草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

夏のわすれもの 3



<イルカ雲>

8月のおわりの日
xusaがいつも泳いでいる海にmusiもきた
夕焼けを浴びながらいっしょに泳ぐ
イルカの雲がいた
夜は浜辺のブルームーンで奄美の朝崎さんの歌を

きのうは白露
そして葉月朔日
旧暦の8月はまったく秋のはじまりだったんだ

草露白し

xusa

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ああ、あの日はとてもよかった。ありがとう、大切な場所につれていってくれて。
海にしろ、川にしろ、温泉にしろ、「そのままの水」にそのまま身を浸すと、生き返る。
夏は水道の行水もわたしには欠かせないけど、毎日この「そのままの水」海につかっている人は生返り度が高いだろうなあ。いいなあ。

xusaがあんまり夏の忘れ物をしているから、なかなか夏がおわらなーい。musi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残念ながら今日が最終回。ついに夏の終わりです。  xusa
  1. 2010/09/09(木) 09:11:22|
  2. 季節の草虫