草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

アシナガバチがせっせこせ

あしながはち あずきさや


weedhouseの風呂場の窓にアシナガバチが巣をこさえて、行くたびに大きくなってる。
さすが風呂に入るときは巣のある側の窓はしめるけど、ときどきこっそり仕事ぶりをみせてもらう。
前も、ヨモギウエハラのベッドをおいていた窓辺にアシナガバチの巣ができて、そのときはじめてミドリの芋虫をだんごにしたものを彼らがいそいそ子どもたちにあげるのを見た。
ちょうど妹が泊まりにきたときで、巣があるので気をつけて見るように、といったら、大きなため息をつかれた。「お姉ちゃんって信じられなーい」と。
でも信じてほしい。アシナガバチはそんなに刺さないよ。

友だちからもらった小豆をまいたらサヤができた。お米が収穫できたら赤飯にしよう。
そのころにはアシナガバチたちはどうなってるか。小豆の虫、とっておくれ。  musi
  1. 2009/08/26(水) 08:18:35|
  2. 草と虫