草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

季節のかわりめ

9月28日は、七十二候の虫戸を閉ざす。とうとう、寒くなる。
季節の変わり目は、病弱なmusiにはしんどい。弱音ではないけど、わたしは実は弱っちい(そうは見えないらしいのだが)。大好きな秋になるのに、そこへ入るには、ぜんそくの発作を通り抜けなくてはいけない。今年は暑くて、だからずっとぜろぜろしなくて、よかったのだけど気温が急にさがると、夜中に目が覚める。息苦しくてのどや鼻がかゆい。
でも今年は春から早起きをちょっとやったので、発作になりそうになったら、きっぱりと起きることにした。こうなるともはや早起きでも夜更かしでもないリズムだ。勤め人にはなれないよ。

変わり目はどんなものでもしんどい、ですよね。
子供から青年へ、青年から壮年へ、そして壮年から老年へ。
個人差はあるだろうけど、先日人間45周年をむかえた私は、自分のおばあちゃんになりきれない、おばさんの時代の中途半端さに慣れない。若くもないし、年寄りでもない。軽いところでは、若作りはさけたいし、かといってババ臭くもなりたくないし。。。なんてもんもん。自然ってなんだろうなんて改めてもんもん。

変わり目は悩ましい。多いに悩んで味わうしかないね。musi

くるみん
オニグルミ。秋蒔きしてたら背中に激突、びっくるみーぃ。





  1. 2010/09/25(土) 14:55:07|
  2. 七十二候