草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

草の手仕事WS 4月の草講座 お申し込み受付中

◉4月の草講座

4/13(水) 草籠(かご)をつくる日
4/17(日) 季節の草で染める一日
4/21(木) 「一品庭の草料理教室」草暮らしお話と庭の摘み草料理 


IMGP1000.jpegIMGP1009.jpegIMGP7903.jpegIMGP8445.jpegIMGP8446.jpg
*お料理の写真は過去の草弁当で当日のものではありません


*お申し込みはこちらのメールフォームより
 ご希望講座名・お名前・お電話番号・ご住所・明記の上、お申し込みください。
 こちらからの返信が迷惑フォルダに入ることも多く、また帰ってくることもありますので、PCからのメールが受付さ れるようにしてください。
 メールで連絡出来ない時の確認用に必ずお電話番号をご記入ください。



◯草籠を編む 4/13(水)

すべてを自然界のものから手作りでまかなっていた、途方もない長き時代、人がつくる一つ一つのものにはおのずから何ものかが宿っていた。
そういうものだけに囲まれていた暮らしはどんなだったでしょうか。
当日はそういう時代の道具の基本でもある、紐。それを周囲の植物からつくります。美しい草の紐が手のなかでできあがっていきます。
編み方は紙の紐でマスターし、ご自分で籠を編めるようになっていただけます。

【日 時】4/13(水)10:30-14:30  
【受講料】5000円(草弁当・草茶付)




◯草で染める 4/17(日)

春を迎え、ようやく草たちが出てきました。
まだ生えそろわず、幼い草たちです。当日どの植物で染めるかは、実際にみんなで野に森に出向き、そこで収穫できるもので行います。
今の時季の草たちはどんな色を授けてくれるでしょう。草との命のやりとりを一日をかけて行い、それを色としていただきます。

【日 時】4/17(日) 10:30-15:30 
【受講料】7000円(染め布材料費・草弁当・草菓子・草茶付)




◯草暮らしお話の会「庭の摘み草 一品料理教室」4/21(木)

葉山の湧き水を飲料とし、雨水を庭の水撒きや染めの水とし、石鹸は使わず、化粧水は手作り、レンジは使ったことがない、最低限のミニマム暮らしです。
そうした暮し方のお話や、そのなかで、周囲の草から作れるもののご紹介をしながら、庭で摘み草、それを使って草の一品料理を作ります。
みんなで草弁当をいただきながらお話しの続きをします。
食後には草のお茶と草でつくったお菓子もいただきましょう。

【日 時】4/21(木) 10:30-14:30 
【受講料】6000円(草弁当・草菓子・草茶付)


xusa
(矢谷左知子)
  1. 2016/04/07(木) 17:58:28|
  2. 草ワークショップ