草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

おみなえし

ハダノのおばさんから女郎花を株分けしてもらった翌日、早起きして散歩したら、男郎花おとこえしが咲いていた。
おとこえし


おばさんはその昔女郎花を山の沖のほうで少しとってきて増やしたそうだ。カヤにまぎれながらも花が目立つのでよく摘んだって。今でも咲いているかな、と私がいったら、咲いているかもね、でも山が荒れているからそこまでいけないよ、といわれた。当時は下草も刈っていて「そりゃあきれいだったよ」。
そんな話をしながら、となりのミサちゃんが腰が痛いといってたけど、おじさんは腰痛くなかったの? と聞いたら「年とってくるといろいろ痛くなるけど」といってしばらくおいて
「おじさんはかっこよかったよ、腰が痛いなんていったことなかったよ」とぴしりといいはなった。
おばさんはおじさんに惚れているのだ、亡くなった今でも。ほんとにさみしそうで心配。。。

早朝の白い花。これはおじさんなんだね。かっこいい。

おばさんの庭のおみなえし。
おみなえし

腰が痛くてもかっこいいみさちゃんの棚田
みさだん


午前中は緑の陰のヤブランたちと働く
やぶらん

musi
おまけお知らせ:
現在発売中のソトコト9月号の108ページに秦野のおばさんとインドのナニの記事を書きました。編集者の久島さんが「インドと日本、 地に足のついた暮らしを巡って」というサブタイトルをつけてくださいました。
同じ号の2色ページの連載は木綿の話「木綿モーメント」、繊維の話なのでちょっと気合いいれて書いてます。
  1. 2011/08/31(水) 00:20:00|
  2. 草虫恋噺