草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

お盆ぼんぼん

秦野あたりは7月13日からお盆。
早い理由は、ここはかつてたばこ農家が多く、その刈り入れが8月中旬でとても忙しくお盆をやっていられなかったから。

体調を崩していたおじさんが敷地内のお墓にむかって、草刈り道具をひいて歩いていた。
お盆だからお墓をきれいにするのだ。

おじさん後ろ

外でおじさんにあうとうれしい。おじさんは土の上、空の下が似合う。
去年までおじさんは夏には上半身肌脱ぎで野良仕事。「皮膚がかたくて虫がささねえだよ」っていってたが、しばらく家の中にいたら、実は色白なのだ。
透けるようなきれいな肌でびっくり。虫にさされないかしら。

おじさんが外に出られるようになったらおばさんも元気そう。

自分はどんなふうに年をとっていくのだろうか。この人たちにあえてよかった、
心からありがたく思う。

田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田
たんぼ、今のところ順調です。一本植え稲は少しずつ扇方にひろがっている。
水草には賛否両論あって、この水草に関しては否しかきいたことがないのだけど、どうしようもないし、かわいいヤツにみえるのでそのままにしている。
ああ、わからないことだらけ。そのわからなさの中にいるのが生きてるって感じ
でもある。musi
  1. 2009/07/11(土) 23:02:02|
  2. 季節の行事