草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

イワシ100匹

いわし

友人(20代元気な女子!)が手伝ってる近くの漁港の朝市に行ってきた。
あふれるほどのサカナの数々。。
ほとんどはマイワシ、ゴマサバ
すこしカマス、マダイ
定置網をやって獲れたもの。

イワシ、袋1杯100円ということでもらったら
うーん、と唸るほど重い。
家に帰ってからかぞえたら100匹近くはいってて仰天・!

他にも小さな赤ちゃんサカナたちがどっさり漁港の囲いのなかにすでに浮いている。
それはすべて捨てるのだって。
うちの猫用にいただいてきた。
それも100匹近く。

定置網でごそっと獲るので、必要でないものも獲ってしまう。
海に戻されることなく、食べられることもなく、ただ捕らえられそのままゴミとして捨てられる・・
サバもブリブリに立派なものがあふれていたけれど、今日はお客さんが少ない。
売れ残ったものも全部捨てる。

・・・!

あまりに不憫。。

なんだか安くてたくさん獲れたてのものをいただけた喜びと
なんとも悲しい気持ちといっしょにかかえて帰ってきた。

これってまずいではないか。
どっさり奪ってムダに捨ててるんだ。。
小魚は他のサカナのためのごはんにもなる。
最近は食べるものがなくて胃の中が空っぽの魚が多いと近所の漁師さんから聞いたことがある。
でも日本中の港で当たり前に、毎日毎日繰り返されてること。
みんなもっと今の漁のことを知った方がいい。

さてしかしウチは今サカナ天国だか地獄だか。。
さばき切れないサカナがまだまだ冷蔵庫にいるわいるわ。。
イワシの梅煮に竜田揚げに干物にオイルサーディン
しめサバに猫のごはん・・・
それでも半分くらい。

人はもっと賢い漁をやらなくては、と強くおもうけれど
目先の欲と利便につい流れるのは自分もおなじなんだな。
地球のすべての環境問題はそこからはじまる。
漁師さんだってほんとは資源を守りたいだろう。
考えないようにしてるだろうけど、心も痛めたりしてるだろう。

それにしても君たちはほんとにおいしいね!
いつもいつもありがとう
大切にいただきます。  xusa
  1. 2009/06/28(日) 19:38:51|
  2. 海辺の生活