草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

かげその糸

おばさんちの田んぼのかたわらの上級品からとって、織り姫さんが上皮をきれいにそいで、透明な糸にした。ぜんぶ持っててね、いったのに、「またここにこれるように」とおいていってくれた。
まるで七夕みたい。旧暦の七夕には再会したい。糸はむすびのしるし。なににするわけでもなし、ただ ただ きれい。musi

ちょちょ
  1. 2010/06/28(月) 17:26:23|
  2. 草で作られたもの

梅雨空の上

牛の革でつくられたものを中心とするhouseの作品展示が終わって一週間、梅雨の雲の上をとんで宮崎飫肥へ。
展示会の準備のときから口蹄疫がひろまり、気持ちがそこからはなれることができなかった。展覧会中はわたしの意気地がないのか、ずるいのか、いうのは野暮でいわなくても何か通じていたのか。増満さんと数人の方をのぞいては、そのことについてはふれなかった。
今も、、、どうすることもできないけれど、気にかかる。
大まかにいえば、生きていくための糧、すなわち、たべもの、きるもの、すまうもの、あそびもの、などなどにわたしたちがとりいれるもの、との関係。とりいれかた。

雨雲の上は水色や藍。まだまだ地球生命圏。musi

つゆそら
  1. 2010/06/22(火) 21:43:39|
  2. 動物

水辺に集まる

mai

おばさんが田んぼをやめてはじめての田植えが終わった。いつもは手植え用の苗とりに半日かかっていたのが、それがなくなって、みさちゃんの機械植え用の苗を手植えして、あっというまに終わった。苗とりに時間がかかっていたことを知る。

ときどきつぶやくけれど、musiは稲作がしたいわけではなく、水辺をやりたい(へんないい方かもしれないけど)ので、黒つけ代かきして水がいれられればそれでいい。米はもともとそんなに食べなきゃいられない体質ではなく、田植えをするようになって、なお米は食べなくなったくらいだし。
ともあれ田植えが終わるとほっとする。
まだ6回目だけど、この集団行動をするといろんなことが感じられる。そういう意味でやってよかったと思っているけど、来年は「水辺のやりかた」をかえたい。初年度に失敗した蓮に再挑戦するか。

田植え二日目はS村からの織り姫さんが来てくれた。ちょうど野からむしの最盛期。
そういえばxusaがweedhouseにはじめてきてくれたときも野からむしを「狩った」(xusa用語)。あのときxusaと草狩りできることが、musiにはものすごく大きな救いになった。。。

水辺でからむしやふきを狩りつつ、時空を超えるような、梅雨はじまりの希有な晴れの二日間。
いつまでたっても、どうやって生きていくのか、まだまだわからない。でも、きっとそこがおもしろい。

水辺に集う愛くるしい生き物たち、人たち。それらすべてみんなが自分、で、自分でない。musi


  1. 2010/06/17(木) 21:46:49|
  2. 田んぼ

実をむすぶ虫

すだちはな

「腐草、蛍となる」ころにxusaはうまれた。彼女にぴったりの季節。このころになるビワが大好きだって。
近所だったら、誕生日プレゼントに山盛りもっていくのになあ。。。
このビワは冬の間に羽虫たちが花粉を運んでくれたおかげの実。

草が虫になり、虫が草木の実を結ぶ。この変幻。

梅雨入り前、スダチの花の残り香がただよっていた。今は小さな青い玉が生まれている。

きのう、ともだちの内にちいさな勾玉のような人のはじまりがみえた、とたよりがあった。 musi
  1. 2010/06/14(月) 08:54:41|
  2. 新・七十二候

なまえパン

誕生日でした
朝はお誘いにのって4時半起きで出発は結局5時過ぎの、到着地は茅ケ崎
朝日浴のサーフィン
小さな波なのに波打ち際で思いきり巻かれて、一瞬で底にアタマげきとつ
引力が引き起こすエネルギーの絶大な力、
地球の営みを思い知った誕生日のはじまり、、

午後
この半年ほとんどできなかった庭の畑仕事に汗をながしていたら
友人のJ夫妻がなにやら抱えて来宅
お、重い・・これパン?
タテに切るように、とのこと
パン入刀でたんじょうびソング、
ワクワクとタテに切ってみる・・


R0011934.jpg

え!!?
ナニ?

R0011940.jpg

わーい
なまえ入り!!

R0011948.jpg

感動・・・
ありがとう。。

1年半ほど前、取材される側と取材する側でお知り合いになったステキなご夫妻
no nukesの動きに関わるなど共通の環境の話題があって、その日いろいろお話しした
その後お二人は葉山に住まいを移されて・・今やご主人と私はナント朝ツナ名コンビ!
そんなことがあるとはね・・この地での展開は今ものすごいスピードと多様さだ

夕方
葉山の隠れ里に蛍を見に行く
ぽつぽつ雨が降ってきたり、ちょっと涼しくなってきたり、
まだ時季も早かったみたいだけど、いたいた・・
ほんの小さな、かる~いともしび、数匹だけ飛んでいた
蛍はこれからだね
でも見れる環境はどんどんなくなっていく
北川湿地もまた

そのあと夜のビーチに出た
小さな焚き火を囲んで
お湯を沸かし、おいしいコーヒーを淹れたり、ビールを飲んだり
なまえパンにオリーブオイルと塩をつけてみんなで食べる
潮騒の音
パチパチと木の燃える音
たのしい話し声

満ちたこの一日に
そして
まわりに居てくれる友人たちに
蛍やカエルや海に
ありがとう        xusa

R0011949.jpg
  1. 2010/06/11(金) 00:52:45|
  2. 徒然

日々

R0011922a.jpg

R0011927.jpg

ひさびさに地元以外のこと
それも自分の本来のしごとを振り返る機会をもらいました。

すっかり「活動家」といわれるようになり(笑)、
毎日毎日環境のことで大忙しで走り回る日々となってもう数年、
今は三浦半島の北川湿地の保全のことでブログもたちあげたりして、さらに渦のなかです。
この一ヶ月は葉山の芸術祭でも、自分の草仕事の展示やWS以外に、食や環境のイベントの参加が目白押し、
ゆっくりと立ち止まる時間がないままでした。。

きのうこの本が届きました。
6/10発売(誕生日!ちょっとうれしいな)だそうです。
久しぶりの原稿書き
いまの自分の位置をみつめ、外の方たちにそれを伝える、
良い機会をいただきました。

すこし静かな時間を持ちたくなってきました。

・・でも。これから海のシーズン!
とうぶんは引き続きto be continuedの日々にいます。

日々
うつくしい冊子です。

xusa
  1. 2010/06/07(月) 10:44:51|
  2. xusaのしごと

ヘビイチゴの季節



この時季つくるもの

これからの季節の必需品
虫さされに一番効く
ヘビイチゴ焼酎漬け

顔にもペチョペチョ塗れる

かゆみは即きえる

おためしあれ   xusa
  1. 2010/06/07(月) 01:35:33|
  2. 草で作られたもの

牛と空中野原

さんだる

増満兼太郎さんの個展「草木染めの革」が6月4日から13日までかぐれ表参道店で。

つくり、暮らし、もがき、喜ぶ。そういうことのバランスが彼の作品では、いい具合に感じられる。

折しも牛の受難のとき……。今にはじまった問題ではないが。
つくるということ、いきるということは、こわすこと、しぬことと綾のごとく。いや綾そのもの。

musiは作品と牛に野原を添える手伝いをしてます。    musi

のはら
  1. 2010/06/03(木) 21:39:02|
  2. 動物