草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

ビロードの肌、ルビーの輝き

遅れていた梅の干し仕事、夏休み前に終えました。
場所や用具の関係で、まずは白梅を干して、赤紫蘇の梅へ。

梅バアの梅干しのワークショップでは、「干せなければ干さなくてもいいですよ」といっていますが、
せっかく晴れたらやっぱり干したいですね。
そのほうが保存性は高まるし、持ち運びもしやすくなります。
お部屋の中でも干してみてくださいね。
ただ、干せないからと、梅仕事をあきらめないで、ということなのです。
カリカリ梅はわたしも干してないし。

完熟梅をたっぷりの赤紫蘇でつけて、干し上がりのタイミングがあえば、
ビロードの肌触りで、果肉はルビーの輝き。これぞ梅星、きらきら。
塩が析出せずに、やわらかく干せたら、ということですね。

うめぼし1

「完熟梅赤紫蘇たっぷり」の高級梅干しは毎年少しだけつくります。
完熟梅はたくさんはとれないし(拾えないてこと)、うちの赤紫蘇も限られているからなんですけど。
上手にできたものはよくよく見ると、まだウブ毛があるのです。

うめぼしアップ

そういえば、梅を干せる暮らしがしたい、というのが会社勤めをやめた理由だったなあ。
月暦七夕の願いが、ひとつはたしかに、かなっていたのだと、
ないものねだりをしがちな自分に、お伝えしました。

現実は、一歩一歩。

今日も端っこからやっていこう。

まるで一足飛びに別世界にいくように、夏休みの昨日はずいぶん遊んだから!
(なんとお盆の首都圏、渋滞無しに三浦海岸まで連れていってくれた友達がいたのです。彼らも、きっと毎日毎とき、ひとつひとつやっている。ちょっとした奇跡に感謝)

musi
  1. 2013/08/15(木) 13:05:28|
  2. 季節のしごと