草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

日蝕新月

シンナセ湾 日蝕の最中のシンナセ

その時間は真名瀬浜に居てみた。
今日は新月大潮。
このまえの大潮の干潮のとき、シンナセの海はとても美しかったから。

日蝕の最大のときもここ葉山はあまり変わらなかった。。
雲が垂れ込めているせいもあったけれど。
いつも海では見かけない燕が30羽ほどいっせいに海に出てきて飛び交っていたのにはちょっと心ときめいた。

きのうの大雨と波で海は荒れ、海草が浜に大量に打ち上げられている。
色とりどり!

海草いろいろ

また天草をひろった。
乾かして寒天を作って黒砂糖を煮詰めてつくった蜜をかけて食べる。
すべて手づくりの黒蜜寒天は極美味。
海の近くに住んでるしあわせ・・

天草干し天草

世界のネイティブのひとたちの間では日蝕のときは家の中でじっとして太陽を見ないで過ごすというのが大勢らしい。
そっとしておく・・畏怖と謙虚さと経験からくる智慧だろうか。

巷は日蝕でおどっていたようす。でも、それはそれでいいこと。
踊る者、隠る者、祈る者、
皆が天体の運行に意識をむける瞬間に人の数だけの行いと反応があっていいではないか。
宇宙サイズの営みからしたらどのみち人は微塵。
賢者も愚者もみんな愛しい。。
ナンテネ。
今日もすてきな一日でした。  xusa
  1. 2009/07/22(水) 22:27:23|
  2. 海辺の生活