草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

竹の壁

去年は竹灰づくりでしたが、今年は竹を裂いて壁にしています。
もう少し早い時期に採った方がいいのかもしれないけど、ぎりぎりセーフかなあ、と思いながら、3〜4年生の真竹を採って、火であぶって油抜きをして、裂いて、柱の間の幅に切りそろえて、ビス止めにします。
あまりにビスを使うので、もしかすると、紐でパネル状にしてはめ込む方がいいのかなあと思案しながらやっています。
日が射しているうちにこつこつはって、少し寒くなってきたら、竹やぶに入って、しょうしょう暴れて(?)、日が暮れかけてきたら、火であぶります。竹があったかいのです。
その竹をあぶった焚き火がいい感じの熾きになり、千里のお父さんが不耕起栽培したお米の餅を焼きました。くるりと仕事がつながって、なんとも満ち足りた気分。
竹はり
撮影千里

musi



  1. 2015/02/14(土) 20:38:43|
  2. 草で作られたもの