草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

御蔵島へ イルカの旅 ? 

R0012087.jpg
ⓒNana Takanawa FUKUMARU-SHOUTEN

世界中の人が、日々イルカや海亀なんかと泳げる環境に当たり前にいたら
世界はあんまりへんなふうにならない、
この星は今ほどひどくはなってない、んではないだろうか、って思えた

もちろん熊とかゾウとかゴリラとかと、触れ合うほどに近くでフレンドリーに過ごせるのなら、それでもそう思うに決まってるのだけど

違う種の生物同士が同じ水にたゆたう、
地上では、大きな野生種がこんなふうに交じり合う中に自分も居させてもらうことは、そうはないだろう
海と地上はそのあたりが違うように思う

自由なような、太古に忘れてきてしまったような、浮遊感をともなって

イルカと、海亀と、さかなたちと、いっしょに泳ぐ
すれちがったり、正面から見たり、横にならんだり
他の種族に存在を許されてる感じ、それだけでいい
地上とは、違う質の平和の感覚につつまれる

R0012085.jpg
ⓒKazuaki Ichikawa

移動途中のイルカの群れに遭遇
気がつくと周りはイルカだらけ
瞬間、群れの仲間の一員に
みんなすぐそばを、あたりまえに、普通に通過
あかちゃんが、手をのばせば触れられる距離でクルン、って一回転してくれた
この人潜れないんだなー遊べないんだなーって、いろんなイルカがこっちを見る
迎え入れ、そしてまた彼方に消えていくイルカたち

海亀もまた、とくにこっちを気にもせず
大きな手を拡げたりたたんだり
しばらくうしろについて泳ぐしあわせ

R0012083.jpg
ⓒNana Takanawa FUKUMARU-SHOUTEN

水の中の動きはみんななめらかで、おおらかで、ダイナミック
美しい

ごくふつうにあたりまえに出会って、そこにいっしょに居る、
それだけでほんとにうれしい
みんな、どうぞその命を全うできますように

でも悲しい話
海水の化学物質汚染で、イルカには水銀が凝縮してたまっているそうだ
海亀もしかり
魚も激減しているという
命の多様性は奇跡
人間の存在がその多様性をおびやかしている
他の命が在ることのなかに自分は在る
すべてはやがて繋がる

海水というひとつの奇跡の物質に包まれていると
ただいるだけでボーダーをはずしてくれる
気の満ち満ちた世界
彼方の鯨ともやがてつながる予感・・

海へ流れ落ちる滝をまとった御蔵島への旅は、しばらく私の中の体液に宿る

この夏、もっと潜れるようになりたいな。

xusa

*写真はどれも御蔵島のふくまる商店さんで買ったポストカードを使わせていただきました。
 あまりにもこのとおりでしたので。




  1. 2010/07/30(金) 12:30:41|