草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

うぐいす啼く

木々


きょう2月9日は
旧暦の本朝七十二候で「うぐいす啼く」の日

この冬は寒い、というより冷たい日が多い。
ウグイスはどこでどうしているのだろう。
ちなみに去年葉山の家ではじめてウグイスの声を聞いたのが
2月13日。もうすぐだけど。 今年はどうかな

家の裏の大切な森がもうすぐすべて伐採される。
住宅地の中ではめずらしく広大な貴重な樹林帯なのだけど
個人の持ち物で売りに出されたのだから、
それに関して口出しできることは残念だけど何もない。
でもそういうこと?? まあそうなのだけど。でも。。

いま葉山の乱開発はすごい勢い。
何万年というこの半島の歴史のなかで作られて
ここまで続いてきた樹林や丘陵はここまで。
この21世紀のはじめまでとおもえる。
このままではね。 ハドメがないのだから。
葉山町の条例では木は一本も守れない。
どこも造成地では木々は100%切り倒されて
ぎっちり家が建ち並んでいる。

お金で買いさえすれば何やってもいい、って
すくなくとも自然環境に関することでいえば
もういいかげん違う論理が働いていい時期にきているんでは。

と、けっこうな人が無意識のところでは思ってるんじゃないのかな。
そのへんを動きでつくれたらいいな。

森が伐られたらウグイスの声も遠のくなあ   xusa

(写真はいま伐られそうになってる木々たち)

  1. 2008/02/09(土) 12:32:55|
  2. 七十二候