草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

大地へのグラウンディング

2-12B5w.jpg


来週、葉山でこんな講座を主催することになりました。
サーフィンをはじめるきっかけをくれた友人とともに。
ときどき行ってる東京の気功のクラスで指導されている三代さんをお呼びして。

大地へのグラウンディング
身体がまちがうことなく接地した時の、その感覚、
それは実は当たり前のことなのに、ふだんなかなか意識出来ないことです。
都会で暮らしていたりで、一生それを知ることなく過ごす人のほうが多いかもしれません。

草の仕事を始めた頃に、さいしょに実感したのがそれです。
物理的、身体的に、というより
直感的にからだに入ってきた・・
地球にまさにアースした感覚、
他に何もいらない、という充ちた心持ち。
自分のなかに拠り所を見いだし、ひとりでスックと立てる、しなやかで強い、その感覚。
ああもうだいじょうぶ。

今回のWSはその着地感を明解なアプローチで実感させてくれる時間です。

とにかく身体を楽しく使うことが大好きな私は、地球の軸とバランスをとることを、小さいころからずっと楽しんできました。
なので2年前にツナ(スラックライン)と出あったときには、もう身体は大喜び。
これはおばあちゃんになっても続けたい。
きのうの朝ツナではまた新しい技を身に付けることができました。うれしいな。

そういえばツナにさいしょに出会わせてくれたのも、このワークショップをともに企画した友人です。
からだ感覚友だち。

身体を持って生まれたことを全身で喜べる、そんな身体とのつきあい方をしていきたい、つくづくそう思います。

xusa
  1. 2011/02/05(土) 19:04:41|
  2. からだとこころ