草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

草間の宇宙



xusaが週一回、草ランチをつくって出している、逗子のCINEMA AMIGO(シネマ・アミーゴ)で今週おもしろい映像を上映しています。

夏休み子供企画  「草間の宇宙1」栗林慧さんの作品  *CINEMA AMIGOの仲間の栗林隆くんのお父さまです。

自作の特殊なカメラで撮った昆虫たちの超ドアップの映像には、もうビックリ!オモシロイ!
興奮しました。
バッタも手を使って、うちの猫のように器用に顔を洗っています。ものすごくカワイイ。
両手で葉っぱを押さえてムシャムシャと食べる姿もなんだか人間の幼児のよう。
ああ、いっしょなんだな、あんまり境がないな、と素直に思え、ムシたちがとてもいとおしく、感銘を受けました。
今はもうゴキブリも逃がす私ですが、ますます虫にも心が向かいます。
なにしろその形が魅力的!ものすごく多彩で芸術的!命の進化の妙にも心打たれます。
そして、これらの虫たちが、土や草などの地球の地面付近の環境をカンペキに作り出す役割を担ってくれていると思いました。
彼らがいなくては私たちは生存できません。
それがよくわかりました。
にしても虫たちの外見の美しさは奇跡のよう、
それに比べると人間の身体はほんとにシンプルですね。

お近くの方はぜひ見にいらしてみてください。
http://cinema-amigo.jugem.jp/?eid=400

xusa
  1. 2010/08/18(水) 08:39:33|
  2. 草と虫