草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

鹿角おつる

鹿_伊豆

今日は旧暦七十二候では
「鹿角おつる」の時季。

うちではまだ蚊が飛んでいるけれど。

オスの鹿の角は冬の間に落ちて、春また生え変わるのだそうだ。

そういえば韓国の甘味処で鹿角の輪切り入りのお茶を飲んだな。

この秋のxusamusiの田んぼはイノシシと鹿にいつ食べられてしまうか、ドキドキの日々だった。
小さい田んぼで少ししか作ってないので一度入られると一気になくなってしまうから。
去年はたったの何日かでイノシシに食べられて全滅・・
だから今年はやっぱりお米が食べたかった。

夜のmusiとの見回り
真っ暗な田んぼの周りで少し火を焚き、黒々とした森にむかって
イノシカと交信するようにぱんぱん、と手をたたく。
どこかでその音を確実に耳を立てて聴いている者たちを
ふだん起き上がらない感覚でとらえた気がした。
食べられるのはちょっと困るけど
鹿と猪にはほんとは出会いたい。   xusa



:::

三度目のたんぼで「いのりのはじまり」を予感したような。
人の力をこえたものへのおそれ。

風にたなびく白いもの。闇夜をきる音。

それまでは神社で手をたたくことの形式にあほらしさを感じていたくらいだったけど。

いのししー ありがとおー。
ねずみがくるね。  musi



::::

はは、
「風にたなびく白いもの」
これってあのイノシカ除けのビニールテープ?   xusa
  1. 2007/12/27(木) 22:27:48|
  2. 七十二候