草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

えみおわす 手仕事の服、食べもの、写真展

友たちと、ともに働き、遊ぶ。
東京代々木上原で一週間にわたる「えみおわす」の会が来週木曜日からはじまります。
musiは食べ物担当で参加です。

こんな年末にするのははじめてですが、暦も販売させていただけるので、はりきっています。
大掃除、今年はちゃんとしようと思っていたので、いろいろと並行進行です。
みなさんもお掃除しつつ、遊びにいらしてください。
(旧暦で大掃除、といつも思っていたのですが、先延ばしにするとけっきょく中途半端になるので、今年は清々と西暦のクリーニングをめざしています、「計画は早めに」と肝に命じております)

と前置きが意味不明ではありますが、はじまります。

まずは水田順子さんが切り絵で制作した案内状。
ウールもあるし羊料理もあるので、羊がいます。彼女は動物をあらわすのが大好きなんですよ。

20141126_934420.jpg

2014年12月11日(木)-17日(水)
11:00-19:00 最終日は18:00まで
hakoギャラリー
 東京都渋谷区西原3-1-4
tel.03-5453-5321

えみおわすは綿、麻、ウールをつかった定番の服、冬から春に向けて
ウールがはいった生地でコート、パンツ、スカート。
インドの手編みのあたたかいニットシリーズ、ジャケット、チョッキ、
靴下、レッグウォーマー、手袋、帽子、手織りの大判ショールなどを並べます。
また、2階では写真展を開催いたします。
写真家の枦木功氏が撮影した、昌福寺でのえみおわすの服を着たひとたちをぜひご覧ください。

□石田紀佳 冬の道草料理
 菜食を毎日と、天然魚や、茶路面牧場の羊を使った料理を日替わり
 でお出しします。
   暖かな毛で外側から、その肉で内側から、わたしたちを温めてくれ
   てきた羊と人の関係に思いをはせつつ食の旅をしましょう。
  11-16日 12:00~

□おこさまボーイズ/おかゆぱんと焼き菓子
□海の子かぞく/伊勢志摩のひじき、あおさ
□セトキョウコ/柚子生姜茶
□岡山から、はちみつ、柚子胡椒、豆、柚子味噌などいろいろ。

□お話会 テーマは「食べること」14日 17:00-19:00
 参加費 1,000円 定員20名
*参加者は一品持ち寄りでお願いします。作ったものでも買ったもの
 でもなんでもだいじょうぶです。果物大歓迎!
(耕さない田んぼの五十嵐夫妻が参加をしてくれることがきまり、おむすびがやってきますよ)

□手織り大麻で蒸し用布巾づくり 17日 各6名さま
 11:00-13:00 おこさまボーイズのランチつき 2,000円
 14:00-15:30 おこさまボーイズのおやつつき 1,500円


食事、お話会、WSのご予約、お問い合わせはえみおわすまで
emiowasuアットマークemiowasu.com

詳細は下記からどうぞ。
ごはん→
大麻布巾→

  1. 2014/12/05(金) 19:06:07|
  2. 食べ物