草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

ノイバラ

noibara1

noibara2

noibara3

今年ははじめて秦野のノイバラの花にあえました。
もう10年も通っているのに、はじめて。

ノイバラはそこらじゅうにあるけど、大きな木のままにあるのはめったにない。
たぶん人の通るところはとげがあるので、伐られるのかな。
かくゆうわたしも、小屋のまわりにノイバラを育てたいと思いながら、なかなかできない。

とげのある野生のつるショクブツは、コントロールしようとしてできないね。

ここのバラは、手前にハコネウツギがあって、そこによりかかりながら蔓枝をしだらせている。
偶然の仕立て方の妙。

そこにもぐりこむと
羽虫たちの羽音と、小川の音、そしてバラの香に気が遠くなった。
我にかえって、こっそりと花びらを食べてみる。

すばらしい!

香の甘い花びらをわけてもらおうと、開きはじめの花びらをそっと集めだしたけど、
なんだかすごくさもしい自分をみつけてしまい、ひどくはずかしくなった。

だれかにこの花びらをわたしたかったのだけど、そんな必要はなく、
ここでその人たちのことを想うだけでいいのに。  musi



:::ワークショップのおしらせ:::

6/24日日曜
IIDで塚田さんの花いけ「旧暦で端午の節供~みどりしたたる~」

6/29日土曜と30日日曜
東青山で今年は黄熟梅漬け 


  1. 2012/06/17(日) 21:08:02|
  2. 季節の草虫