草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

7月の草講座

IMGP5898.jpg

musiさんのお庭は「簾ごしの庭」のようですが、
うちはさしずめ「草越しの庭」でしょうか。

猛暑の都会暮らしのmusiさんには申し訳ないほど、緑の風が心地よい日々です。
やたらとはびこるトケイソウのグリーンカーテンをかき分けて庭へ出入りするワイルドライフ。

musiさんが好きだという、お茶室の露地スタイルなどは、
京や江戸の屋敷のように囲われたミニマム暮らしから来る、とても都会的なものなんだなあ、と
今日読んでいて気がつきました。
この海辺のダイナミックで野放図な土地に暮らしているとつくづく、縁遠い世界です。

東京の住宅地育ちのxusaですが、
身体はいつのまにか思いきり無制限の解放に向かってしまったようです。

そんな夏真っ盛りのなか、
草舟では元気よく草講座はつづきます。

7/31はまだ少し空席があります。 受付終了しました
8/19には「てのひらワークス」千年続く日本古来の技法、白なめし革を使ったサンダルつくりWS開催。
近々お知らせをいたします。乞ご期待。


7月の草講座

草たちが最も元気で伸び盛るこの季節、
その草のエネルギーをこの時季に、あらゆる感覚器官を通して取り入れておくこと、
それは身体の循環に大切なことのように感じています。

夏の草講座のご案内です。
草のあれこれ、7月、8月と講座は続きますが、外は暑いので室内の手仕事です。


【草講座*草のおしえ=モグサつくりと日々の薬草・草のお茶=】
_______________________________________

矢谷左知子

草舟の庭は、野生の草の宝庫です。
雑草と言われる草のほとんどは、人の暮らしに役にたってくれるものたちです。
庭の草たちを摘んで料理やお菓子につかったり、お茶をつくったりの日々の中で気づく草のこと、
草のおしえのお話と野生のヨモギのモグサつくりの時間です。
草のお茶を飲みながら、身近な草と向き合ってみましょう。

■日時  7月31日(木)10:00-13:00 受付終了しました 
■参加費 2500円・要予約

::::::

*お申し込みはこちらのメールフォームよりお願いいたします。

IMGP6003.jpg
いちだんと茂ってまいりました

xusa
  1. 2014/07/28(月) 14:16:21|
  2. xusaのしごと