草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

水洗式便所

ヨモギ上原のお手洗いは、
木製のハイタンクでの水洗式便所(説明すると長い)です。
チェーンをひっぱって水を流すもの。
なんどか修理してきたのですが、水をためるための浮きボール(というのか)の位置がうまくあわなくなって、水がつねにぽたぽた出ている状態になりました。
ほんの少しなので、水道代は100円あがるかどうかぐらいですが、そのぽたぽたという音が気になる。
そこで、タンクに水をためるのをやめて、タライに水をためて、その都度流すことしました。

けっこうな水の量をつかう。。。

なんだか新しい水を、自分が出たものを流すのに使うのは気がひけて、手を洗ったあとの水をためたり、台所で出た水を運んでいます。
庭の水やりが、雨樋からの水でまかなわれるようになって、台所の水を使わなくなったと思ったら、こんどはトイレに使う運命だったのです。

そっか。。。そういうことだったんだ。

日本は水に恵まれた風土だから、すべては「水に流す」という思想もあるのだけど、それでも、自分から出たものを流すための水をこんなに使っていたとは。
少しでも減らせば、ダムをたくさんつくる必要もなかったのでは?

人が密集して暮らす都会ではコンポストトイレはむずかしい、とあきらめてしまわないほうがいいのか、とか。

とか考えながら、お客さんきたら、タンクに水をためて、ふつうに水洗式ジャーにする。
さいしょの一撃の爆音にびっくりするけど、いたって簡単にことがすみ、らくちんだなあと思う。
でもこれが「文化的」というのは、違うなあと思う。
文化っていうなら、この水の使い方、この排出物の行方に、思いをめぐらして、どうにかしたい。
しばらくは、台所の水をためながら暮らして、探してみよう。

musi

:::::

うちは、外の水道がないので、このけっこう広い庭の鉢ものや畑の水撒きに
台所の洗い物の水や、せんたくの濯ぎの水をウンショウンショ運ぶ毎日ですよ。

染めの水も、雨どいが壊れたところに大きなバケツを置いてて、それを使用。

トイレも小用はときどきお庭で。
前はノグソフィアも。
場所がなくなってしまったりで、今はなかなかだけど、いかに水を使わないかのミニマムな日々。

水道使用量は最低ランクなのだけど、ここは山なので、パイプの口径が広くないと汲み上がらないそうで、
基本料金がものすごく高くて、それは泣きます。。  

xusa
  1. 2015/10/26(月) 07:52:43|
  2. 自然環境