草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

2010草暦

くさうみこよみ
おまたせしました。
印刷入稿となりましたので、見本をアップします。
ちょっと興奮しています、わたくしmusi。
さすがのさっちゃん、矢谷左知子さんの感覚、あらためて素晴らしいなあ。
早く印刷あがりがみたいです。

今年はタテで、海の色。紐は苧麻製をつけます。おまけのしおりには藍染めの糸をつける予定です。
なので、発送は今しばらくかかりますが、予約受け付けいたします。

予約は
lamudaあっとまあくya2.so-net.ne.jp 石田紀佳
xusa_sあっとまあくybb.ne.jp 矢谷左知子

去年のお店にもたいてい置く予定ですので、そちらにもお問いあわせください。
ブログ左側の2009年版できあがりをクリックください。

希望小売り価格 930円(くさ=93価格tax in)
11センチ×22センチ(去年より細長で、封筒に入ります)
オマケのしおり付き、旧暦含みなので2010年1月より、2011年2月までの暦となってます。

よろしくお願いいたします。
海で、世界がひろがりました。新しい年にこぎだしましょう。

:::::

草暦、ついに「水陸両用」となりました!  xusa
  1. 2009/10/30(金) 23:04:02|
  2. 草暦

四色トマトだんご

R0010828.jpg

今朝 庭で発見。
グラデーションがきれいだな。

xusa
  1. 2009/10/30(金) 00:00:03|
  2. 季節の草虫

しそかま

しそかま
あかじそにはかまきりがよく似合う。
もう紫蘇の実は種になったけど、10日ほど前、かまきりが卵を産んでいた。
画像は去年の10/5。毎年あかじそにくる。花が咲いているから好物の虫がくるのか。
あかじそのにおいが好きなのか。
赤い葉だからかまきりが目立って、人はみつけるのか。musi
  1. 2009/10/28(水) 10:53:42|
  2. 季節の草虫

七里ヶ浜デヴュー

sichirigahama.jpg

地元の湘南で初サーフィン(とは名ばかり。。沖までやっとこパドルと波待ちしただけでしたが・・)。
生涯初のサーフィンが5ヶ月前、春の南伊豆入田浜で
2回目が夏の房総和田浜
今日が3回目、秋の七里ヶ浜。

超初心者・・
なのに、今日の鎌倉は台風スウェル
サイズの大きな波が次々・・
えーマジですか、ここに漕ぎだすわけ?とビビりながら
頼もしい友人の水先案内で沖へ沖へ。。

しばらく沖でプカプカぱちゃぱちゃワクワクドキドキ・・
波待ちのお兄さんたちに、なんだ、こいつ、という顔をされ。
おじゃまにならぬよう、ポイントをさけてはじっこで。

その後は連続してくる大波に呑まれてもみくちゃ、うへー!
で、はやばやひとり脱落、、
長年慣れている陸の生活の重力のかけかたとの違いに翻弄され
抗うことのできない圧倒的な波のパワーで、洗濯機のなかに放り込まれた状態
でも・・
ぅわ、別次元、コワたのしー!

朝日があらゆるものを清浄にしてくれ、
あたりにはピッカンピッカンの光と波のエネルギーが満ちて。

亡き母がよく口ずさんでいた鎌倉の古い歌
「しーちりーがはまのいーそづたいー」を思い出す。
その磯で、なんと今ボードをもって立っている私。

母のいる彼岸と七里の此岸の境。

母がいる頃には想像だにしなかった、今の自分。

このさき私が知りたい感覚は海にある
それがわかってて、いまここにいることがうれしい

暦描きの肩こりも、パドルでかえってとれました。
さ、musiも待ってるコヨミ、暦!           xusa

  1. 2009/10/24(土) 09:07:52|
  2. 海辺の生活

十三夜

じゅうさん
脱穀がすんだ翌日は10月13日だった。
おばさんちに無事に脱穀が終わり、「シカやイノシシがはいって、ずいぶんふるまったけど、あきらめなくてよかった、10キロくらいにはなりそう」と挨拶にいったら、十三夜の蒸し饅頭をくださった。
縁側には野原の草花。
でもおもしろいのは、10月13日ってこと。おばさんの頭はまだ月の暦なんだ。今のカレンダーなのに月の暦にして解釈している。
「夜は早く寝るから月なんて見ないだよー」
おばさんのリズム。ちょー天然。

ちなみに十三夜は後の月、豆名月。旧暦十月十三日はこんどの10月30日になります。

こんどの草暦、おばさんとおじさんにも使ってもらいたい。
只今、2010版、xusaがすてきに製作中。musiも楽しみです。
  1. 2009/10/21(水) 21:42:54|
  2. 草暦

萩 展覧会のお知らせ

はぎ

今日から10月25日まで、表参道かぐれにて焼き物の展示会をします。
枇杷色の器がならびます。
http://www.kagure.jp/exhibition/index.html

初日は夕暮れ時よりシェリーバー。
ローフードのおつまみがつきます。ご近所のTABI食堂製。

濱中史朗さんや猿山修さんのそれぞれに筋の通った世界。

摩訶不思議な交わりに、明日の夢。 musi
  1. 2009/10/16(金) 09:15:53|
  2. musiの仕事

そろそろ暦

coyomi.jpg これまでのkoyomiたち

ちらほらと「来年の草暦は?」との声をいただくようになりました。
今年はxusaが海に出て、草海暦になりそうな。
海にも草が生えているので暦名は草暦のままですが、海の話題がのぼるでしょう。
まだ見本ができていませんが、同じようなサイズと価格でつくります。
(縦長スタイルになるかも)

旧暦でやっているので、まだまだ新年は先、、、とスローペースです。
が、見捨てないでくださいね。
予約はxusaとmusiで受けつけます。

:::::::
musiの「藍から青へ 自然の産物と手工芸」の取り扱い店の追加。
とてもかっこよいお店ですので、お立ちよりください。

OUTBOUND
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-4-101
電話:0422-27-7720
営業時間:11:00~19:00 火曜定休
http://outbound.to/
  1. 2009/10/07(水) 05:41:12|
  2. 草暦

森のおくりもの

9/28は七十二候では虫が戸を閉ざすころ。
まだまだ東京神奈川あたりでは虫が鳴いていますが、北の国ではそろそろ冬眠で
しょうか。
早池峰山の麓、たいまぐらから森のおくりものがとどきました。海のおくりものも。
そして毎年いただいているweedhouse印のかぼちゃ。今年は特大です。
山ブドウは今年は不作だとか。去年はとりきれないほど豊作だったんですよね。
熊はどうしているでしょうか。

安部智穂さん手作りの「しょっつる」と「まいたけ」を
秦野weedhouseの間引き菜と鬼ぐるみとで炒めました。
しょっつる系はいろいろ使ってますが、たいまぐら仕込みは絶品です。

智穂さんの森での暮らしぶりに心うたれて、一昨年から本づくりのお手伝いしな
がら、彼女のおもしろさに触れさせてもらいましたが、まだまだ「森の暮らし」
が深まっていっているようです。
すごいなあ。
いっぽうの自分のハンパさにがっかりしつつ、しかしすばらしい友だちからのお
くりものに元気をもらっております。
どういうふうに暮らすかは、自分しだいなのですよね。  musi

RIMG4226.jpgRIMG4225.jpg

  1. 2009/10/03(土) 09:55:21|
  2. 七十二候