草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

米と研ぐ、炊く、蒸らす

飯炊きワークショップのお知らせを以前にしましたが、ようやくそのイベントのhp告知ができました。
立花英久さんの写真がきれいなので見てね。湯気が~~~~~~~

komedougu
2011年11月2日(水)から11月7日(月)まで
12:00~19:00 東青山にて 根津美術館の向です。

今回は道具をセレクト制作する東屋が長年かけて開発したお釜がともかくいいのです。これは普段は辛口というか、あまり道具をほめないmusiも、ほめたくなってしまうもの。伊賀の土も職人の柴本さんも、またあきらめない東屋も、すばらしいのだと思う。土鍋は往々にして重く、また重い方がおいしいご飯が炊けるのですが、日用品としての使い勝手から、ぎりぎりまで軽くしてもらいました。私は二合炊きを使っています。
なんかマニアックだけど、内蓋なんか、洗っているときすごく気持ちいいんだよねえ。柴本さんにはお会いしたことないのですが、陶芸家とは名乗らず職人であるのが、恰好つけでなくて、ほんとうなんでしょうね。

さて、あさってくらいには、草暦のお知らせができそうです。待っててね! わたしたちも待ち遠しい。musi

  1. 2011/10/28(金) 21:34:51|
  2. musiの仕事