草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

ホウキ生活挫折か?

寒くなるのが遅かったので、今頃ラグを敷くために、大掃除めいたことをはじめました。
夏に掃除機をホウキ(放棄)したので、おかげで静かな掃除になってますが、慣れないのか、ほこりをためすぎなのか、きれいにするのがむずかしい。茶殻なんてそんなに出ないし(ためておくべきなのか)、新聞紙を切ってまくもの、なんだか掃除しようとしているのに。。。。と思ってできない。
おまけにイタリアトスカーナのかわいいホウキは掃くたびに草がぬけおちるし。

柳田国男が「木綿以前のこと」で、木綿が普及してからすごく綿ぼこりがふえたとぼやいていて、なんでそんなことに大の学者がこだわるんだろうとピンとこなかったけど、昔は掃除機がなかったから大変だったんだろう。でも現代はもっと綿ぼこりがあるでしょう。だって服の量がふえているから。化繊だけならそんなに出ないかもしれないけど、未来はどうなるのかー。

掃除機を買うか買わないか、それとも暮らしをかえたり、掃除の仕方を習得するのか、もしくは軽くて穂先きが堅くてそろっていて、平たいホウキを探すのか。しかし、あの吸い取りが懐かしくもある。musi
  1. 2009/12/22(火) 10:27:16|
  2. 草で作られたもの