草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

びっけ の なぞ 着物ドレス

先日、着物ドレスの原崎りつこさんのアトリエ訪問について書きました。
そこに「きりじつけ」という、縫うところの印つけについて書いたところ、
「文化服装学院師範科卒」の母上をもつ友人から、「きりびつけ」じゃないの〜とご指摘いただきました。

着物ドレスの会場でも、ワークショップ中に、ちょきちょき「きりじつけ」をしていたら、
某大物芸能人の付き人というおもしろい女性(彼女も文化出)が「ああ、きりびつけやってるねえ」といったのです。
しつけ糸を切るから「きりじつけ」と勝手におぼえたmusiはちんぷんかんぶんで、
この「びっけ」(友人から「きりびつけ」という言葉を知らせてもらっていらい、妙に気にいって「びっけ」と愛称をつけたのでした)の謎を解明したくなりました。

もしかして「切り火」と関係あるかな、いや「切り尾」か??
洋裁だから、英語を見れば何かわかるかな?、と数分(たった..)思いめぐらせたあげく、
和裁と関係あるかもとひらめいたのでした。(ちょっと自慢げ)

やはり和裁からの言葉のようです。
切り火かどうかはわかりませんが、「きりびしつけ」というのを検索でみつけました。
「きりび」をつける、とも。
こんど図書館にいって調べよう。
どなたかご存知の方教えてください。

おもしろい言葉だし、技術ですね。

先ほど、展示がおわり、musiも母の羽織からチュニックをつくり、
「きりび」のあとをちょんちょんとっています。
けっこうとれないものです。

さて、今回の展示の思い出、

捨てられる寸前の夫の亡き母の着物がイノチをふきかえしたシーン。
古い、義理の母の花嫁衣装に風が通り抜けたり、
亡くなったお母さんの着物が。。。
おばあちゃんの着物を服にしてお母さんにプレゼントに、、、


ひとつひとつが年月の物語をもっていて、それらが生き返るみたいな、できごとがたくさん。

洗濯機でじゃぶじゃぶを前提にしていない染織りものには、
表現の幅がかえってあるのだな。

いわゆる新興のアジア諸国でおこっている、古い布が消え去る現象、この日本でも現在進行形。
その現場をまのあたりにして、哀楽。

美しさって、次の瞬間にはなくなる。
そこに切り火をうつ?

musi

MG_9543-のコピー-のコピー1-1 MG_9473-のコピー-のコピー MG_9432-のコピー-のコピー MG_1165-のコピー-のコピー
Photo / Yukie Matsuo Hair & make up / Yu Makiuchi Model / mai asako
  1. 2013/10/29(火) 22:11:35|
  2. musiの仕事