草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

みそ小屋仕込み

大寒に入り、最も寒い時期。
この時期に味噌を仕込むといいのですが、目下みそ小屋の修理中なり。
立春あとの仕込みになりそうです。
まあ、毎年、新暦の3/3日ころまでには仕込むようにしていますので、まだまだ時間がありますね。

納屋の改装は去年から動きだしたのですが、たぶん意味があって、なかなか進まず、けっきょく一年越しで施工がはじまりました。
one kitchenのはらたくが親方になってやってくれています。
どうもmusiはリフォームの星の下に生まれたようで、新築の経験は(仕事以外では)なく、古いものをなおしては住まわせてもらっています。
しかし、こんなリフォームというかリノベーションというか、修理というか、、、ははじめての経験で、「住む」ということを真剣に感じる機会になっています。

この納屋はもう半年おそかったら、倒壊していたかも、というくらい、柱がぼろぼろで、生きている柱は四本だけでした。天空の納屋だったのです!

それにつけても、こういう古い家を中味を見ると、自分の肉体との相関を思います。
これはもしかして無理な延命治療で、やる必要があるのか?、と思ったり、
ああ、ぎりぎりセーフ。ここでしっかり再生して、あらたなスタートはきるのだ、とか。。。
けっこう深刻ですが、総じて前向き。

なやあずまや

納屋は、おそらく東屋として生まれかわるようです。
当初は、動物が入らないように(たぬきやハクビシン)、壁をしっかり直すつもりだったのですが、
やめました。
屋根だけはつけておきますが、外気をうんと感じる場所のほうがここにはふさわしいと思い直したからです。
味噌桶の置き方だけ工夫して。

なやゆうぼくみん
遊牧民さんの土間。こんなふうにできるかしら。

musi



  1. 2015/01/21(水) 00:02:31|
  2. 自然環境