草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

簾ごしの庭

よもぎ上原の庭はだいたいにおいてシェイドガーデンです。
日陰で育つ草木たちにはいい場所で、ここに住み出してから5年くらいは、日陰植物で育つ植物ばかりを気にしていました。(露地といわれる茶室の庭に夢中になったりしたのでした)
いわゆる斑入りの葉ものは、日に当てると斑がなくなる傾向があるので、日陰があっています。
そして、庭ををあかるくしてくれて、小さな都会の日陰の庭にはかかせません。
でも、いっとき園芸植物よりも野草ばかりに夢中になり、また、秦野で里山の植物に触れるようになって、なんとなく斑入り種を敬遠していました。
だから長い間、庭の斑入りの子たちもほったらかしだったのですが、やっぱりに暑い夏には涼しげです。
斑入りのヤブラン、斑入りのギボウシ、斑入りのアジサイは、ここに越してきたときにすでにあって、当初えこひいきしたので、ふえています。ほったらかしでも、風土にあっていれば、よく育つんですね。

すだれごし

今日は先延ばしにしていた簾を書斎の西日の入る窓につけました。
ちょっといそがしくて、暑いし、メンドウくさがって、窓の内側にたてかけていたのですが、あまりに暑いので、メンドウくさがってもいられなくなりました。
やっぱり外で日光を遮断したほうが部屋は暑くなりませんね。
風が強い日にはとりはずすか固定するなどの、一手間がありますが、この暑さではだんぜん外付けです。

簾越しに見える景色は、陰翳があるせいか、涼しげでもあります。
朝から働いてよかった!

これで夕方も仕事できるわ。

musi
  1. 2014/07/27(日) 11:03:55|
  2. 自然環境