草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

たなばた ササ

あおかえる
七夕、立秋。
さといもの葉の上 アオガエルしっぽがきえてひとりたち

さといもの露をあつめて墨をすって願いごとを書きました。
「星がたくさんみられますように」

今朝、サーサーノーハ、サーラサラと口ずさんでいたら、ササのおくりものがありました。
和歌山の海南市「おまめ」という店の「なれずし」です。
スピンハウスポンタが出している「スピナッツ」という手紡ぎ専門のコアな雑誌に前号から連載をはじめたのですが、次号は柿の葉寿司にちょっと触れます。そのつながりでぽんたさんが本場のなれ寿司を送ってくれたのです。(昔からのなれずしとは違う初心者(?)バージョン)

こんなこわおもての包み。
なれ2

ササの葉は、マス寿司とかそういう大きさのものを想像していたのですが、くるくると酢飯をまいたササはながーいながい。なんでも和歌山あたりの潮風があたるところにしかないササ(アセともいう)だそうです。どんなふうに生えているササなんだろうか。しめ鯖としょうがのいれかたも豪快です。画像クリックで大きく見えるよ
なれ2

南国の海の味、夏ばてがふっとぶうまさでした。
谷崎潤一郎さんに自慢したいくらい! というのも谷崎さんは陰翳礼讃に柿の葉寿司のことを「家でつくって夏中そればかりを食べた」と書いていて、レシピまでのせていたから。それにつられて私も柿の葉寿司をつくったのですが(おいしくできたけど)、彼は自分でつくったんではないことがわかりました。なんでこんなロングセラーなのにそこを指摘する人がいないのだろうか、ということをぽんたさんと話していて、今回なれ寿司をいただく運びになったのです。あのレシピで手がべとべとになってプンプンしたけど、やっぱり谷崎さんに感謝です。
//////////////
ぽんたさんよりササの画像を送っていただきました。これ、日南の海辺でたくさん見たヤツラです。なんか表情あるなあ、人かトリみたいだなあと思っていました。musi
あせ



:::::::
ことし七夕の日は伊豆
天の川、流れ星、牽牛星、織女星・・よく見えました

草の露集めは七夕の前日の朝するのだとか。
それで墨を擦り短冊と紙縒りを母の和紙で手づくり、願いごとではなく草を祀った、
おととし草の七夕

たなばた  xusa



  1. 2008/08/07(木) 14:50:22|
  2. 草で作られたもの