草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

藍色の指先

藍染めをしたすてきな女の人が、染まった指がうれくしてそのポートレートを送ってくれた。まいゆび

そして昨日はIIDで子供たちとの生葉染め。午前中はこの世に出てきて4年目とか、そういう子たちばかり。ぬるぬるの藍の汁で遊びました。
どろんこあそび、草ぬるぬるあそび、わたしもいろいろやったなあ。(そして今でもやってる!)

手を洗ったあとであまり色が残ってないけど、かわいい指先。
kodomoubi

今年は世田谷ものづくり学校ではこぼれ種子からの発芽が少なく、追ってやった種まきもおくれて、あたたかくなってからだったので、いたいけな芽がダンゴムシたちのスプラウト食になったり。秦野から移植して、なんとかかんとか帳尻あわせ。と思いきや、ひでりつづきの都会で、水やりもままならずいたら、葉っぱがちぢこんだり...。自分の都合もあってなかなか手入れにはいけず、けっこうつらかったけど、染まったときのみんなの笑顔にすべてはふっとぶね。
草や虫などの生き物と、それがいきるところとの関係とか、ぜんぜんわかってないのに、たくさんの贈り物をもらう。

もうすぐ満ちる月は煌々として、まだ暮れきらない都会の夕空にも輝く一番星。
その風景の一瞬の中でいろんなことを感じる。
何にも意味も意図もないのか、あるのか、あるように錯覚して、ゆくのか。
染まった指先はその人の体の一部、宇宙の一部、そしてすべてでもあるみたい。  musi
  1. 2010/08/22(日) 09:11:44|
  2. 季節の行事