草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

夏のわすれもの 2

<ほうろく灸をすなる>


この夏もまたしてみた、ほうろく灸

一年で一番暑い、大暑の日に暑気払いとして、
頭に焙烙をのせて、そのうえでヨモギの灸をする。

今年の大暑は23日だったのだけど、
マヤの13の月の暦でいう大晦日の日、7月25日にしてみることになった。
26日の新年を迎えるにあたって、一年の業(?)を頭からスポンと抜く。。

モグサはそのへんに生えているヨモギから自分でつくったもの。
見かけはとてもモグサといえるものではなく、粗っぽいけれどキメこまやかな煙がすううっと立ちのぼる。


IMG_2690.jpg


食べたり、身を癒したりの草はやはりすぐそばの野生のものにかぎる。
エネルギーの質もよく、なにかとても揺るぎない力を授けてくれる。
身と土は二つにあらず

葉山の南の山あい深く、川のほとりで静かに座り、頭の百会のつぼにお灸~

みんなで鉢皿をかぶって神妙に坐るの図。  xusa



  1. 2010/09/04(土) 09:10:31|
  2. 季節の行事