草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

くさみち、むしみち、いののみち

れんげたくさん


ぴろろと水路まわりをととのえる。
ずぶずぶのどろんこみち。しょうぶのかおり。水のにおい。
ふりかえるとれんげの花。
これが肥料になるのかならないのか、ほんとうはよくわからないけど、花がいいんだろうな。それでこの農法が、はやったんでないかな、と思う。
勝手に思っているだけだけど、こんなに花を喜んでそれで稲がそだつなら、ずいぶんうれしい。
あぁ、みんなに見てもらいたいよう。連休中、いくところのない人は来てね。

ぴろろはこのごろ道づいている。
あぜ道もしあげたし、水路にも足をつっこんだし(文字どおり!)、手入れされていない雑木林を歩いて「この道は通れないとか、勝手に決めつけてしまっている人間になっていたんだな..整備された道が道だと思い込んでしまっているんだ..」と思ったそう。

もっと自由にこころを開放してかなくちゃ! なんていうんだよ、すてきなひとだ。

翌日、みさちゃんところで八重桜をわけてもらうがあまりに高くて手がでない。

見上げ八重しゅうかく


しろが手伝おうと木にのぼってくれた。
ゆうやけこねこ

ゆうやけこねこたち。
musi
  1. 2008/04/23(水) 19:14:20|
  2. 田んぼ