草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

筍生ず

満月を二夜先にひかえた夜、体を思う存分動かしただるさと体がひらく心地よさ。
丸二日間ただただ土の上、草の中にいたのだ。
この春は種まきなど遅れ、それは6年つづけたことを(震災のためでなく)変えようとしたこともあったから、でもどうもやる気がわきおこらず、しかし種だけはいつもより衝動的に多く買ってしまって、なんだかめちゃくちゃな状態だった。(ビーツのタネなど買ってしまっていったいどうするの? ルバーブと同じはめになりそうなのに。。)

このまえ会った人が「春になって体がひらいていくのに今年は固くなっている人が多い」といっていた。自分も心当たりがある。気持ちを穏やかに集中して、体をゆるめることができなくなっていた。気が散っていくのだ。

それがおとといほぐれて、少し春になった。こんな感覚はじめてだ。いかに恵まれていて、いや鈍かったか。

みなさんはどうですか。musi

チヂコマッテイタ、シダヒラクヒカル。
しだひらき
  1. 2011/05/17(火) 12:17:57|
  2. 七十二候