草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

小豆味噌仕込みと籾摺

伝説の旅食堂でサポートをしていたキヨが小豆味噌をつくったのを知って、去年は二斗だけ仕込んでみた。小豆は大豆より高いし、失敗したら、、、と思って少なくしたのだけど、思いのほかおいしくて、ことしは堂々16kgの小豆を購入(うち200gは自前小豆、ちなみに去年は20粒くらいだったかな)。私の味噌道楽もここまできたかあ、と半ばあきれたが、もともとは「おばあさんになってもできることを」とはじめた杉桶四斗味噌仕込み。たいまぐらばあちゃんのことを教えてもらった南部桶正の桶で、かれこれ7年くらいやっている。いつもxusaをはじめ、とびきりおいしい友たちと。
2009緑の糀
2010小豆味噌
仕込んだあとは、ヨガティーチャーでもあるまいちゃんヨーガとたくやカリンバで至福のとき。

そして翌日は、ついに籾すり。
takemi
gennmai
kikaimomi

なんやかんやと文句をつけてた非電化工房の籾スリマシーンは、要は外れた籾と米を箕でふるえるかどうか、の問題で、これはひとえに自分の技なのでした。
たまたまカトラリーを制作するための木をとりにきたhasuikeのともちゃんが、子供のころ鳥の餌をふるうのが好きだったとかで、すごく上手なのでした。でも、箕でわけながら、ふーふーと息でとばすので、 kumakoもhakkaもみんな酸欠になりそうで、やっぱりみさちゃんの機械を借りた。でも半分だけにした。あとの半分は、箕でふるう練習にしよう。息で吹かなくてもできるように。

マラカスの要領でtakeが箕をゆすってたのがなかなかでした。踊るようにできたらいいのにね。これもばあさんになるまでの課題だわ。musi



  1. 2011/02/27(日) 11:35:17|
  2. 季節のしごと