草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

白い藤の花

藤棚白


馥郁ふくいくとした、という言葉がふくふくとただよったのは
はじめて白い藤の花のかおりを、夕闇にみつけたとき。

この花があったから、この納屋の場所が特別になって、
ついに納屋の改装にまでおよびました。

納屋は味噌を入れるためと、藤棚をしつらえた東屋となりました。

さすが去年はきりつめたので花が少なかったけど、
今年は多いに咲きました。
それも低温続きのせいで、いつもより長く咲いています。

くまんばちの羽音がぶんぶん、
白い藤の香りがふくふく、
いくえにも重なり、初夏となりました。


musi
  1. 2017/05/03(水) 10:20:31|
  2. 未分類