草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

夏は手績みの苧麻布礼賛

東京の、渋谷の、よもぎうえはらの夏はきびしい。
おそらく町内すべての家にエアコンがあるんでしょう。
musiの家にはそれがないので、渋谷区中の室外機の熱を一手にになっている。。。
ラジオをつければ「適切に冷房を使って熱中症を防ぎましょう」なんていって、あーた、エアコン販売と電力会社とグルになってんじゃねーの? ってぼやきたくなる。
が、しかし、どうしようもないので、敬虔なイスラム教徒よろしく一日に五回以上の水浴びで、心身を清めておりまする。うちにお風呂があってよかった。(ついでにお洗濯マニアになってます。洗濯すると涼しくなるの。とうとう洗濯機を買おうかと思い出していたのですが。。。夏は洗濯機はいらないわ。)

シーツはもう梅雨明けから苧麻にしていたけど、今年の夏は、いろいろあって、夏支度がおくれにおくれて、今日、やっと苧麻のしつらえができました。
部屋のしきりをあけて苧麻のパーティションにして、貫頭衣的ブラウスにしたら、もう快適です!
リネンとはぜんぜん違うし、ラミーの紡績の布ともぜんぜんちがう。

手績みで繊維がつながっているので、熱をはらまないのです。
Tシャツみたいなニット素材ではなく、平織りです。

中国での手織りのものを青土さんから買った布です。
もうなくなっていくんだろうなあ、残ったとしても、高価になるだろうね。
と思いながら、もう一着、ちゃんとした形でつくろうかな、と思う。

熱中症対策には、手績みの苧麻布で決まりだね!

古い反物でコンディションのいいのがあったら、ぜひ夏服をつくってね。
それも下着にするか、下着を着なくて、素肌に触れるような服。


以上、苧麻礼賛のmusiでした。




  1. 2015/07/29(水) 22:09:30|
  2. 自然環境