草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

クレマチスとコンプレックス

草虫くれまちす

(今もあるのかな)カネボウファッション研究所で同僚だった、現在はシュナ&バニの朋子さんから、退職するときにいただいたクレマチス。
毎年咲いて、私は、しばらく会っていないすてきな朋子さんのことを思い、そのときにいただいた言葉に自分を照らし合わせる。
「大柄だけど繊細な紀佳さんに」っていってくれたのでした。
私は図体が大きいので、そのせいにはできないけど、おおざっぱなので、雑になりがちです。
小柄な人って、かわいいし、なんかやっぱりこまやかそう。
だからまったく繊細さとはほど遠いmusiなんですけど、朋子さんがそういってくれたことを毎年思い出して、クレマチスみたいになれたらなあ、とまぶしくなるのです。
大きな鉢を最後の出勤日にもってきてくれて、あれからもう15回は花が咲いたよ。

ドクダミはかわいいねえ。
そのドクダミをもらっていったおばあさんがいました。
去年、玄関先であったおばあさんが「ドクダミの季節になったらもらっていっていい?」と話しかけてきたのでした。いつくるのかあ、そろそろだなあ、と思っていたら、置き手紙。
落とし文、ですねえ。
草虫ドクダミ

  1. 2013/05/22(水) 18:53:59|
  2. 季節の風物