草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

魔女入門連載スタート

murmur magazineというサブカル的雑誌(!)で新連載がはじまります。
なんとタイトルは「石田紀佳の魔女入門」(もちろんわたしも見習いなんですけど)。

前号にmusiが魔女修行について話したことを記事にしていただいたのですが、そのときのイラストが宇野亜喜良さんで、とてもうれしかったの。
というのも、musiは15年ほど前に、某企業で働いていたときに、宇野さんにお仕事をお願いしたことがありました。プリント生地の絵、(堕天使とバラ、みたいなテーマ)を依頼したの。
今回連載のタイトルまわりも描いていただくので、編集ア嬢のはからいでご挨拶にいきました。
宇野さんは15年前の印象より、数百倍お元気で(前は退廃ムードのほうが強かった、そこが好きだったのですけど)、だけど絵はますますへんてこで魅力的で、すてきです。
ずっとずっと好きな仕事ができるってほんとにいいですね。

murmur のウェッブに前号の番外編(編集長服部みれいさんとのひそひそ話)が載っています。宇野Aquiraxの絵も添えてありますので見てくださいね。
別マー
  1. 2012/05/26(土) 14:56:56|
  2. musiの仕事

タケノコーンポタージュ

モウソウの時代は終わり、そろそろマダケの時代ですなっ

たけのこーん

先日、小学生の子供たちと染め材を煮ているときのこと。
透明な液体に重曹をいれると、白濁してクリームがかった黄色になった瞬間
「あ、コーンポタージュみたい」と少年たちが、うっれしそうに、何度か叫びました。

子供たちはコーンポタージュがだーい好き。

それにつられてmusiも季節はずれだけどつくりたくなって、コーンの缶詰を買おうとしたのだけど、そうだタケノコでやってみよう、とあいなりました。

だってタケノコってとうもろこしの味がするんだもの! ホワイトコーンポタージュみたいになったよ。

つぎはマダケで。musi
  1. 2012/05/23(水) 19:37:53|
  2. 食べ物

ちいさな家を偲ぶ

DSCF0064.jpg


いよいよ取り壊されたらしい、
ずうっと共に暮らした葉山の家。

育った東京を離れて、森の続き、静かな山裾のその家に引っ越した晩は心細かったのを思い出した。
それから18年。
私の作家活動はその家が後押ししてくれて、
人生の大事な時期を楽しく支えてくれていた。

海や富士もほんのり垣間見える、山桜に囲まれた小さな楽園
窓を開けると必ず走ってくる外猫たち。
いつのまにか住み着いたノラ猫が庭で赤ちゃんを生み、そのうちの一匹が残った。
母娘2匹、庭に天使が居てくれるといつも思っていた、
いとおしい日々。
この子たちが居る間は動けないなと思っていたけれど
何年か前に母猫が亡くなり、そして子猫が亡くなったその年に引っ越し話が出てきた。
13歳と15歳。ずっと野放しの外猫だったことを考えれば天寿。
そして私にタイミングを与えてくれたんだね。

数日前の取り壊しの前日、大家さんのご家族から連絡をいただいた。
もしかしたら一目会いたいんじゃないかと思って、と。
引っ越して一年も経つのに。
お心づかいに心より感謝しつつ、
当日の早朝、そっと訪ね、お別れをしてきた。

その後、あっという間に灰燼となったという。

今の私を育んでくれた、ちいさな家
思い出のありすぎる小宇宙

いっしょに生きてくれて、
ありがとう。

合掌

xusa

DSCF0071.jpg

DSCF0035.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::
何度も遊びにいったあの場所。
バス停からあの小道をあるいて、アプローチも緑をくぐるようにしていったね。
そして家の中に入ると、まるでツリーハウスにいるようだった。
居心地のよさはxusaそのもののようだった。

さまざまのことよぎるけど、
新しいことがはじまるね。

こころからおめでとう。 musi





  1. 2012/05/22(火) 09:12:54|
  2. 海辺の生活

東京グリーンディ@ラ・ケヤキ

あさって、5月19日に東京のイベントでトークをします。
といってもまだ何を話したらよいのか決めてなくて、ほとんど逃げ腰です。。

グリーンな一日、
自然や緑に関わるさまざまな催しやグリーン食堂なども楽しめます。

新宿御苑の木々が続くなかに佇む、すばらしい邸宅での開催です。

ご興味とタイミングの合う方はお越しくださいな。


東京グリーンディ@ラ・ケヤキ
http://www.be-nature.jp/program/2012/schedule_event-1.php
Be Nature Schoolの主催

