草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

虫もぞもぞ

battakamo
3/5日の啓蟄もすぎたし、今年はこのあたりは暖かかったので、虫はもぞもぞしています。
おとといアザミが朝露にぬれて、地面にぺったんこくっついているのをみていたら、バッタがいました。葉っぱと同じ色。画面の中央、わかりますか? カモフラージュなんでしょうかね。

このまえのタコ話ではそのカモフラージュ(タコフラージュというべきか)のことが、すっごくおもしろかったの。海にもぐる人がいうには、タコって危険を感じて「ヤバっ!」ってなると色をかえて、まわりと同色にするらしいの。すごいねえ、意志でできるみたい。
それで「わたしもときどきそうするけど」っていったら、みんな一瞬しんとした。

バッタにとってはまわりと同系色にするのはそれほどしんどくないのかもしれないけど、タコはきっとしんどいから、ときどきしか、ホントに必要なときしかしないのかな。
などと、人に引き寄せて考えてしまった。
でも人にも、バッタ型とタコ型があるかも。
わたしも時と場合でどちらにもなると、自分では思っている。
目立つのは好きではないから、なるべく目立たないようにしているけど、それは好みなのでちっともしんどくない。派手な服とか、場で浮くような行動は自分ではしていないつもり。。。だが。
でもどうしても人とあわない意見があっても、仕事などでそういう中でいると、無理にあわせてみようとしてきた。。保身のためだったのかなあ。それはしんどい。ああ、でも、ミーティングで気配を消したりするのは勝手になるのでそうしんどくもなったかなあ。

タコの気持ちもいろいろだろう。

:::::::
misosan
味噌は四斗、三斗、二斗の三つの杉桶シスターズ。これは432計画として、最初に四斗を南部桶正さんに頼んではじまったもの。毎年一斗ずつ使って三年味噌が二斗できるという、われながら、壮大かつ計算ずくしのプランでした。おすすめプランよ。musi
  1. 2009/03/09(月) 13:37:52|
  2. 二十四節気