草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

梅雨空の上

牛の革でつくられたものを中心とするhouseの作品展示が終わって一週間、梅雨の雲の上をとんで宮崎飫肥へ。
展示会の準備のときから口蹄疫がひろまり、気持ちがそこからはなれることができなかった。展覧会中はわたしの意気地がないのか、ずるいのか、いうのは野暮でいわなくても何か通じていたのか。増満さんと数人の方をのぞいては、そのことについてはふれなかった。
今も、、、どうすることもできないけれど、気にかかる。
大まかにいえば、生きていくための糧、すなわち、たべもの、きるもの、すまうもの、あそびもの、などなどにわたしたちがとりいれるもの、との関係。とりいれかた。

雨雲の上は水色や藍。まだまだ地球生命圏。musi

つゆそら
  1. 2010/06/22(火) 21:43:39|
  2. 動物