xusa
  1. 2012/05/17(木) 21:30:48|
  2. xusaのしごと

蝸牛の子



草花の手入れをしていたら、種みたいなものが爪にひっついた
なんだろう、って見てたらツノが出てきた

ひとりで生きているけど、まったく赤ちゃん
人の赤ちゃんを思わせるあどけない動き
半透明の殻とからだもホヤホヤ

生まれたその時からひとりを生きるんだね。

今ごろどこを歩いてるかな。

xusa
  1. 2012/05/17(木) 09:30:30|
  2. 季節の草虫

ママはお昼寝

からりと晴れた日の、明るい夕方
それぞれの一日を過ごして帰り道の電車

本をひらけば だるい体がここちよく、
読まないままに本も目もとじて 電車のゆらぎに身をまかす

となりの席に女の子がやってきて、ミィーはミウクー♪と、つくり歌
いきおいあまってときどきわたしに触れる、やわらかい手足
桃色の服や小さなかばん

お母さんがたしなめるけど、あんまりかわいい声なので
いっしょにあそぶ。

「ひろくんちにいってきたの」
と桃色の女の子

「たくさん遊んだよ」

「お母さんとひろくんはつかれてお昼寝しちゃったの」
ふーん

「ちいちゃんは3歳」

ひろくんはいくつなの?
「うーーん、たくさん、、、5歳かな???」

ママがとなりでくすりと笑う

ひろくんは女の子のお友達ではなくて、どうやらママの恋人。

ママとひろくんのお昼寝のあいだ、女の子は「お仕事してたの」

「おねえさんもふたり? ちいちゃんはお母さんとふたりだけなの」

秦野で降りるとき、ママは「いつも日曜にこの電車ですか、そしたらまた会えますね」って。

日曜にいつもひろくんにあうママ。

この電車であわなくなったら、いっしょに暮らしはじめたってことかしら……
それはわからないけど、

「こんど遊びにいってもいい?」ときゅーっとママとわたしの腕をひきよせたちいちゃん

いつか、あなたも恋をするね。

(ひさびさの草虫こいばな でした。お名前は仮名です。)musi

momo
タケノコからタケになるあわいの色

keroro
朝寝カエル、ガマズミの上

hoo
木曽からきた朴の葉

  1. 2012/05/15(火) 19:20:33|
  2. 草虫恋噺

折り本づくり

まだいつできるかわからないのですが、4600ページの折り本を、こつこつとつくりはじめています。

citrus press、飲まず食わずの集中力で活版6時間。
ほんの一角でしょうが、西尾嬢の精妙なる仕事の極意に触れる思い。
彼女の仕事にふさわしい言葉を出しているのか、はなはだ心もとないmusi。
(しかしおじけづいて、泣き言をいってる場合でないね)

その昔、石に刻んだ言葉とはいかほどのものだったのか。
そんなにしてまで刻みたいことば。
同じことばを複製して、印刷できることのタヤスイ今。
今があるってことは、人がそれを望んだということ? musi


印刷


  1. 2012/05/15(火) 00:55:17|
  2. musiの仕事

森の写真展 @ 草舟 in Forest

*musiさんは明日、福島でイベントを企画してます。


スコットランドの森が家の中に出現しました。迫力と森閑と。。
自宅で友人の上楽博之さんの森の命と光の写真展。

葉山芸術祭、前半の私のワークショップが終わり、後半、ここがギャラリーになってます。

*作品の写真は作家のご都合により取り除かれました。

IMGP0511.jpg

草舟に至る緑の小道

*作品の写真は作家のご都合により取り除かれました。

古材の額もいいかんじです。

IMGP0516.jpg IMGP0517.jpg

「森の恵みに繋がるごはん」


IMGP0546.jpg 
IMGP0487.jpg

猫もハンモックも
いい季節です。

xusa
  1. 2012/05/11(金) 09:12:08|
  2. 草舟 on Earth

ZOO

ワケアッテ、上野動物園へ。
すっかりさまがわり。
(そういうわたしも、かわっただろうね)

フラミンゴ
フラミンゴ

雨宿り
雨宿り

musi
  1. 2012/05/10(木) 21:35:32|
  2. 未分類

いわき三木千夏ライブ

今週末12日土曜日日暮れどきより、福島県いわき市のomoto宅で、千夏さんのライブをします。

omotoの自宅で、知り合いやご近所さんが集いますが、草虫ブログをご覧になったお近くの方もいらしてください。その場合は石田紀佳03-3485-2464かlamudaアットマークya2.so-net.ne.jpにご連絡ください。

プレゼントライブなので、freeですが、食べ物飲み物一品もちよりです。musi


  1. 2012/05/07(月) 21:28:03|
  2. 徒然

草ワーク・森のシダ染め @葉山芸術祭

IMGP0401_2.jpg photo yuko senga

2012-04-30 12.01.55 photo yuko senga


秋谷の森は素晴らしい。
ここが家から10分ほどのフィールド。。
なんていったらいいのか、
とにかく
give thanks
森に浸る。


IMGP0410_2.jpg IMGP0411.jpg


春の羊歯は透明感のある紫を内包していた。


IMGP0423.jpg

xusa
  1. 2012/05/02(水) 10:48:29|
  2. xusaのしごと