草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

暦もあるけば。。。

昨日は都内のお店に草暦の納品をして、
musiはお世話になっている編集部関係のパーティーに立ち寄りました。
ちょうど新宿でPCのキーボードやらデジカメの修理やら用事があったので、その足でパーティー会場のozoneにいったのでした。ふらりと。
そこで、大学時代の同級生にあったのです、ばったりと。
私は大学を3年も休学して、なんとも自分勝手に苦しいときを過ごしていたので、あまり大学時代の友達には会いたくないという、これまた自分勝手な態度で長らくいました。でも最近はそれがふっきれてきたところでした。

同級生といっても違う科だし、休学したから、ほとんど私のことなんて忘れているだろうな、と思っていたのに、なんと彼女はひとことふたこと交わしたあとに、
「みんな、のりのこと心配してたんだよ、いま、のりらしくやってんじゃないの、よかったね」といったのです。
まさかそんなふうに友人たちが思っていたとは知らず。つくづく私は自分勝手だ、と痛くてありがたい気持ちになったのに、
「え、そうなの?」とばかみたいな言葉しか返せない。それに対して彼女は
「あたりまえじゃん、そりゃあ心配するよ」と。

(廃人のようになっていった人も少なからずいる、死んだ人だって。)

曇った夜空をみあげながら、新宿からよもぎ上原まで、でまかせの歌をうたいながら歩いて帰りました。

今日は東京は大雨です。静かに暦のひもつけです。musi

  1. 2012/11/06(火) 12:34:33|
  2. 徒然