草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

チュー太

いったいチュー太はどこにいったのだろうか。
猫のアニャが亡くなって、その気配がほぼ消えた去年の秋から
ヨモギウエハラのうちにネズミが出て、
夢にまで出てきて、
私はいっときネズミノイローゼのようだった。
秦野はさておき、ネズミとの暮らしははじめての経験で、それはそれはいろいろ教えてもらった。「自然との共棲なんてよくいってたね」と家人にいわれたが、ほんと、そうだ。人間の文化はネズミのおかげで進化したのだ、と。もしかしたらネズミ文化論が書けるのでは、と思ったくらい。ネズミと人間の関係は深いのですね。
(うちではチュー太のおかげで台所のレイアウトが変更されし、月桃の籠の威力を知ったり)

しかし、6月のビワをかじったのを最後にチュー太は来ない。来るか来るかと、ぜったいにクルミやピーナッツなどは外に出さないようにしていたのに、ビワの種にあたったのか、猫が屋根裏に入ったからか、来ない。

チュー太の行方が気になる。しかし、まだクルミをそこいらに転がしとく勇気はない。  musi

満月
  1. 2011/01/25(火) 19:55:55|
  2. 動物