草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

海水夕日浴




山裾の自宅から、ころがるように駆けおりれば海は5分なのに
昼間なかなか行けなかった。
夜はよく行くのに・・

きょうやっと夕暮れに泳いで今年の海開き。

ラッコのようにぷかぷか浮かんでのんびり雲を見る。

陸を見る。

沖からモコモコに生い茂る山の木々を見る。

浮かびながら身体をつかって海水をかきまぜたりして遊ぶ。。(ふふ)

見守ってくれてるのは上空のトンビと
御用邸見張りのおまわりさん・・!

あ~~~でもやっぱりいいなあ~
生き返りました!
明日は朝から泳ごう

それにしてももっと水がきれいだといいのにな。
こういうものを作りました。
なかまの海の家に貼ってもらっています。  xusa

海辺での洗い方


:::::::
ちょうどその日、わたしは何年ぶりかのプールに。
うちからは3分くらい。これが海だったらなあ。。。
でも、塩素臭もなんのその、水にはいるのはすごーく気持ちよかった。
これも友人が水着と帽子をくれたから。たまたま私が、このごろではパンツが長めのがあって、そういうのなら着てもはずかしくないかなあ、とぽつりといったら、眠っていたらしい水着(ほぼ新品)をゆずってくれたのです。本格的に泳いでいるこの友人とは陶芸家の井山三希子さん。
最近本を出されました。誠実な彼女の声がきこえてくる良書「作ること、暮らすこと」(産業編集センター)。これを読むと、どんなモノでも、けっきょくは手にとる人しだいなのだなあと、と思います。現代美術でも日用品でも境目なんてないのだなあ、と。
井山さんはモノが好きだといい、私はできれば少ないモノで暮らしたい希望があって、表面的には違うようなのだけど、共感するところがとてもあるし、なんていうか、彼女には一目おいてます。
そういえばこの本をよんだあと、しばらくほっておいた白いズックをごしごし洗って、さっぱりとした。

↓夕食とスイミングのページ。すだちそば。 musi
すだそば
  1. 2008/07/15(火) 21:52:40|
  2. 自然環境