのメメとイヌのチャチャもいます。
こんごはもっと動物が増えそう!

岡山の円城でであう草草と人々と手足の仕事。
お近くの方、ぜひお運びください。


詳細はこちらに
お料理→
ワークショップ→

musi
  1. 2017/05/08(月) 17:50:32|
  2. musiの仕事

単なる間に合わせでうめつくすなら、ないほうがいい

あったかいけど、雨降りで、仕事をする気になかなかなれず、
だらだらと書斎の片付けにとりかかる。
数年開いていない「染織資料」と背に記したファイルを手にとったら、
結局整理できずに、読み込むはめに。。。
その中にあった、ウイリアムモリスの本の一節。
(本のタイトルを抜き書きするのを忘れていたのでわからず失礼)

デザインについて
「自然のなかのある美しい事物が自分の目に強烈に焼きついて頭から離れなくなり、それでその喜びを芸術の規則に従って他者に表現し、自身が感じた強烈な喜びをいくらかでも人に分ち与えることができるようにする、という風でなければならない」

(ちなみに彼は古い植物学の本をひもとくことから、草木染の方法を見直した。)

私は、物心ついたころからプリント柄は苦手だった。でも、リバティの一部の柄やインドのウッドプリントなどは好き、とくにインドネシアのバティックはずっと見ていたいと感じることがあったし、今もある。

文様に心がある。祈りなのか。

モリスは壁紙が、何でもいいから壁を覆うための、単なる間に合わせの手段になってしまうなら、
白壁のほうが光と影がその壁面で楽しげに戯れ、よっぽどいいといっている。

たしかに、ヘタに人がとりつくろう絵柄よりは、自然の光と影をうつしてくれる白は、
逃げでもあるけれど、
汚れ隠しのような、気をまぎらわすためにあって、気が散るガラは、騒音みたいだと思う。

これはプリント柄にかぎったことでなく、人がつくるものすべてにいえるのだと、
自分がいい加減につくったり書いたり、ためこんだものに、ため息をつく。

でも、ひとつひとつやっていくしかない、と思い直して、
モリスの言葉に青ラインをひく。

生まれてしまったものに罪はなく、それをただ捨てるのでは、解決しないし、
今の自分にできることは、出会ったものとどうつきあうか、だけ。
(これはわりとストイックかも)

好みをこえて。

コピーの後半の数枚はメモ紙にして、
少し薄くなった「染織資料」のファイルを棚にしまう。

薄暗くなってきた、、、けっきょく片付けはできなかったけど、
心の中にかたづいたことができたみたい。

心ある仕事だけをしたい。日常些事において。

個人の目先の好みはこえて、ひろい好みに身をゆだねるように。


musi
  1. 2017/02/23(木) 16:39:41|
  2. musiの仕事
次のページ