草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

草ごはん

IMGP7864.jpg

IMGP7901.jpg

musiさんも東京で野草料理のコースをつくっていたのですね。
同じ頃、私も海辺の町で、せっせと草のごはんつくりをしていました。
CINEMA AMIGOのランチやら,
草講座での草弁当やら。

草・虫は相変わらずなにか同じようなことをしてますね。

季節はまさに草の時季。
みんな久々に地上に出てきた、まだ赤ちゃん。
一年でいちばん輝いていて、
なにを摘んでも、ひとつひとつから弾むような力をいただきます。

草を摘んで、それをどういう料理にしようか、と考えるのは愉しいし
かたちに仕上げて、盛りつける時が、もっともワクワクするとき。
料理人ではない私には、料理も草あそびの続きのようで、お弁当箱はキャンバス、
さりげなく、盛りつけが決まると、疲れもとびます。

IMGP7866.jpgIMGP7867.jpg

三浦大根カツ定食 for CINEMA AMIGO

出始めのヨモギの胡麻豆腐や野菜寿司+この時季しかつくれない、ボリューミーな三浦大根のフライ
下茹でと下味を一日かけて準備し、中はジューシー、外はカリッ。
CINEMA AMIGOにあつまる肉食男子にも大好評。

三浦大根は偉大です。
この時季には三浦半島に住んでいてほんとうにヨカッターと思います。

IMGP7873.jpg

ツユクサのサブジも絶品です。

はー、草まみれの春、

草たちはあっという間に大人になって、駆け抜けていきます。

今だけ、このときだけの味わい。
旬とは、はかなく、そしてインパクトの強い発光現象のようです。
一瞬の旬を存分にあじわいましょう。

xusa
  1. 2015/03/30(月) 01:06:57|
  2. 食べ物