草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

おだやかで強い人

今日、ひさしぶりに会った、器をつくる人。
何年振りかわからないし、会っていたときも、たくさんお話をするわけでもなかったし、わたしは直接その器を買ったこともなかったのだけど、その誠実な作風は忘れずにいました。
知り合いがもっているのでしばしば使わせてもらって、なるほどやさしさがあるなあ、と感じていました。
いちど、あるギャラリーに、注器をつくる人を紹介してほしいといわれたときには、迷わず彼を紹介しました。そして今回も。
今回は、ひさしぶりに会うことになり、作品をお店の方といっしょに拝見しました。
お店の主の遠慮のない質問や注文への彼のうけこたえに感銘をうけ、なんだかぼおっとしてしまって、あらためてその人の仕事を、わたしなりに見渡して、自分を恥じる春の夜。
でも恥じながら、世界が広がる喜びがある。

山椒の小枝をもって自転車でかけて、桜のちらほら咲きをあおいだ日。

RIMG0470.jpg

musi
  1. 2015/03/26(木) 23:04:05|
  2. musiの仕事