草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

北国とのぶつぶつ交換

北のめぐみ

実りの季節、北に住む友人たちからはリンゴやその加工品、そしてしょっつるも。

こちらは南国というわけではないけど、岩手や青森ではめずらしいスダチやしょうが、こんにゃくなどを送ります。

しょっつるはナンプラーの仲間なので南国でもつくれるのでしょうが、三陸でとれた魚からのしょっつるは、つくる人のせいか、とても透明感があって、おいしい。(ちなみに彼女は桶屋のおかみさんでもある)

紅玉でつくったアップルジェリーも、やっぱり北の国の清浄さがあるのか、その人のせいなのか、宝石みたいです。(ちなみに彼女は科学系の翻訳家)。

宅急便のおかげで、個人的にこういう「交易」ができる。
交通の発達。車、石油。
自然界の恵みと人の知恵の融合。

musi
  1. 2012/11/26(月) 15:19:16|
  2. 季節のしごと