草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり



引き続き、毎日、海。
加えてよく働いてます。
肉体労働も、デスクワークも。
やっと葛糸つくりも再開。
汗かいたら下の海にざぶん。
この前はmusiさんも来ていっしょに海であそびました。

このところの高波で、下の浜がごみ捨て場のよう、膨大な量のビニールが舞い上がっていました。
この透明&半透明のビニールは、海亀や海鳥たちがイカやクラゲと間違えて飲み込んでしまい、たくさんの命が無駄に奪われています。
いまや彼等の胃袋はビニールだらけ。
人から見た景観は二の次、カメやトリのため、日頃からそういうまぎらわしいビニールは拾ってたのだけど、今回はあり過ぎて途方にくれました。
さっそくfacebookで呼びかけたら、早朝から自転車に乗って、みんな来てくれました。
なんてステキな町。
たまたま通りかかった人や、犬の散歩の人も一緒に拾ってくれたり。
なんせ膨大な量のビニールごみなので、朝の時間では拾い切れなかったけど、見違えるようにきれいになりました。
汗だくになって、そのまま海へ。

IMGP1385.jpg IMGP1402.jpg 
ビニールだらけでしたが・・きれいになりました。見えてるのは石・海草・木など自然物


夕方また、浜に降りて夕焼けを浴びながら、ヨガで、深い呼吸。
トンビと遊んで、大の字に寝ころんで。

そしたら東に十四夜のほぼ満月。

明日はブルームーン

そして父の命日

夕焼の空と波に向かって亡き人たちのなまえを呼んでみる。
海はすべてを洗い流して。

そして再生。

すっかり細胞を入れ替えて、山に帰る。

今日もよい一日でした。

海は強くてきびしくてやさしくてあたたかい。

ありがとう海。

xusa

IMGP1408_2.jpg


  1. 2012/08/30(木) 20:26:19|
  2. 海辺の生活